運営者 Bitlet 姉妹サービス
3355件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 座間市議会 平成30年第4回定例会(第5日12月21日) 近年、子供への虐待が社会問題になっています。この要因として、子育ての孤立化が言われていますが、これを防いでいくためには、地域で子育てを支える体制をつくっていくことが必要です。地域での子育て支援の体制づくりには、子育て支援にかかわる方と地域のネットワークをつくっていくことや、子育てを応援する人材の育成機能が重要と考えます。   もっと読む
2018-12-20 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月20日-07号 児童虐待と里親制度の理解を深めるためにと題して、日本女子大学の和泉広恵さんのお話を伺いました。子供の虐待とは何か、その本質を知ることによって対処法がわかるということでした。虐待問題を考えるポイントは、子供虐待のおそれと、深刻な子供の虐待の区別が必要で、両者では対応の仕方が異なるということでした。 もっと読む
2018-12-18 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月18日-05号 そもそも子ども食堂は、子供の居場所の確保や地域コミュニティの形成が目的であったわけで、二次的なメリットとして虐待の発見や貧困等への効果が期待できる事業であると私は認識しておる次第でございます。補助金ありきの取り組み等を行うと、これは長続きしない事業ではないのかなと考えております。そしてまた、ネガティブな設置目的では経営は成り立たないのではないかと、このように推察しておる次第でございます。 もっと読む
2018-12-12 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月12日-03号 続いてお伺いいたしますが、障がい者への差別、いわゆる差別解消法が施行されるなど、少しずつ進んでいると感じますが、障がい者への虐待などが報道されるのを見ていると、まだまだ根深いものがあると感じます。市では障がいへの差別をなくすため、こころのバリアフリー事業を実施しているところでございますが、具体的にどのような実績があるのか、お伺いさせていただきます。 もっと読む
2018-12-12 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-12 教職員の意識向上とともに、いじめを考える児童生徒委員会を中心とした市内各校における児童会・生徒会の活動、こういった取り組みの成果であると考えているところでございます。  以上です。 もっと読む
2018-12-11 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-11 心身ともに不安定になりやすい産後の母親とその子供を対象に、母親の身体回復と心理的な安定を促進し、育児不安を軽減できるよう専門職が支援を行い、児童虐待の未然防止を図ることを目的とした産後ケア事業の民設民営による実施について、今、御紹介もございましたとおり、横山議員からも御提案をいただいており、継続的に検討を進めているところでございます。   もっと読む
2018-12-11 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月11日-02号 しかしながら、保育園に入りたいという方が多くいらっしゃいますから、待機児童解消にはまだ至っていない状況でございます。  しかしながら、本年4月の地域別の待機児童では、保留者ベースで見ると、市の北部地区が一番多く、次に中部地区となっております。当然のことながら、地区別の保留者数を考慮することが待機児童対策の1つの考え方だと思っています。 もっと読む
2018-12-10 座間市議会 平成30年第4回定例会(第4日12月10日) まず、毎年11月は児童虐待防止推進月間です。子供の虐待防止運動、オレンジリボン運動との連携で、あちこちオレンジカラーが見られていました。  そこで、お聞きしますが、本年度の児童虐待防止推進月間、この間、1カ月間で特筆すべき、特にこんなことがありましたというようなことはありましたでしょうか。まずお伺いします。   もっと読む
2018-12-07 座間市議会 平成30年第4回定例会(第3日12月 7日) 以上の視点に立ち、児童虐待の発生予防について、以下のように定められました。1、市町村母子健康包括支援センターの設置、2、支援を要する妊婦さんなどを把握し、医療機関や学校と市町村との連携をすること、3、国、地方公共団体が児童虐待の発生予防、早期発見に資することに留意することの明確化の3項目です。 もっと読む
2018-12-06 座間市議会 平成30年第4回定例会(第2日12月 6日) 地域での支援というのは、孤立や虐待などの予防的支援となります。 もっと読む
2018-12-05 平塚市議会 平成30年12月定例会(第5日) 本文 近年、少子高齢化が進む中で、高齢独居や老老介護、高齢の親と働いていない50代独身の子の世帯、いわゆる8050問題、高齢者と障がい児など両方の介護を抱えるダブルケア、生活困窮世帯、ごみ屋敷、子どもの貧困、虐待など、暮らしを取り巻く問題は複合化、多重化しています。地域とつながりのない社会的孤立が問題をさらに複雑化させており、従来の制度、分野ごとの縦割りでは解決できないのが現状です。   もっと読む
2018-12-01 寒川町議会 平成30年第1回定例会12月会議 目次 1.福祉行政について            │2.格差と貧困が社会問題になっていること  (1) 児童虐待について、町の現状を問う。  │ について  (2) 対応について考えを問う。       │ (1) 格差と貧困がもたらす町民生活への影 2.買い物不便地域の解消について      │  響は。  (1) 買い物弱者の状況について問う。    │ (2) 町民の生活実態について。   もっと読む
2018-12-01 寒川町議会 平成30年第1回定例会12月会議(第4日) 本文 平成12年に「虐待防止法」が、11月に施行されました。目的は、児童に対する虐待の防止、児童虐待の防止に関する国及び地方公共団体の責務、児童虐待を受けた児童の保護及び自立支援のための措置などを定めることにより、「児童虐待の防止等に関する施策を促進し、もって児童の権利利益の擁護に資する」こととし、平成19年には一部改正して、児童の安全確認などのための立ち入り調査などの許可をしております。   もっと読む
2018-12-01 二宮町議会 平成30年第4回(12月)定例会(第5日目) 本文 地域こうりゅうルームでは、地域についてもっと知ることを目的とした連続講座「こうりゅう塾」を開催、さらに子どもを対象として、地域の囲碁クラブと連携した「子ども囲碁教室」やITクラブと連携し、一色小学校児童を対象としたプログラミング体験講座、継続講座を開催し、地域、そして学校との交流を深めました。   もっと読む
2018-12-01 平塚市議会 平成30年12月定例会(第1日) 本文 障がい者福祉対策事業では、手話通訳士派遣の実績等を問われたほか、虐待防止センターにおける具体的な取り組みを問う質疑がありました。  青少年育成費のびわ青少年の家運営事業では、委託料の額や職員体制の見直しの根拠について見解が問われておりました。   もっと読む
2018-10-03 秦野市議会 平成30年予算決算常任委員会 本文 開催日: 2018-10-03 次に、こども相談事業について、「平成29年度の児童虐待などに関する相談件数は7,990件であり、平成25年度と比較すると1,210件ふえている。現在は常勤職員4人を含む13人で対応をしているが、相談件数が増加傾向にある現状から、業務量調査をしっかりと行い、適正な定数を配置できるよう検討すべきである。」との意見がありました。   もっと読む
2018-09-28 座間市議会 平成30年第3回定例会(第6日 9月28日) について 日程第17 議案第66号 教育委員会教育長の任命について 日程第18 議案第67号 教育委員会委員の任命について 日程第19 議案第68号 人権擁護委員の推薦について 日程第20 報告第 9号 専決処分の報告について(和解及び損害賠償の額を定めるこ              とについて) 1 本日の会議に付した事件 日程第1~日程第20 議事日程に同じ 日程第21 議員提出議案第18号 児童虐待防止対策 もっと読む
2018-09-28 秦野市議会 平成30年第3回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2018-09-28 これまでにも全国的に震災に見舞われたことは御承知のところでありますけれども、直近では、6月18日に発生いたしました最大震度6の大阪府北部地震で、大阪府高槻市の小学校プールのブロック塀が倒壊いたしまして、児童が犠牲となる大変痛ましい事故が発生したことは、まだ記憶に新しいところではないかと思っているところであります。 もっと読む
2018-09-28 綾瀬市議会 平成30年9月定例会-09月28日−06号 また、児童扶養手当や児童手当は年3回の支給となっているため家計管理が難しく、受給世帯の貧困を助長させると指摘されている。兵庫県明石市では貸付金制度を活用し、実質的に毎月の支給としているが、そのような方法を本市も検討したかとの質疑に対し、市側からは、国の制度として支給月が決められているため、毎月払いにする考えはないとの答弁がありました。 もっと読む
2018-09-27 秦野市議会 平成30年第3回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2018-09-27 そのような活性化に向けた取り組みの一環として、上地区に他の学区から児童を受け入れる小規模特認校制度の導入は、有効な手段であると考えているところでございます。   もっと読む