568件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

海老名市議会 2018-12-12 平成30年12月 第4回定例会−12月12日-03号

それから、実施に向けた話ですと、戸別収集になった場合、カラスとか猫対策、そういう心配があるのではないか、不法投棄対策はどうするのだ、落ち葉や雑草、家庭菜園といったものの取り扱いはというような具体的な内容が多かったと聞いております。  以上です。 ○議長(倉橋正美 議員) 松本正幸議員。 ◆(松本正幸 議員) わかりました。  

海老名市議会 2018-10-30 平成30年10月 経済建設常任委員会−10月30日-01号

◎環境課長 発言の多くは、制度導入に伴う意見や質問が多くて、具体的には、指定収集袋、消費税がかかるのかとか、あと、不法投棄対策、集積所へ出された未分別のごみの対応についてどうするのか、また、戸別収集に伴うカラス等の対策、被害についてはどうするのかというようなお話でございました。

海老名市議会 2018-10-17 平成30年10月 経済建設常任委員会−10月17日-01号

あと、少し具体的なことを言えば、週に1回の容器包装プラスチックなどはカラスに狙われるので、集積所のネットが必要なのですけれども、それ以外はネットは必要ないと思うし、私が参加している集積場所でも、組み立て式のネットを使っていますが、燃えるごみと容器包装プラスチック以外の日はネットを畳んでいます。

海老名市議会 2018-09-27 平成30年 9月 経済建設常任委員会−09月27日-01号

◆藤澤菊枝 委員 また、カラスの被害がとてもあって、私は南部にいるものですから、農作物がいっぱいあって、もちろんごみもそうですが、農作物が結構荒らされているという苦情をいっぱいいただくものですから、そういったカラスの駆除はどのように実施していらっしゃるのでしょうか。

藤沢市議会 2018-09-25 平成30年 9月 定例会-09月25日-07号

ここではちょっとわかりにくいんですけれども、ごみ箱の脇の袋はほとんどがバーベキューのごみで、それこそスイカの食べかけとか、あるいはハマグリの殻とか、そういうものが乱雑に捨てられていて、カラスが来ているというような状況もありました。  

相模原市議会 2018-09-25 平成30年  9月定例会議-09月25日−05号

次は、カラスへの餌づけ対策についてです。  本市に限らず、全国的にカラスの市民生活に対する被害は多く報告されています。カラスは、繁殖期、およそ4月上旬から7月下旬になると、卵やひなを守ろうとする野生の習性から、巣の近くに人を寄せつけないようにするため威嚇してきます。また、威嚇行為だけでなく、ふん尿、騒音など市民生活に与える影響は甚大です。

伊勢原市議会 2018-09-21 平成30年産業建設常任委員会 本文 2018-09-21

大きいところで言うと、集合住宅の関係なのかなと思っておりますけれども、結局集積所の捨て方、マナーの問題で、ごみがカラスに荒らされたりということが結構ケースとしてありまして、それが結局個人のマナーの問題だということで、話が終わっちゃう場合があるんですけれども、それだとなかなか有効な改善につながらないのかなと思っております。

海老名市議会 2018-09-20 平成30年 9月 第3回定例会−09月20日-04号

あと、戸別収集する上での課題ということで、きのうからの質問等でも出ていましたけれども、交通渋滞を引き起こすであろう狭隘道路であるとか、猫、カラス対策、ここら辺が問題になるかなと思いますし、収集体制ということが幾つか考えられるのかなと思います。そこら辺のご見解を再度確認したいと思います。 ○副議長(宇田川希 議員) 経済環境部長。

海老名市議会 2018-09-19 平成30年 9月 第3回定例会−09月19日-03号

これも主なものですけれども、戸別収集にすると多額な経費がかかるのではないかというご意見、集合住宅にはメリットがないのではないのか、それと自宅先がカラス等に荒らされてしまうのではないのか、あと集積所がなくなることによって不法投棄、そういうものがふえるのではないかというような危惧があるので反対、という意見をいただいております。 ○議長(倉橋正美 議員) 宇田川希議員。

海老名市議会 2018-09-14 平成30年 9月 経済建設常任委員会-09月14日-01号

まず1点目、カラス被害等、地域の環境衛生は保てなくなるというところでございますけれども、戸別収集ではカラス被害等が心配されておられますが、この点について市のご見解をお伺いいたします。 ◎環境課長 まず前提としまして、戸別収集につきましては、道路に面した敷地内に出していただくということが基本的なところでございます。

真鶴町議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第3日 9月 6日)

まず1点目が、鳥獣被害対策についてということで、農業者の生活である農地をはじめ、一般住宅の庭や建物に、サル、イノシシ、カラス、ヒヨドリなどが侵入をしまして、被害を及ぼす状況にあります。そこで、この実態と対策について直近のデータをもとに伺います。まず1点目は町内に出没したサル、イノシシ、ハクビシンなどの出没数と被害を受けたものや、わかれば被害額を示していただきたい。  2点目が出没した地域。

相模原市議会 2018-09-01 平成30年  9月定例会議-目次

  古内 明議員 (一括・一問一答)………………………………………………188     1 歳入確保に向けた取り組みについて     2 本市の災害対応体制について     3 東清掃事業所跡地の活用について   鈴木晃地議員 (一括・一問一答)………………………………………………196     1 都市計画道路の有効活用について     2 空家等対策特別措置法における空き家について     3 カラス

鎌倉市議会 2018-03-08 平成30年度一般会計予算等審査特別委員会−03月08日-05号

◆永田 委員  ネットで補助が受けられて、ここはネットしか置けない、ボックスが置けないから不平等だというよりも、多分、市民の方はカラスの被害に遭わないのが一番望まれていることで、決めつけてはいけないのですけれども、そこを中心に今後も補助をどういう形でしていったらいいのかですとか、その地域に合った形というのは考えていっていただけたらなと思っています。  

海老名市議会 2018-03-08 平成30年 3月 第1回定例会−03月08日-03号

綾瀬市についても有料化すべきなのではないかですとか、導入した場合に時期はどうなのだ、あるいは事業系のごみの対策も同時にするべきだよというようなご意見、あと、戸別収集につきましては、ごみの排出者が明確になるので、個々が責任を持って減量化にもつながるのではないかというご意見や、集合住宅では収集方法に変化がないからちょっと不公平だねというようなご意見、また、個人のお宅でごみを出す場所を設けることについては、カラス

海老名市議会 2018-03-05 平成30年 3月 総務常任委員会−03月05日-01号

例えばカラス対策なども市民から言われて、ずっとあるのですが、それが農政課の問題と、ごみの資源対策課と分かれてしまったりするわけですね。その問題は解決されないわけですが、そのような課題がさまざまあるのかなと思うのですが、その点についてはいかがでしょうか。 ◎企画財政課長 まず1点目、人権男女共同参画係の件でございます。こちらは新たに市民相談課を設置しました。

茅ヶ崎市議会 2018-03-05 平成30年 3月 予算特別委員会-03月05日-02号

カラスの問題もあるため、網での収集とボックスでの収集はかなり違う。ボックスでの収集の進捗状況、今後どのように対策を講じるのかを伺う。 ◎環境事業センター所長 作業自体を考えれば、網のほうが容易であるが、現状のカラス対策からはボックス型を設置せざるを得ない実情がある。本センターに問い合わせがあった場合は網の対策、それでも難しければボックス型のネットを紹介している。