運営者 Bitlet 姉妹サービス
269件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-12 藤沢市議会 平成31年 2月 予算等特別委員会−03月12日-06号 ◎近藤 観光シティプロモーション課課長補佐 デジタルスタンプラリーにつきましては、スマートフォンアプリの舞台めぐりをダウンロードいたしまして、アニメで登場しましたロケ地を実際にめぐりますと、AR技術によりましてスマホの画面に登場人物があらわれます。そして、一緒に写真が撮れるというものになります。 もっと読む
2018-12-20 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月20日-07号 東京都中野区では、アニメなどの集まるまちとして名をはせていることもあり、アニメを中心とするコンテンツ産業に特化した創業支援策を出しております。多摩地域では、多摩ものづくり型創業支援施設整備補助事業という形で、ものづくりに焦点を当てて創業支援を打ち出しております。 もっと読む
2018-12-12 海老名市議会 平成30年12月 第4回定例会−12月12日-03号 公道においてアニメの名探偵はびゅんびゅん車をすり抜けますが、現実においては、どんなに上手に乗りこなしていたとしても、周りからは危険きわまりない行為として映り、迷惑とさえ感じます。平和の祭典の競技として認識されながらも、どこに行っても名指しで禁止、たしなむ場所がなく、結局、禁止場所と知りながら、夜中に忍び込んで、ならず者扱いを受けるという悲しいことが起こっています。 もっと読む
2018-12-10 鎌倉市議会 平成30年12月定例会-12月10日-04号 また、市として観光スポットとして特段紹介はしておりませんが、アニメの影響によりまして、鎌倉高校前駅の踏み切りに、観光客の方が多く訪れております。  訪日外国人観光客は、近年急増しておりますが、現時点で訪れる方々の訪問客数を測るような調査というのは、行っていない状況でございます。 もっと読む
2018-12-10 座間市議会 平成30年第4回定例会(第4日12月10日) わかりやすい例えとして、アニメのキャラクターと現在のタレントを比較してみましょう。国民的人気アニメの「サザエさん」に出てくる磯野波平さんは昭和を代表する父親です。家では和服を着ていて、時々、「ばかもん」と雷を落とします。彼の年齢設定は54歳です。同年代の俳優は唐沢寿明がいて、お笑いでは木村祐一や浜田雅功がいます。 もっと読む
2018-09-28 藤沢市議会 平成30年 9月 決算特別委員会−09月28日-02号 ◎井澤 文化芸術課課長補佐 利用者数の増加の要因でございますが、自然増の部分もあるかとは思いますが、特にこども館において夏休み期間、指定管理者が休館日なく開館をさせて、またプラネタリウムにおいて、人気アニメを活用した全天周映画の上映ですとか、夏休み期間中の特別企画展等、各種企画が人気を博したことが原因だと考えております。 もっと読む
2018-09-25 海老名市議会 平成30年 9月 総務常任委員会−09月25日-01号 平和のつどいでは、海老名市在住の神奈川県原爆被災者の会の方による語り、また、アニメ映画「この世界の片隅に」を上映いたしております。アニメ映画「この世界の片隅に」は累計動員数が200万人を超える話題作でございましたが、封切りから1年を経過していない中での上映ということもあり、1000人を超える申し込みがありました。 もっと読む
2018-09-20 藤沢市議会 平成30年 9月 定例会−09月20日-05号 ◎環境部長(黛道典) この事業を進めるに当たり、クールチョイスの取り組みを多くの市民の方に知っていただくために、市民まつり、ふじさわ環境フェア、リサイクルプラザフェアなど、各種イベントにおいてクールチョイスのブースを設置し、あわせて環境啓発アニメやウォームビズ動画の上映、ECOかるたの紹介など、広く啓発を図っていく予定でございます。 もっと読む
2018-09-12 川崎市議会 平成30年 第3回定例会-09月12日-03号 次に、若者文化の定義についてでございますが、市内における若い世代による文化は、ブレイキンやヒップホップダンスなどのストリートカルチャーや、BMXやスケートボードなどのエクストリームスポーツを初め、アニメや漫画、ファッションなど多様で幅広くあると考えており、それぞれがひとしく尊重されるべきものと認識しておりますが、本市といたしましては、現段階ではストリートカルチャーやエクストリームスポーツが本市の文化 もっと読む
2018-08-23 川崎市議会 平成30年  8月文教委員会-08月23日-01号 例えば、漫画やアニメは、以前は子どもや若者向けのサブカルチャーというイメージでしたが、現在はクールジャパン政策における世界に誇るコンテンツとしても重要な位置づけとなっています。  また、東京2020大会においても、若者のストリートカルチャーとして育まれてきたスポーツなどが追加種目として採用されています。   もっと読む
2018-06-26 川崎市議会 平成30年 第2回定例会-06月26日-07号 映画やドラマなどの実写作品のほか、アニメの聖地巡礼がトレンドとなっていることから、川崎に実在する場所や風景が描写されているアニメや原作となる漫画作品などもロケ地推進のコンテンツとして活用していくことは有用性があるものと考えております。以上でございます。 ○議長(松原成文) 押本議員。 ◆20番(押本吉司) 次に、実際の作品を例示しながら伺いたいと思います。 もっと読む
2018-06-20 藤沢市議会 平成30年 6月 定例会−06月20日-05号 どのような報道発表かといいますと、(資料を表示)地球温暖化の意識啓発の一環として「ガラスの地球を救え」という、手塚治虫氏の原案をもとにした小中学生向けのアニメを制作し、上演会のための学校等への貸し出しを行うと、教育委員会としてもぜひ注目していただきたい施策を展開しています。こちらもSDGsを意識したものというふうに捉えております。 もっと読む
2018-06-19 秦野市議会 平成30年第2回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-06-19 しかし、自転車を題材とする漫画やアニメで紹介されたことで一気に人気が高まり、特にヤビツ峠は、県内はもちろん、県外からも多くのサイクリストが訪れ、「ヤビツはサイクリストの聖地」と評されるまでになりました。   もっと読む
2018-06-18 綾瀬市議会 平成30年6月定例会-06月18日−03号 このため、拉致問題対策本部及び文部科学省は学校教育における人権教育の実践の場において、アニメ「めぐみ」及び映画「めぐみ」を積極的に授業で活用することを教育行政に促してきておりました。私も北朝鮮拉致問題は深刻な人権問題であると考えております。これは我が国の国民、同胞が北朝鮮に誘拐されたという犯罪です。被害者は家族と生活をするという自由、幸せを長きにわたり奪われているのです。 もっと読む
2018-06-07 相模原市議会 平成30年  6月定例会議-06月07日−02号 国内映画でことし最高の78億円の収益を上げているアニメ映画では、IoTの活用がストーリーの中心となっております。したがって、小中学生を含む国民の多くがIoTを認識している時代となっております。私の認識もおくれておりましたが、時代の流れに気づき、対応することも、行政運営に求められていることと考えます。 もっと読む
2018-03-19 相模原市議会 平成30年  3月定例会議-03月19日−04号 平成27年12月から平成28年3月まで配布しましたオリジナル婚姻届につきましては、アニメの人気キャラクターを用いたことで反響を呼び、本市のPRに一定の効果があったものと考えております。一方で、キャラクターの使用許諾料などが発生しておりまして、事業の継続性の確保に関しましてさらなる検討が必要であると考えております。   もっと読む
2018-03-15 大和市議会 平成30年  3月 定例会-03月15日-04号 国民的アニメ「サザエさん」には三河屋のサブちゃんが御用聞きに来て、重いビールや食用油、みりん、しょうゆなどが配達される様子が描かれていますが、今このようなサービスを行っている酒屋さんは市内に何軒あるでしょうか。若い方なら週末に大型商業施設に車で乗りつけ、大量の買い物をしても苦にならないかもしれません。 もっと読む
2018-03-14 藤沢市議会 平成30年 2月 予算等特別委員会-03月14日-08号 今、映画であったりドラマであったりアニメであったりということで、非常にビジュアル的に子どもたちが動いている、見に行く、お金を使っているという状況があるんですけれども、例えば、ヤンングアダルトの類いになるかどうかと思いますけれども、「図書館戦争」という本がありました。「図書館戦争」という映画もありました。 もっと読む
2018-03-12 藤沢市議会 平成30年 2月 予算等特別委員会-03月12日-06号 というアニメが放映されまして、これは2017年の10月から12月に放映されたものなのですけれども、こちら、市内の各所が実名で登場しておりまして、行政とか、民間の施設のところを協力いたしまして、いろいろな仕掛けでロケ地マップなどをつくったのですけれども、今回のフィルム・コミッション・フォーラムでは、「Just Because!」 もっと読む
2018-02-28 大和市議会 平成30年  2月 厚生常任委員会−02月28日-01号 小児科の前にテレビモニターを置いてアニメ放送を流すなど、待っている時間を体感で短く感じられるように工夫している。新年度からは国の医療政策が地域完結型に進むことで、病院と病院の連携、病院と診療所の連携により患者を市立病院から地域の病院、医療機関へ紹介するいわゆる逆紹介を進めることによって、外来患者のコントロールをしていき、結果的に待ち時間を少しでも短縮できるようにしていきたい。 もっと読む