219件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤沢市議会 2019-03-07 平成31年 2月 予算等特別委員会-03月07日-03号

◎須山 みどり保全課課長補佐 海の生物多様性の取り組みでございますが、戦略のほうでは、対象地域を決めていく中で、海は海外の地球の裏側のことも含めて、ちょっと広過ぎるので、海はここには含めてはいないのですが、とはいえ、今までにしました自然環境実態調査などでは、魚類等の生き物の調査もしておるところです。

座間市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第3日 3月 1日)

例えば、海洋ごみの影響により魚類、海鳥、アザラシなどの海洋哺乳動物、ウミガメを含む少なくとも約700種もの生物が傷つけられたり死んだりしています。このうち実に92%がプラスチックの影響、例えば漁網、魚の網ですね、漁網などに絡まったり、ポリ袋を餌と間違えて接種することによるものです。プラスチックごみの接種率は、ウミガメで52%、海鳥の90%と推定されています。  

川崎市議会 2019-02-26 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号

工事前と比べ、水質、干潟地形、植物、鳥類、魚類、その他の生物への影響はどのように変化したのか、それぞれお答えください。工事費について、市の負担170億円、そこから国や県の補助を除いた実質的な市負担は68億円とされていますが、今後、工事費がふえることはないのか伺います。 ○議長(松原成文) 市民文化局長。 ◎市民文化局長(鈴木賢二) 市民文化局関係の御質問にお答え申し上げます。  

大和市議会 2018-12-13 平成30年 12月 定例会−12月13日-02号

野生動植物の生息、生育場所の調査につきましては、公益財団法人大和市スポーツ・よか・みどり財団やしらかしのいえボランティア協議会及びトコロジストの方々との協働により、市内の大規模緑地や河川、しらかしの池などにおいて、魚類や動植物などの調査を継続して行っております。今後も財団職員の専門性を生かして調査を行い、その成果を大和の自然ハンドブックに活用してまいります。  

厚木市議会 2018-12-07 平成30年第5回会議(第4日) 本文 2018-12-07

これらの施設には、魚類が遡上できるように魚道が設置されておりますが、一部の施設につきましては、勾配や水深などの影響により、魚の遡上に不ぐあいな魚道が見受けられ、また、施設の老朽化が進行していることから、このような施設の改修等が必要であると考えております。

相模原市議会 2018-09-03 平成30年  9月定例会議-09月03日−03号

平成28年度の残食率の比較調査は、先ほど少し触れましたが、単独調理の小学校では主食の白米の8%が最も高くて、麺で3%、主菜で、魚類でも5%と、全て1桁台なんです。単独調理校の残食率の平均は5.5%です。でも、上溝学校給食センターになると平均で11.5%、城山の場合、13.8%、津久井の場合、12.9%です。つまり、自校方式の給食のほうが残食率がかなり少ないんですよね。

相模原市議会 2018-07-06 平成30年  7月 水源地域対策特別委員会-07月06日−01号

アオコによる被害は、水道原水の取水や魚類への影響に至る可能性があると承知しているが、具体的な被害については把握していない。 ◆南波秀樹委員 アオコに対する具体的な被害は把握していないということだが、実際に発生しており、リンや窒素も未達成ということで、生活排水に対する対策が効果的だと思う。

寒川町議会 2018-06-04 平成30年第1回定例会6月会議(第4日) 本文

◯番外【教育長 大澤文雄君】  残食率については、給食を構成するご飯等の主食、肉・魚類の主菜、野菜類の副菜、牛乳、そしてデザートの合計となりますが、平成28年度の実績では、寒川町の平均残食率は約4%となっており、県内平均と同程度の数値となっております。

大和市議会 2018-03-15 平成30年  3月 定例会-03月15日-04号

確かにその時代は、農作物、肉、魚類なども十分でなく、ミルクから得られる栄養分の占めるウエートは大きかったと思います。しかし、現在の子供はどうでしょうか。栄養状態は改善されたどころか、糖質や脂肪過多で肥満に悩む子供、過度の偏食などがあってやせている子供、アレルギーのある子供など、戦後とはまた違う状況に変わってきています。

鎌倉市議会 2017-12-13 平成29年12月13日教育こどもみらい常任委員会−12月13日-01号

副食については、先ほど来、肉類のときは割と少なくて、魚類のときは多目だというような、日によっての偏りがあるとも伺っております。 ○安立 副委員長  5食に対して1食分御飯が多くつくということなんですけど、その辺も毎日の状況というのは把握して、一応集計というか確認はとれているんでしょうか。

秦野市議会 2017-09-26 平成29年第3回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2017-09-26

また、この質問に際し、本市の特定外来生物の一覧の説明を執行部の方から伺った中で、例えば、アライグマは農作物を食い荒らし、農業被害に直結しますので、指定されていることがよく理解され、そしてまた、魚類では、震生湖にもいるかと思いますブルーギル、ブラックバスは、在来の小魚や卵を食べてしまいますので、生態系を崩すので、明らかに特定外来生物に指定されていることがよく理解できます。  

横須賀市議会 2017-09-08 平成29年 定例議会( 9月)-09月08日−02号

先日、NHKの特集番組でも紹介されましたが、世界最深部のマリアナ海溝で水深8,178メートルにおいて、魚類の撮影に成功という報道がなされました。これは、魚類の世界最深映像記録を更新ということですが、この映像記録に横須賀市の研究機関が深くかかわっています。このような出来事は、子どもの感性に影響を与え、キャリア教育にも間違いなく寄与できると思います。

川崎市議会 2017-07-20 平成29年  7月文教委員会-07月20日-01号

小学校給食では、子どもたちが食品の種類や働きがわかり、栄養のバランスのとれた食事のとり方がわかるよう、さまざまな食材を使用した献立を提供することを目指しておりますが、魚類、野菜類等の価格が上昇していることから、使用する種類が減少しております。

鎌倉市議会 2017-06-30 平成29年 6月定例会−06月30日-06号

マイクロ化したプラスチック破片は、海中の残留性有機汚染物質(POPs)を吸着し、毒性のある微小粒子になり、プランクトンとともに魚類に摂取され、食物連鎖に入り込み最終的には人体への健康影響が懸念される。  さらに、漂流、漂着したプラスチック破片は海鳥たちが餌と間違え、巣に持ち帰り、ひなたちに与え、ひなたちへの「死の給餌」となる。

清川村議会 2017-06-07 平成29年 6月定例会(第1号 6月 7日)

また、アユやワカサギ、その他、豊富に生息している魚類等の採取については、検討していただけないでしょうか。新たに漁業として採取できれば、清川村の大きな目玉として地元の特産物の開発をすることができます。村から発案を関係機関にお願いしていただき、実現できるよう考えていますが、村長のお考えはいかがでしょうか。村おこし、みんなで頑張りましょう。  

二宮町議会 2017-06-07 平成29年第2回(6月)定例会(第7日目) 本文

国及び神奈川県のレッドデータブックで指定されている種が、植物、チョウ類、魚類など、平成21年の基礎調査報告書に記されておりますが、これらを町民に知らせる努力はどのようにされていますか。  また、守るべき植物と特定外来生物として駆除すべき植物があります。その駆除すべき植物の情報提供についてお伺いいたします。