3741件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤沢市議会 2019-03-20 平成31年 2月 定例会−03月20日-06号

適正な事務処理の改善策についてです。鈴木市政2期目に入ってから職員による不祥事が続きました。生活援護課の生活保護費の不正支出と私的流用事件、学校給食課職員による6,400万円にも及ぶ給食費の横領事件、そして昨年発覚した賃借料の半年もの未払い、非正規職員の賃金の遅延や正確な計算などによる適正な事務処理が続いています。

川崎市議会 2019-03-15 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号

委員から、建築基準法の一部改正による既存適格建築物の用途変更に伴う工事の全体計画の認定制度の変更点及び効果並びに容積率の緩和への影響について、建築基準法の一部改正により建蔽率が改善される場合の条件について、建蔽率の緩和によって容積率が増加することへの影響について、建蔽率の緩和による耐火上または防火上の都合や後退等について、建蔽率が緩和される場合の建築許可前における安全面の検証について、建築基準法

藤沢市議会 2019-03-14 平成31年 2月 予算等特別委員会-03月14日-08号

あともう一つ、この指導員の方は有償ボランティアなわけですけれども、お話を伺いますと、私がたまたま出会った方は教職のライセンスもきちんと持っていらっしゃる、また個人研さんもすごくやっていらっしゃるような方だったこともあるんですけれども、言葉の指導だけにとどまらず、保護者とのかかわりから、当然子どもの背景、障害、また登校の心のケアから進路の相談まで、どうしても外国語という観点があるので、本来担任とか学校

藤沢市議会 2019-03-11 平成31年 2月 予算等特別委員会-03月11日-05号

学校との連携につきましては、例えば学習支援事業を活用するお子さんが登校ですとか、そういった課題がある場合に、今後の進路ですとか、そういったことを考えていくときには学校さんとしっかり連携をしながら、受験対策も含めて一緒にやっていっている、それぞれが役割分担をしながらやっていっているという状況になっております。

大和市議会 2019-03-08 平成31年  3月 定例会−03月08日-04号

17の目標には、1、貧困をなくそう、2、飢餓をゼロに、3、すべての人に健康と福祉を、4、質の高い教育をみんなに、5、ジェンダー平等を実現しよう、6、安全な水とトイレを世界中に、7、エネルギーをみんなに そしてクリーンに、8、働きがいも経済成長も、9、産業と技術革新の基盤をつくろう、10、人や国の平等をなくそう、11、住み続けられるまちづくりを、12、つくる責任 つかう責任、13、気候変動に具体的な

大和市議会 2019-03-07 平成31年  3月 定例会-03月07日-03号

本年4月に開設いたします大和市特別支援教育センターには、通常学級に在籍し、行動面等に課題がある児童生徒のための通級指導教室、特別支援学級に在籍する登校児童生徒の通室場所、保護者、児童生徒、教職員に向けた特別支援教育に特化した相談センター、教職員の専門性向上のための研修施設という4つの機能があり、教育委員会では、一人一人の子供の特性に応じた切れ目のない支援のための拠点的な施設として位置づけております

大和市議会 2019-03-06 平成31年  3月 定例会−03月06日-02号

集団登校ではなかったのですけれども、子供たちは自然と集まって登校する、班はないけれども、集団登校しているという状況でした。当然全員の顔が見える関係でしたし、放課後なんか結構、学年を超えてやまと公園で遊んでいたりとかしていたのですけれども、ある日突然、同級生の一人が登校になりました。前日、多分一緒に遊んでいたと思うのですけれども、すごい元気だったなというふうに思うのですが、登校になってしまった。

伊勢原市議会 2019-03-04 平成31年3月定例会(第4日)〔一般質問表〕

による市道の認定件数について       ┃ ┃ │  │     │ (2) 市道の認定の現状と課題、今後の取り組みについ┃ ┃ │  │     │  て                      ┃ ┠─┼──┼─────┼─────────────────────────┨ ┃ │  │     │1 子どもたちに寄り添った政策を         ┃ ┃ │  │     │ (1) 小中学校登校者数

藤沢市議会 2019-03-04 平成31年 2月 定例会−03月04日-04号

一方、登校の子どもの数はふえていて、本市でも2012年に小学生62名、中学生254名であった登校児童生徒数が、2017年にはそれぞれ168名、406名と激増しています。しかし、こうした子どもたちへの対策はおくれていると言わざるを得ません。以前より申し上げていますが、川崎市にある子ども夢パークのような居場所や支援が必要だと考えます。  

伊勢原市議会 2019-03-04 平成31年3月定例会(第4日) 本文

(1)小中学校登校者数の増加の要因についてです。今からちょうど2年前の平成29年3月定例会にて、本市の登校問題を取り上げ、一般質問いたしました。平成28年には登校者数は77人に減少したものの、平成29年度の最新の数値では平成27年の水準まで戻り、小中学校の登校児童生徒の数は101人になっています。これは、全体の児童生徒の数が減少しているため、登校になる率は微増していることがわかります。

伊勢原市議会 2019-03-03 平成31年3月定例会(第3日) 本文

先日開催された総合教育会議で、昨年度1カ月以上になっている小中学校の登校生徒は100人を超えているとの報告がされました。その中に、虐待や暴力が原因で登校になった事例が含まれていないか、調査もしていると思いますが、あれば数字を示していただきたいと思います。  次に、防災・洪水対策についてです。

大和市議会 2019-02-15 平成31年  3月 定例会−02月15日-01号

あわせて、少子化対策につきましては、不妊治療や育症治療への助成、市立病院におきます産科、小児救急医療の充実、3年連続ゼロを達成した待機児童対策など、子供を産み育てやすい環境の整備を多角的に推進してきたことが実を結び、5年平均の合計特殊出生率を見れば、本市は県内19市でトップとなっているところでございます。  平成を振り返る中では、非常に多くの自然災害が発生したことも忘れてはいけません。

大和市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会−12月20日-05号

本件に対する委員長の報告は採択であります。本件を採択することに賛成の諸君の起立を求めます。                    〔少数起立〕 ○議長(木村賢一君) 起立少数であります。よって陳情第30−17号は採択と決しました。        

茅ヶ崎市議会 2018-12-19 平成30年12月 第4回 定例会-12月19日-06号

息子は、ちまたのうわさどおり、激務が続いているようで、顔色も悪く、健康に見えますし、親としてはとても心配です。しかし、不安ではあるものの、我が子の将来を期待し、たまにではありますが会える幸せは、お亡くなりになった息子さん、その親御さんの気持ちを考えると、我が子の健康を気遣える親でいられることを感謝せずにはいられません。  私は子育ての中で、障害や病気を背負う子供たちがいる。