9365件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茅ヶ崎市議会 2019-06-26 令和 元年 6月 第2回 定例会-06月26日-06号

議案第68号令和元年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第4号)、放課後児童健全育成事業費について、香川小学校にはふれあいプラザが運営されておらず、児童の放課後の居場所の確保は喫緊の課題であり、今回民間の協力を得て、学校のすぐ近くに新設移転の児童クラブを借り上げ型で開設され、今まで離れたところへ通っていた児童の安全・安心が図られることを評価いたします。

平塚市議会 2019-06-21 令和元年 環境厚生常任委員会 本文 2019-06-21

これまでも障がい福祉課は、法に基づく就労支援サービスを支援しておりますし、また補助金を使って、就労援助センター、こちらは障がいをお持ちの方の就労相談をお受けするところなんですけれども、そういうところへの助成をしてしっかりと支援しております。  

茅ヶ崎市議会 2019-06-21 令和 元年 6月 第2回 定例会−06月21日-03号

かわりに、地域内の事業や団体、学校の児童・生徒さん等が多くいることになります。このため、地域内にどのような事業や団体、学校等が存在するかを把握しておき、さらにそれらの事業者や団体等において自主防災組織が結成されているか、災害時の協力体制は得られるのか等を確認して平日の防災訓練に備えるべきと考えますが、市の所見を伺います。  2、防災、減災対策の更なる推進について、2問目をお伺いします。  

平塚市議会 2019-06-20 令和元年 都市建設常任委員会 本文 2019-06-20

あと、ここでの避難機能をどんな形にするか、タワー型かどうかもわからないよ、事業者のアイデア、提案に全部委ねますということだったんですけれども、来場者が年間70万人と言われたっけ、それに対応できるような避難機能が必要だと思うんですが、およそどのくらいの人数を──一時避難でもいいですけれども──想定されているのか、全て事業者任せということなのかどうなのかということを確認したいと思います。

海老名市議会 2019-06-19 令和 元年 6月 第2回定例会−06月19日-03号

現在、市内で9つの障がい者就労支援事業が登録しておりまして、今後はほかの事業にも拡大してまいりたいと考えております。共同受注窓口の主な事業でありますが、各事業の自主製品のPR、企業等と就労支援事業の受発注の仲介を行っております。これまでの受注の状況ですが、名刺作成や草刈り作業など6件の実績がございました。

海老名市議会 2019-06-18 令和 元年 6月 第2回定例会−06月18日-02号

高齢者のようにここは見守り対象ではありませんので、ぜひ民生委員や児童委員、地域を見守るパトロールをされている方もいらっしゃいますので、そういう方々とつながっていただいて、見守り、相談体制をつくっていっていただきたいと思います。  ここでお話しさせていただいている中でも、生きづらさを抱える人やひきこもりの人もそうなのですけれども、なかなか市の相談窓口がわかりにくいという声をお伺いいたします。

海老名市議会 2019-06-14 令和 元年 6月 経済建設常任委員会−06月14日-01号

2点目、補正予算書の17ページの清掃総務管理経費2,550万円についてでございますが、先ほどのご説明で、集合住宅に対する集積の設置及び維持管理を支援とありましたが、具体的にどのようなことに対する支援なのか、お伺いします。 ◎環境課長 集積がない集合住宅につきましては、現在、地域の集積をご利用いただいているところです。

海老名市議会 2019-06-13 令和 元年 6月 文教社会常任委員会−06月13日-01号

3款民生費2項児童福祉費1目児童福祉総務費のうち、保育運営事業管理経費1517万7000円の増でございます。これも同じく幼児教育・保育の無償化に伴う子ども・子育て支援システムの改修経費を計上するものでございます。  14、15ページをお開きいただきたいと存じます。3款民生費2項児童福祉費2目児童措置費のうち、民間保育施設補助事業費2942万9000円の増でございます。

座間市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第4日 6月11日)

さて、次に、消防団協力事業の入札に関しての優遇措置、インセンティブ発注について伺います。  国では、平成16年から従業員が消防団に入っていたり活動に配慮した就業規程を設けていたりしている企業や事業を消防団協力事業に認定する制度を導入し、各自治体が独自に優遇措置を実施しております。  

座間市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第3日 6月10日)

今後についても、本市立学校に在籍する児童・生徒の教育は、その学校の教員が担うという原則を踏まえつつ、県の連絡協議会を通して連携を図ってまいりたいと考えています。  私も教育長になる前に3年半ほど教育相談という形で相談に勤めておりましたので、不登校、そしてひきこもりの生徒に関してかかわっていた経過がありまして、そういう意味においては、フリースクールの存在も大変ありがたいなとは考えております。  

茅ヶ崎市議会 2019-06-07 令和 元年 6月 文化教育常任委員会-06月07日-01号

款3民生費項2児童福祉費目1児童福祉総務費は、小児医療費の助成対象年齢を令和元年10月以降中学3年生まで引き上げるため扶助費等の増額を、目5地域児童福祉費は、勤労市民会館5階部分の利活用に向け、(仮称)梅田・茅ヶ崎地区児童クラブの整備に係る事業者への補助を行うため負担金補助及び交付金を計上した。  

座間市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第2日 6月 7日)

本市の生活困窮者自立支援制度の断らない相談窓口である自立サポート担当の相談でも、いわゆる8050問題の相談事例がふえてきております。8050問題は、親の高齢化による介護や医療の問題、中高年齢となった子の就労やメンタルヘルスを含む健康の問題、世帯としての経済的困窮や社会的孤立など複合的な要因があり、分野横断的な取り組みが必要な問題であると考えております。  

平塚市議会 2019-06-05 令和元年6月定例会(第5日) 本文

子どもの貧困率や実態の把握の調査は、これまでのところ実施していませんが、子育て中の生活保護世帯や児童扶養手当を受給しているひとり親世帯、就学援助を受給している世帯などが子どもの貧困世帯に該当するものと考えており、窓口等での申請時や相談時に必要な支援の把握をしています。  次に、4点目の分科会発足前の施策、実績と平塚市社会福祉協議会の支援事業と実績についてです。  

茅ヶ崎市議会 2019-06-04 令和 元年 6月 第2回 定例会-06月04日-目次

│   │  │    │       │(4)関係機関との連携について             │   │  │    │       │   ・保育課、家庭児童相談室、こどもセンター、保   │   │  │    │       │    健、生活支援課等と保育園との連携強化につ   │   │  │    │       │    いて問う。