運営者 Bitlet 姉妹サービス
105件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-22 鎌倉市議会 平成31年 2月定例会−03月22日-07号 その中で、AI、ビッグデータ、IoT、ロボットの先端IT技術が、将来最も人材不足に陥ると見込んでいます。行政の仕事は人工知能による仕事の変革が激しい分野であると考えられ、相当の覚悟を持って頭の切りかえをして公共サービスを考えていき、人員配置をして予算措置をしていかないと、取り返しのつかないことになる。 もっと読む
2019-03-05 藤沢市議会 平成31年 2月 定例会−03月05日-05号 今後の展望につきましても、IoT、AIといった技術革新により、さらに膨大な量のデータが集積され、活用がなされていくことが想定されております。例えば、湘南ヘルスイノベーションパークにおいて、複数の企業や本市を含む自治体が参加して未病産業のビジネス化に取り組む湘南会議においても、参加企業が保有する貴重なデータが大いに活用されようとしております。 もっと読む
2018-12-18 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月18日-05号 また、インターネットの人口普及率が8割を超えるなど、既にデジタルが前提の社会が到来しており、IoTやAI等の新技術の普及により、柔軟で迅速なサービスを提供する方式が主流になりつつあります。 もっと読む
2018-12-18 藤沢市議会 平成30年12月 定例会−12月18日-04号 次に、市内4大学との連携につきましては、市民講座の開催を各大学に委託し、今年度はIoTや防災といった多様なテーマで講座を行っているところでございます。社会人が学び直すリカレント教育の重要性が着目される中、より多くの市民の方々に学びの機会を知っていただくためにも、市内4大学の情報発信をさまざまな媒体を活用して拡充を図ってまいりたいと考えております。 ○副議長(浜元輝喜 議員) 東木議員。 もっと読む
2018-12-18 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月18日-08号 次に、臨海部ビジョンにおけるその他の主なリーディングプロジェクトの取り組み状況といたしましては、新産業拠点形成プロジェクトでは、本市の強みである健康医療、環境、素材、情報通信などの技術、人材を活用しながら、最先端の研究、技術開発により、豊かさを実現する産業の創出を目指し、キングスカイフロントにおける研究成果の事業化や南渡田周辺地区におけるAI、IoT等を活用した新産業分野における研究開発及び社会実装 もっと読む
2018-12-12 綾瀬市議会 平成30年12月定例会-12月12日−03号 子供を狙った犯罪への不安が高まる社会の中で、このIoTを活用した見守りシステムを導入してはどうかと考えますが、御見解をお伺いいたします。 ○議長(武藤俊宏君) 教育部長。 ◎教育部長(市来吉博君) 導入費用ですとか、また一部の教職員の業務負担等を考慮いたしますと、現段階では導入する考えはございません。 ○議長(武藤俊宏君) 三谷小鶴議員。 ◆5番(三谷小鶴君) わかりました。 もっと読む
2018-12-07 川崎市議会 平成30年 12月文教委員会-12月07日-01号 ◆岩隈千尋 委員 安定的な運営をするというのは大前提であるとしても、私も高津区の議員なので、いろいろ何度か訪問する機会がありますけれども、新しい取り組みとか、これだけ例えばICTの活用であったり、IoTだと言われるときに、新しい目玉的なものというか、新しい取り組みがないというようなお話では、ちょっといかがなものかなとやっぱり心配になってくるところです。   もっと読む
2018-12-03 藤沢市議会 平成30年12月 定例会−12月03日-01号 さらに、IoTでクラウドに集まったビックデータのAIでの解析はもとより、その先にあるものが第5次社会ソサエティー5.0であります。この時代の潮流は、市政発展のためには欠かせないものと考えますので、変化に対応するのではなく、変化をみずから起こしていただき、市には一層の可能性を追求していただきたく要望といたします。  次に、「笑顔と元気あふれる子どもたちを育てる」について申し上げます。   もっと読む
2018-12-01 寒川町議会 平成30年第1回定例会12月会議(第1日) 本文 この改正法は、IoTやAIなどの情報技術の革新が目覚ましく進む中、データを安心安全に取引、利活用できる事業環境を整備するとともに、私的財産や標準においてビッグデータ等の情報技術に対応した制度を導入することを目的としたものです。この改正法の本則では、8つの法律が改正されておりまして、その1つが工業標準化法であります。   もっと読む
2018-11-29 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会−11月29日-01号 この難局に対応するため、国においては、ロボット、IoT、人工知能といった技術の活用による生産性革命とともに、子育て世代への投資、社会保障の充実、財政健全化のバランスをとりながら、人づくり革命を進めることとしております。  本市においては、現在のところ、人口の微増傾向が続いておりますが、平成32年度をピークに人口減少が始まるものと推計されております。 もっと読む
2018-11-15 川崎市議会 平成30年 11月総務委員会−11月15日-01号 初めに、資料の左上、01の計画策定の背景でございますが、1つ目の黒丸にお示しのとおり、AIやIoT等の関連技術の開発や活用が促進される中、官民が保有しているさまざまなデータを活用し、急速な少子高齢化の進展における諸課題の解決につなげていくことを目的として、平成28年12月に官民データ活用推進基本法が施行され、2つ目にありますとおり、国が作成した推進計画策定の手引きでは、地域の実情に合わせたスモールスタート もっと読む
2018-09-28 綾瀬市議会 平成30年9月定例会-09月28日−06号 また、AI技術、IoTの発達は人を必要としなくなる世の中と言われています。その中においては市民一人一人に寄り添える環境をあえて残していくことも必要と指摘します。  以上のような理由から、この平成29年度綾瀬市一般会計歳入歳出決算の認定については反対します。 ○議長(武藤俊宏君) 賛成討論はありませんか。増田淳一郎議員。    もっと読む
2018-09-27 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月27日−07号 また、さまざまなものがインターネットにつながるIoTや人口知能、いわゆるAIの活用への取り組みが進められており、既に一部自治体においては、実証実験が行われております。先端技術を用いて、基礎インフラと生活インフラのサービスを効率的に管理、運営し、環境に配慮しながら、人々の生活の質を高め、継続的な経済発展を目指す都市がスマートシティであります。 もっと読む
2018-09-27 横浜市議会 平成30年 政策・総務・財政委員会 回復基調ということですけれども、今回国あるいは横浜市挙げて、生産性向上に向けた特別措置法の制定に基づいて、生産設備、ものづくり設備、IT設備に対する設備導入に係る固定資産税を免除するという施策も、ある面、他の自治体に先駆けてやっているという意味では、しっかりと中小企業の皆さんに対する後押しは横浜市もされていると思うのですが、まだ中小企業の皆さんについては、新しい成長のステージへ持っていくためには、AIやIoT もっと読む
2018-09-21 綾瀬市議会 平成30年9月定例会-09月21日−03号 第4次産業革命、AI、IoTが進化していくことにより、製造業での作業はロボットが行い、設計や管理などの頭脳的労働業務においては機械化が進んでいくとも言われております。そのような最先端技術の導入に係る補助など、中小企業がより有利になるような綾瀬市独自の取り組みを検討していかないかお伺いします。 ○議長(武藤俊宏君) 産業振興部長。 もっと読む
2018-09-21 藤沢市議会 平成30年 9月 定例会-09月21日-06号 ◆32番(吉田淳基 議員) ただいまドローンの実証フィールドの提供について触れましたけれども、新潟市では、AI、IoT、ICTなどの最先端技術を活用して民間が取り組む実証事業に対する支援制度を設けているようであります。 もっと読む
2018-09-01 寒川町議会 平成30年第1回定例会9月会議(第3日) 本文 内容的にも、協定の名称にもあるように、連携事項といたしましてはICTやIoT等を活用した職員の働き方改革、災害に強いまちづくりやインバウンド観光推進、農業改革や健康、高齢者の暮らしの改善推進のほか、子ども、青少年の教育育成など、分野的にも現代の日本が抱える課題にまさに包括的に連携をしていく内容となってございます。 もっと読む
2018-08-31 横須賀市議会 平成30年 定例議会( 9月)-08月31日−01号 ですから、AIにしても、IoTにしても、機材はさまざまなものがあって、新しい機材があって、勝手に私が今思っているのですが、そこにみんなが来られて自由に使える場所だとか、あるいは企業とのマッチングをする場所であるとか、さまざまなことで、いろいろ考えられると実は思っているのです。   もっと読む
2018-08-24 川崎市議会 平成30年  8月総務委員会-08月24日-01号 課題といたしましては、1の執行体制の強化などを通じて、中小企業への支援体制のさらなる充実や取り巻く環境の変化への対応等や、2のAIやIoT等新しい技術分野やライフサイエンス分野への対応をさらに進める必要があることや、ナノ医療イノベーションセンターの持続的、安定的な運営を確保していく必要がございます。   もっと読む
2018-06-27 相模原市議会 平成30年  6月定例会議-06月27日−05号 IoT、AIと、技術の進歩は著しく、ICTを利用した教育は喫緊の課題であります。そこで、通信インフラの整備について伺います。学校においても無線LANの整備を充実させることは必要であると考えます。市立小中学校における通信インフラの整備状況と今後の取り組みについて伺います。  次に、小中学校における電子黒板及びタブレットPCの利用促進について、現状と今後の活用についてお伺いいたします。   もっと読む