78件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2021-02-12 令和 3年  2月文教委員会−02月12日-01号

これらを受けまして、3段目にございますように、文部科学省令和3年度予算概算要求では、学級編制標準の引下げを含め、少人数によるきめ細かな指導体制の計画的な整備について、予算編成過程において検討するとされ、その1つの段にございますように、その後、12月に公表された令和3年度予算案では、少人数によるきめ細かな指導体制を構築するため義務標準法を改正し、小学校について学級編制標準を5年かけて、学年進行

秦野市議会 2020-09-24 令和2年予算決算常任委員会文教福祉分科会 本文 開催日: 2020-09-24

ただいま、こども育成課長が申し上げた事業1つを御覧ください。事業コード020・001、民間保育所等運営費補助金、そして1段下、010、公立認定こども園費の001、園児保育費、003、園児保健費、004、施設維持管理費の全部で4つの事業です。今回補正する事業は、全て感染症拡大の防止を目的として予算を追加するものですが、順番に概要を説明させていただきます。  

南足柄市議会 2020-09-18 2020年9月18日(金) 令和2年決算特別委員会 本文

1つ公共施設建設修繕等基金繰入金の繰入額は6,200万2,427円でございます。  次に、106、107ページ上段をお願いします。  一部事務組合等受入金備考欄後期高齢者医療広域連合受入金のうち、総務防災部の所管は後期高齢者医療広域連合に派遣しております職員1人の人件費507万1,161円の受入金でございます。

川崎市議会 2020-08-28 令和 2年  8月文教委員会-08月28日-01号

これに、下から3行目、税額145万8,900円を差し引いた、その下の当期一般正味財産増減額は1,842万8,858円のマイナスとなり、これに1つ一般正味財産期首残高4億3,917万5,601円を合わせますと、46ページ1行目の一般正味財産期末残高は4億2,074万6,743円となっております。  

川崎市議会 2020-08-27 令和 2年  8月健康福祉委員会-08月27日-01号

ただ、新たに1つの階を含めて病床をまた改修するということについては、やはり施設のかなり大規模な改修が必要になってまいりますし、また、専門スタッフの確保もかなり大幅に増やす必要があるのかなと思っておりまして、課題は非常に多いものかなと思っております。ただ、今後のニーズも確認しながら、幅広に検討はしてまいりたいと考えております。

海老名市議会 2019-12-11 令和 元年12月 総務常任委員会-12月11日-01号

1つ、括弧内の文言<充実して暮らせるまち>が行政分野目標、その下の文章が目標方向性を示す説明、そして、一番下段でナンバリングされているものが、各行政分野目標に向かうための政策を示してございます。  次ページをお開きください。今申し上げました各政策についてご説明いたします。「1-1 地域社会市民参加活性化」が政策名でございます。

川崎市議会 2019-08-29 令和 1年  8月まちづくり委員会-08月29日-01号

2の固定資産は、(1)基本財産、(2)特定資産のほか、(3)のその他固定資産にございますウのリース資産、オの定期預金などで、固定資産合計は4億461万9,945円でございまして、先ほどの流動資産と合わせますと、資産合計は、その1つの段にお示ししております6億9,951万7,612円でございます。

川崎市議会 2019-08-28 令和 1年  8月文教委員会-08月28日-01号

これに、39ページ、上から5行目、税額174万7,200円を差し引いた、その下の当期一般正味財産増減額は4,473万4,046円、これに1つ一般正味財産期首残高3億9,444万1,555円を合わせますと、その1つ一般正味財産期末残高は4億3,917万5,601円となっております。  

川崎市議会 2019-03-08 平成31年  3月まちづくり委員会-03月08日-01号

それはのり面から下側に向かってくるものをそこで受けとめて、それぞれ下のほうに送っていくということで、水色の細い線があるかと思うんですけれども、こちらでそれぞれをつないで、上ののり面で集水したものを1つということでどんどんどんどん行っていまして、先ほどお話のありました有馬川のほうに排水する。表面的な排水はそういった形でやっています。  

川崎市議会 2019-02-06 平成31年  2月文教委員会-02月06日-01号

1つに参りまして、「学校給食費管理のあり方」についてでございます。会計処理透明化の向上、給食費徴収業務に係る教職員の負担軽減を図るため、公会計化の導入に向け検討を進め、平成33年度から実施する計画としているところでございます。  1つに参りまして、「就学援助事務システム化」についてでございます。

海老名市議会 2018-12-06 平成30年12月 文教社会常任委員会-12月06日-01号

佐々木弘 委員 次に、1つの⑤で「発見性を重視した独自分類」とあります。これはライフスタイル分類だと思うのですけれども、これに関してはどのような事業者からの提案になっているか。今まで規模を縮小したりとか改善すべきところはしたりとかしていると思うのですけれども、今後、こちらが事業者になったときにどういうふうにする考えなのか、これは何かわかるでしょうか。

川崎市議会 2018-08-30 平成30年  8月まちづくり委員会-08月30日-01号

2の固定資産は、(1)基本財産、(2)特定資産のほか、(3)のその他固定資産にございますアの建物付属設備、エの定期預金などで、固定資産合計は3億8,346万6,519円でございまして、先ほどの流動資産と合わせますと、資産合計は、その1つの段にお示ししております6億5,374万4,992円でございます。  

川崎市議会 2018-08-29 平成30年  8月文教委員会-08月29日-01号

これに39ページ、上から4行目、税額138万800円を差し引いた、その下の当期一般正味財産増減額は508万4,037円、これに1つ一般正味財産期首残高3億8,935万7,518円を合わせますと、その1つ一般正味財産期末残高は3億9,444万1,555円となっております。