運営者 Bitlet 姉妹サービス
15622件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 座間市議会 平成30年第4回定例会(第5日12月21日) 一つ目は、本条例改正案では、個人市民税の控除対象配偶者を同一生計配偶者に改め、配偶者控除の見直しに関する個人住民税について、配偶者の合計所得金額の上限を引き上げるとしています。 もっと読む
2018-12-20 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月20日-07号 個人の人権よりも組織の信頼性を優先し、死亡する以外は議員辞職はできないということになります。憲法に定められた基本的人権として、侵すことができない恒久の権利である基本的人権に背くこととなります。   もっと読む
2018-12-19 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月19日-06号 本市では、平成26年度より中学校に校務支援システムを導入しており、生徒の基本情報、入力した点数及び出席管理の情報をもとに、通知表や調査書を初めとするさまざまな帳票を作成する時間を大幅に削減することができるようになりました。 もっと読む
2018-12-18 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月18日-05号 こうした状況で政府はマイナンバーカードの普及、利活用に関しては、マイナンバーカードの多機能化や多目的利用を推進することにより、利用者の裾野を拡大する支援策を講じることとしており、2020年までのマイナンバー制度利活用推進ロードマップでもワンカード化の促進を掲げ、公的個人認証サービスを活用して、健康保険証やお薬手帳、運転免許証などとマイナンバーカードの一体化を目指しています。   もっと読む
2018-12-18 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第6号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2018-12-18 次に、「平30陳情第16号・投票率向上のため、高校生への選挙教育と選挙時の情報発信方法の見直しを求める陳情」について、申し上げます。  委員会としては、「若年層の投票率向上のためには、高校生が選挙を身近に感じることができる出前講座の開催や、インターネットから簡単に選挙公報を閲覧できるような情報発信に取り組むべきであり、投票所についても若年層に親しみのある場所での開設を検討すべきである。」 もっと読む
2018-12-17 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会−12月17日-04号 プールの利用というのは団体利用の方もあり、個人利用の方もあり、そのプール全体を監視しているという状況でございます。ですから、委託業務は必要ないのではないかということは、それはないというふうに認識しております。 もっと読む
2018-12-17 平塚市議会 平成30年 教育民生常任委員会 本文 2018-12-17 また、教育指導課授業の計画訪問、要請訪問、授業づくり推進委員による公開授業、教育研究所授業の学校研究推進において指導主事が学校訪問し、授業を参観、指導助言や情報提供を行っております。このような取り組みを通じて、各校で研修会等を実施、来年度からの教科化に向けて準備をしているというふうに認識しております。  次に、2分の1成人式の実施状況と内容についてお答えいたします。 もっと読む
2018-12-14 平塚市議会 平成30年 都市建設常任委員会 本文 2018-12-14 また、所管のほうとは十分に情報等を共有して、利用者の方に御迷惑がかかるようなことがないように、そこだけはしっかりと施工を監督してまいりたいというふうに考えてございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-12-14 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会-12月14日-04号 議案第75号では、マイナンバーカードの交付率について、コンビニ交付サービス稼働時間の根拠について、情報漏えいに対するセキュリティー対策についてなどの質疑のほか、コンビニ交付サービスは、個人情報漏えいリスクがあり、自治体の独自利用の拡大を図るべきではないといった意見がありました。   もっと読む
2018-12-14 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会−12月14日-03号 崎市公共用地先行取得事業特別会計 ───┐          補正予算(第1号)                  │ 第23 議案第81号 茅ヶ崎市役所小出支所集会施設条例           │ 第24 議案第82号 茅ヶ崎市支所及び出張所設置条例の一部を改正する    │          条例                         ├総務常任委員長報告 第25 議案第83号 茅ヶ崎市個人情報保護条例 もっと読む
2018-12-14 平塚市議会 平成30年 総務経済常任委員会 本文 2018-12-14 12 【行政総務課課長代理】まず1つ目の申請するに当たってのメリットになりますが、市民の方が申請をする手続きをする際に、他の自治体などが発行します税の証明等の添付書類が必要でしたが、情報連携により個人番号を用いて照会することが可能になりますので、証明書の提出が不要となります。 もっと読む
2018-12-13 座間市議会 平成30年予算決算常任委員会都市環境分科会(12月13日) 総務費、戸籍住民基本台帳費の番号制度対応システム事業費については、ことし7月に国から戸籍記録文字情報の収集要領が示され、戸籍事務へのマイナンバー制度導入に当たり、複数の戸籍に記載されている個人の戸籍情報を統合するため、各市町村が統一的な文字を戸籍情報に適用する必要があり、戸籍の記録に使用している外字の提供作業が必要になったことから、作業に要する費用の増額措置をするものです。   もっと読む
2018-12-12 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月12日-03号 最初は任期付で雇用して、それでその人の適性や、個人個人が持っている特性とその仕事をマッチングさせて、さらに任期付ではなく、任期なしの雇用へと向けていくということで、最初から任期なしは採らないということでよろしいのですか。 もっと読む
2018-12-12 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-12 また、地域で暮らす人がともに支え合う事例といたしましては、地域の情報発信や交流の拠点として、市が交付金を支出しているほっとワークつるまき、西地区ふれあい館、おおねふれあい館がございます。いずれも、地域住民が気軽に立ち寄ることができる身近な福祉相談窓口となっております。   もっと読む
2018-12-11 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-11 さらに、今年度からは、健康診断等の保健にかかわる情報も一元的に管理できるような機能の拡充も図ったところでございます。   もっと読む
2018-12-11 座間市議会 平成30年企画総務常任委員会(12月11日) 内容は、個人市民税については、配偶者控除及び配偶者特別控除の対象となる配偶者の合計所得金額の改正に伴い、また、法人市民税については、法人税割の税率の改正に伴い、それぞれ所要の改正をするものでございます。固定資産税については、地方税法改正に対応するものでございます。 もっと読む
2018-12-11 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月11日-02号 当然ですけれども、対応されている間、個人情報保護の問題もあるのかと思いますので、通報した方への連絡も含めて、現状を伝えるようなことはないと考えてよいのか、一応念のため確認させてください。 ○議長(倉橋正美 議員) 小澤保健福祉部次長。 ◎保健福祉部次長(小澤孝夫) 個人情報につきましては、当然外部に漏れることのないよう慎重に対応してございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-12-10 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-10 これは、前にも1度あって、今回、また誤送付があったということですが、それをいただいた方は、相手方の個人情報がわかってしまったということになったと思います。これを今後、解決する方法として、今回の誤送付を教訓に、個人情報の重要性を再確認し、事務の改善に取り組んでまいりますと言われているのですよ、11月5日の事務連絡で財務部長のほうから。   もっと読む
2018-12-10 座間市議会 平成30年第4回定例会(第4日12月10日) 次に、今後本市が目指していく虐待防止の方向性についてですが、関係機関との連携を図り、虐待の早期発見に努め、素早い情報収集や情報提供をすることで、子供が安心・安全に生活できるような支援を行ってまいります。   もっと読む
2018-12-07 座間市議会 平成30年第4回定例会(第3日12月 7日) 電子自治体推進指針における本市の情報化推進に関する基本的な考え方は、市民サービスのさらなる向上に向けて、(1)業務主管課職員のITに対する意識改革と情報システム部門の体制強化、(2)IT関連コストの抑制、(3)人材の育成(情報リテラシー向上)、この三つの考え方をもとに情報化を推進するとあります。   もっと読む