373件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

南足柄市議会 2019-07-03 2019年7月3日(水) 令和元年第2回定例会(第4日) 本文

例えば、路線バスを充実してほしいというのと、コミュニティバスの運行をしてほしい、有料でも結構、それから、デマンド交通の運行が欲しい、有料でも結構、それから、バスタクシーなどの割引サービスの導入がいい、それからその他となっていますが、非常にバラエティに富んでいるんですが、そこら辺の市域の選び方によって、やっぱり交通の手段が変わってくると思うんですが、それについてはどのようにお考えですか。

中井町議会 2019-06-12 2019年06月12日 令和元年第2回定例会(第2日) 本文

デマンドバス導入の際も、いろんな、そういった幾つかの定時・定路線というような方法等も比較しながらオンデマンドバスの運行を始めた経緯がございます。中井町の地勢的に、どうしても空白地域と、それから集落が点在しているというようなことで、これも何回もお話しさせていただきますが、そういったところを定時・定路線で回りますと、効率が悪く、2時間以上かかってしまうと、1周回るのに。

座間市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第2日 6月 7日)

秦野市では、デマンド型乗り合いタクシーが実施されております。最初のモデル事業では国の補助金を利用して行い、不便地域から駅まで、駅から病院までの間など、地域をある程度決め、セダン型のタイプを走らせている地域とワゴン型のタイプを走らせている地域と、地域を区分けして金額、定点場所なども変えて設定して決めているようです。

二宮町議会 2019-06-06 令和元年第2回(6月)定例会(第6日目) 本文

平成29年10月の改編では、休止したデマンドタクシーの運行エリアを含め、ルート・ダイヤ・車体を一新しました。  この再編により、特に富士見が丘、松根地区の住民を中心に利用が促進され、1日平均乗車人数が改編前から倍増し、70人を超えています。  新たに車体に導入した乗りおりの蓄積データを見ますと、利用者がコミュニティバスのダイヤに合わせて、買い物や外出に利用していただいていることがわかります。  

海老名市議会 2019-03-14 平成31年 3月 第1回定例会−03月14日-04号

以前、私は南部の交通不便地域でのデマンド方式について提案したときに、過疎地など主に路線定期型交通で対応できない地域人口集積の度合いが低い地域、住居が点在する地域などで実施される場合が多く、市南部の状況には向かないということでした。今回、南部地域交通弱者支援の、のりあいワゴンの実証運行を実施するということですが、実施するに当たり、市の考え方を伺います。  

中井町議会 2019-03-05 2019年03月05日 平成31年第1回定例会(第1日) 本文

町でもそういった部分につきましては、デマンドバスの、昨年度、特集を組ませていただいた中でも、そういった路線バスへの乗車ということについてもお願いさせていただいているところです。しかしながら、今はそういったマイカー依存度ですか、そういったものでバス利用者の減に伴って、減便ということになったことも事実でございます。  

海老名市議会 2019-03-01 平成31年 3月 第1回定例会−03月01日-02号

交通弱者に対する取り組みとして理解していますけれども、以前、私は南部の交通不便地域でのデマンド方式について提案したことがありました。今回乗り合いワゴンということなのですけれども、デマンド方式は検討されなかったのかどうか、伺いたいと思います。また、厚木市などでも行っているかなちゃん手形やほほえみ会員証など、市民への補助制度を検討されたのかどうか、伺いたいと思います。  以上です。

鎌倉市議会 2018-12-18 平成30年12月18日総務常任委員会-12月18日-01号

このうち、「市民にとっての市役所機能のあり方について」及び「移転先の整備、現在地の跡地利用について」の2件につきましては、これまで所管事務調査事項として調査を行ってきたものでございますが、11月29日開催の当委員会における協議で、所管事務調査の期間としていた12月定例会閉会までで一旦終了することが確認されていること、また「防災対策について」及び「デマンド交通について」については、10月24日及び25

寒川町議会 2018-12-04 平成30年第1回定例会12月会議(第4日) 本文

をさせていただきますと、まず、ご自宅に昼食や夕食を配送する配食サービス事業、そして次に、買い物を代行する買い物代行サービス、そして希望する商品の注文を受け、ご自宅まで食材等をお届けする宅配サービス、また、先ほど町長の答弁にもございましたが、一之宮ソフィア自治会での取り組みと同じように、野菜やお肉、お総菜など数種の食品をそろえて買い物を楽しんでいただく移動販売事業、そして移動することが難しい人の外出を支援するデマンドタクシー

秦野市議会 2018-11-27 平成30年第4回定例会(第1号・開会・提案説明) 本文 開催日: 2018-11-27

栃木県足利市議会議員8人が「秦野市議会災害時等行動マニュアルについて」調査         のため来庁    10月11日 埼玉県深谷市議会議員9人が「タブレット端末を導入した議会運営について」調査         のため来庁    10月12日 愛知県刈谷市議会議員7人が「公共施設再配置推進事業の取り組みについて」調査         のため来庁    10月17日 福岡県宗像市議会議員6人が「公共交通デマンド

海老名市議会 2018-09-27 平成30年 9月 経済建設常任委員会−09月27日-01号

1点目、コミバス大谷杉久保ルートの公費負担率が最も高いということで、残念ながら利用者数がちょっと減っていると伺っておるのですが、減っている要因は主に何があると市としては認識しているかという点と、あと、どうしても地域として、このエリアは場所によっては住宅が点在しているという特性もありますし、住民ニーズからいっても、ルート変更とか、あるいは例えばほかのぬくもり号とか、あるいはデマンド交通とか、手段はほかにもいろいろあるとは

秦野市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2018-09-27

まず、乗合タクシーの利用状況と収支状況ですが、平成20年に運行を開始した乗合タクシーは、市内の公共交通空白地域の解消を図るため、現在は定時定路線型が5路線、デマンド型の区域間運行が1地域で運行しております。平成29年度の年間利用者数は5万7,316人で、1便平均3.4人、前年度に比べますと1,006人増加しておりまして、1便当たりの利用者数は0.04人の増加ということになります。  

綾瀬市議会 2018-09-21 平成30年9月定例会-09月21日−03号

先ほどの国の考え方――県のほうがいま一つまだちょっとはっきりしないようですけれども、国の考え方の中では大変さまざまな事例が出てきておりまして、介護保険制度を利用するであるとか、社協や自治会行政との協働など、また岐阜県可児市などではコミュバスデマンド交通、乗り合いタクシーというものを組み合わせたり、それから山口県山口市ではコミュニティタクシーというような考え方もあります。

鎌倉市議会 2018-09-18 平成30年 9月18日総務常任委員会-09月18日-01号

行政視察について調整した結果、10月24日(水)の午後に高知県黒潮町、視察項目は、「本庁舎整備について」及び「防災対策について」、10月25日(木)の午前に高知県四万十市、視察項目は、「本庁舎整備について」及び「デマンド交通について」、以上のとおり調整ができましたのでお伝えいたします。

秦野市議会 2018-09-13 平成30年予算決算常任委員会文教福祉分科会 本文 開催日: 2018-09-13

その中で、高齢化率が50.3%で、アンケート結果でも半数近くが、今は困っていないが、近い将来困ると思うと答えて、公共交通機関デマンド乗合タクシーのみである栃窪地区が西地区自治連合会から選ばれまして、試行的に移動支援を実施できないか、具体的に検討することになりました。