運営者 Bitlet 姉妹サービス
961件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号 ペットを飼われている御家庭より、ドッグランを本市の中部や北部地域にも設置してほしいとの御要望があります。京都動物愛護センターでは、隣接する公園にドッグランを導入し、有料ですが、大変に好評な様子です。お隣の狛江市では、河川敷を利用したドッグランの試験運用を実施されています。本市動物愛護センターの隣接する公園や等々力緑地、生田緑地、さらには河川敷を活用しての導入を検討すべきです。 もっと読む
2019-02-26 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号 これまで保健福祉センターと地域みまもり支援センターに分かれ、保健福祉センターでは感染症やペット、鳥獣害、食品衛生などの保健所機能と、児童、高齢者、障害者などに関する福祉事務所機能が属していました。また、地域みまもり支援センターには地域包括ケアシステムに関する機能が属していました。 もっと読む
2018-12-17 平塚市議会 平成30年 環境厚生常任委員会 本文 2018-12-17 28 【収集業務課担当長】3点目、小動物につきましては、路上にございます動物の死体を、御連絡を受けて早急に的確に収集すること、それからペット等の御自宅で飼われている動物につきましても、持ち込みや御連絡いただいたときに早急にお伺いさせていただいて、それを収集運搬する、大事に取り扱わせていただいて焼却させていただくことを自治事務として考えております。   もっと読む
2018-12-06 平塚市議会 平成30年12月定例会(第6日) 本文 しかし、せっかく炉があるから、その余力を市民のペットや飼い猫などが死んだ場合の火葬にも使ってもらおうということで、手数料を徴収して処理してきました。  しかし、近年の平塚市の手数料の考え方に強い疑問を持っています。この算出方法があまりにも無謀だからです。平塚市は、平成23年度まで1匹の処理料2000円、家まで引き取りに行った場合は1匹3000円の手数料で処理してきました。 もっと読む
2018-12-04 秦野市議会 平成30年総務常任委員会 本文 開催日: 2018-12-04 まず生活環境担当は、現在、し尿ですとか、浄化槽関係、また、健康づくり課のほうにございます犬・猫、狂犬病予防も含めてペット関係、墓地関係をここに集約して、市民の窓口として配置する。また、環境指導担当は、主に公害関係のものを中心にここで担当していくということで、新たに課を設置したものでございます。   もっと読む
2018-10-22 茅ヶ崎市議会 平成30年10月 全員協議会-10月22日-01号 エ、「人とペットの災害対策ガイドライン」に基づく修正についてである。平成30年3月に策定されたガイドラインの内容を踏まえ、飼い主による飼養管理を基本とした同行避難や必要な準備等についての記載の充実を図った。  オ、「男女共同参画の視点による平成28年熊本地震対応状況調査報告書」を踏まえた修正についてである。 もっと読む
2018-09-27 海老名市議会 平成30年 9月 経済建設常任委員会−09月27日-01号 それから、狂犬病の予防注射とか管理もされていると思うのですが、この数は減ってきているように思うのですが、この辺はペット自体が減ってきているということなのでしょうか。 ◎環境共生係長 犬の場合は、生まれて90日を過ぎたら必ず登録をしていただいて、亡くなったり引越しをしたら、必ず抹消というか、うちの台帳から削るのですが、亡くなってもお電話をいただける方が少ないのですね。 もっと読む
2018-09-27 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月27日−07号 安全な服装や靴、帽子のほか、お薬や眼鏡、入れ歯、それから、大切なペットなど、後でとりに戻ることはできません。細かい指導や情報提供が事前に必要と考えますが、市の現状をお伺いいたします。 ○沼倉孝太議長 消防局長。 ◎青木浩消防局長 火災時における行動についてでございますが、まずは命を守る行動が大変重要であると考えております。 もっと読む
2018-09-25 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月25日−05号 ◎樋口保環境共生部長 カラス被害を誘因するものといたしましては、生ごみやペットの餌の放置、カラス以外の鳥や動物への餌づけの行為などがございますが、こうした行為を抑制していくことが重要であるというように考えております。 もっと読む
2018-09-19 海老名市議会 平成30年 9月 第3回定例会−09月19日-03号 最後に、ペットの避難についてご質問いただきましたけれども、ペットにつきましては運営上の避難マニュアルの中では、原則連れてこないでいただきたいとなっております。ただし、今はもう家族同様のペットを持っていらっしゃる方もいらっしゃいますので、そういう方はあらかじめ避難所でのゲージとか、それからペットフードとか、そういうものをご用意いただいて避難していただくようにお話をしています。 もっと読む
2018-09-13 秦野市議会 平成30年予算決算常任委員会文教福祉分科会 本文 開催日: 2018-09-13 言うなれば、野良猫とはいえども、地域猫として、ましてや人間の勝手でやっているわけですから、癒やしで猫とか犬などいろんなペットを飼っていられる、でも、いても困るというときには、みんな放し飼いにして、いろいろと問題を起こしているところもたくさんあるのですけれども、いずれにしても、地域猫として地域の中でみんながそういったところに意識を持ってやっていただくには、今、申し上げたようなところを含めて、考えていただければありがたい もっと読む
2018-09-12 座間市議会 平成30年予算決算常任委員会民生教育分科会( 9月12日) ○健康づくり課副主幹兼健康づくり係長  基本的にはペットではないものを対象としております。なので、基本的には路上が全般になっておりまして、まれに庭で野良猫が亡くなっているとか、そういったご連絡でも対応しているところです。  以上です。 ○竹田委員長  よろしいですか。  ほかございますか。 ○安海委員  ありがとうございます。 もっと読む
2018-09-10 茅ヶ崎市議会 平成30年 9月 決算特別委員会−09月10日-01号 年々減少傾向にある要因としては、ペットをより手厚く対応する方がふえているのではないかと考えている。 ◆菊池雅介 委員 動物死体の処理ということで、言葉にするには少し抵抗があるが、大切な業務なので伺いたい。平成29年度、収集した動物の種類はわかるか。 ◎環境事業センター所長 一番多いのが猫になる。 もっと読む
2018-09-06 座間市議会 平成30年第3回定例会(第3日 9月 6日) 今回、後日なのですけれども、ペットを飼われている高齢者の方から「ペットを飼っているので、避難しようとしましたが、どうしてよいのかわからないの」とご相談をお受けしております。座間市の避難所運営マニュアルには、ペットに関する事項が記載されていました。今後のこともあり、周知を含め、ペット同伴者への避難のあり方について、ご所見をお伺いしておきます。   もっと読む
2018-08-31 茅ヶ崎市議会 平成30年 9月 第3回 定例会-08月31日-01号 近年、空前のペットブームの中で、飼われる危険動物の飼養許可業務や母子保健だけにとどまらず、保健所内で子育て支援の担当も設けているところもあります。保健、健康にかかわる専門家集団が集う保健所は市民の安心のバックグラウンドでなければなりません。 もっと読む
2018-06-19 茅ヶ崎市議会 平成30年 6月 第2回 定例会-06月19日-03号 次に、項番5、ペットとともに住みやすいまちづくりについてであります。  動物といえども、ペットの存在は家族同然、否それ以上と思っておられる方々は多いと考えます。しかし、災害時の避難所には、動物が苦手の方もいらっしゃる場合、ペットを連れての避難所入所は困難となります。そこで、(1)災害時の避難所におけるペットへの対応について、本市の所見をお伺いいたします。   もっと読む
2018-06-15 茅ヶ崎市議会 平成30年 6月 第2回 定例会-06月15日-目次        │(2)自転車運転者が加害者となっている同上期間の事   │   │  │    │       │  故件数等の状況を伺う                │   │  │    │       │(3)自転車運転者に保険加入を義務づける条例制定に   │   │  │    │       │  ついて                       │   │  │    │       │5 ペット もっと読む
2018-06-13 海老名市議会 平成30年 6月 第2回定例会−06月13日-03号 次に、ペットの災害対策についてお伺いいたします。平成27年第1回定例会一般質問で、ペットの災害対策の充実を要望させていただきました。これまでの取り組み状況についてお伺いいたします。 ○副議長(宇田川希 議員) 経済環境部次長。 もっと読む
2018-06-11 座間市議会 平成30年第2回定例会(第3日 6月11日) 本市では近隣市に比べ、いち早く平成22年7月1日より、当時のペット需要の高まりの中で、野良猫対策のニーズが高くなってきた背景から、野良猫の発生を防ぎ、快適な環境を維持するため、猫の避妊や去勢手術の負担を助成するための予算措置がとられております。   もっと読む
2018-03-19 綾瀬市議会 平成30年3月定例会-03月19日−05号 時には、うまく捕獲ができなかったり、何度も現地へ行ったり、餌やりなど、放し飼いをされている方、こういった方と、ずっと、何度も何度も話し合いを行ったり、放すと死んでしまうような猫を保護したり、また、捕獲した猫にひっかかれたりと、費用面でも、去勢・避妊以外にかかるワクチン接種、ペットシート、餌代、移動費用など、かなり費用負担のほうも深刻なものがあります。 もっと読む