6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

川崎市議会 2020-08-28 令和 2年  8月環境委員会-08月28日-01号

原子力損害賠償紛争解決センターADRセンターの概略を御説明させていただきます。  ADRセンターは、平成23年3月に発生した東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故による原子力損害賠償に関して、当事者間に紛争が生じた場合に、当事者からの申立てを受けて和解の仲介を実施する公的な紛争解決機関で、平成23年8月29日に設置されました。  

川崎市議会 2018-09-12 平成30年 第3回定例会-09月12日-03号

東日本大震災による東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質対策の費用約4,580万円の支払いが、東京電力ホールディングス株式会社と本市との協議の末、合意に至らず、このたび初めて原子力損害賠償紛争解決センター――ADRセンターあっせん申し立てを行うこととなりました。

横浜市議会 2018-02-16 02月16日-02号

今回のあっせん申し立て先である原子力損害賠償紛争解決センター、通称ADRセンターでの手続は、裁判によらない紛争解決手続とのことです。通常の損害賠償請求の事例では、相手方との調整がまとまらなければ、裁判所訴えを起こすのが一般的ではないでしょうか。そうした意味では、本件も裁判所訴えを起こすことも可能だと思います。 そこで、なぜADRセンターへの申し立てを行うこととしたのか、その理由を伺います。 

大和市議会 2013-03-14 平成25年  3月 定例会-03月14日-02号

大和市が主体となってADRセンターを立ち上げ、市民のために運用していくことを提案します。もちろん市役所で全部やれと言っているわけではなく、さきにも述べました弁護士初め隣接法律専門職など、市内には法的知識を持ち、既に個人的にはかなりこのような意味でのADRを経験してこられた方が大勢いらっしゃると思います。そのような方の御協力をいただき、実現を検討していただきたいと思いますが、見解を伺います。  

  • 1