運営者 Bitlet 姉妹サービス
237件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-26 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号 工事前と比べ、水質、干潟地形、植物、鳥類、魚類、その他の生物への影響はどのように変化したのか、それぞれお答えください。工事費について、市の負担170億円、そこから国や県の補助を除いた実質的な市負担は68億円とされていますが、今後、工事費がふえることはないのか伺います。 ○議長(松原成文) 市民文化局長。 ◎市民文化局長(鈴木賢二) 市民文化局関係の御質問にお答え申し上げます。   もっと読む
2018-12-18 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月18日-05号 そのため、海鳥や海の哺乳類が餌と間違えて捕食し、死亡するケースも多々見られ、魚類も餌と誤認してしまうことがあるため、生態系や人体への影響も懸念されています。   もっと読む
2018-09-03 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月03日−03号 平成28年度の残食率の比較調査は、先ほど少し触れましたが、単独調理の小学校では主食の白米の8%が最も高くて、麺で3%、主菜で、魚類でも5%と、全て1桁台なんです。単独調理校の残食率の平均は5.5%です。でも、上溝学校給食センターになると平均で11.5%、城山の場合、13.8%、津久井の場合、12.9%です。つまり、自校方式の給食のほうが残食率がかなり少ないんですよね。 もっと読む
2018-06-01 寒川町議会 平成30年第1回定例会6月会議(第4日) 本文 ◯番外【教育長 大澤文雄君】  残食率については、給食を構成するご飯等の主食、肉・魚類の主菜、野菜類の副菜、牛乳、そしてデザートの合計となりますが、平成28年度の実績では、寒川町の平均残食率は約4%となっており、県内平均と同程度の数値となっております。 もっと読む
2018-03-15 大和市議会 平成30年  3月 定例会-03月15日-04号 確かにその時代は、農作物、肉、魚類なども十分でなく、ミルクから得られる栄養分の占めるウエートは大きかったと思います。しかし、現在の子供はどうでしょうか。栄養状態は改善されたどころか、糖質や脂肪過多で肥満に悩む子供、過度の偏食などがあってやせている子供、アレルギーのある子供など、戦後とはまた違う状況に変わってきています。 もっと読む
2018-03-07 中井町議会 2018年03月07日 平成30年第1回定例会(第2日) 本文 水と緑にあふれる震生湖は、新緑や紅葉時など鮮やかに色づいた木々が湖面に輝き、フナ、コイなどの魚類や、コゲラ、カワセミなどたくさんの野鳥の姿を見ることが出来る湖であるとともに、周辺の里山の自然に親しみ触れ合える、観光レクリエーションの拠点として、楽しまれています。   もっと読む
2018-03-06 相模原市議会 平成30年  3月 環境経済委員会-03月06日−01号 ◎渋谷環境保全課長 今回の事故については、通報時点で魚類が変死したと思われる時点からかなりの時間が経過していたこともあり、当日、実施した水質検査では結果の特定に至らなかった。また、衛生研究所に依頼した水質成分の検査結果でも異常は認められなかった。 もっと読む
2017-09-26 秦野市議会 平成29年第3回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2017-09-26 また、この質問に際し、本市の特定外来生物の一覧の説明を執行部の方から伺った中で、例えば、アライグマは農作物を食い荒らし、農業被害に直結しますので、指定されていることがよく理解され、そしてまた、魚類では、震生湖にもいるかと思いますブルーギル、ブラックバスは、在来の小魚や卵を食べてしまいますので、生態系を崩すので、明らかに特定外来生物に指定されていることがよく理解できます。   もっと読む
2017-07-20 川崎市議会 平成29年  7月文教委員会-07月20日-01号 小学校給食では、子どもたちが食品の種類や働きがわかり、栄養のバランスのとれた食事のとり方がわかるよう、さまざまな食材を使用した献立を提供することを目指しておりますが、魚類、野菜類等の価格が上昇していることから、使用する種類が減少しております。 もっと読む
2017-06-30 鎌倉市議会 平成29年 6月定例会−06月30日-06号 マイクロ化したプラスチック破片は、海中の残留性有機汚染物質(POPs)を吸着し、毒性のある微小粒子になり、プランクトンとともに魚類に摂取され、食物連鎖に入り込み最終的には人体への健康影響が懸念される。  さらに、漂流、漂着したプラスチック破片は海鳥たちが餌と間違え、巣に持ち帰り、ひなたちに与え、ひなたちへの「死の給餌」となる。 もっと読む
2017-06-30 鎌倉市議会 平成29年 6月定例会−06月30日-06号 マイクロ化したプラスチック破片は、海中の残留性有機汚染物質(POPs)を吸着し、毒性のある微小粒子になり、プランクトンとともに魚類に摂取され、食物連鎖に入り込み最終的には人体への健康影響が懸念される。  さらに、漂流、漂着したプラスチック破片は海鳥たちが餌と間違え、巣に持ち帰り、ひなたちに与え、ひなたちへの「死の給餌」となる。 もっと読む
2017-06-27 川崎市議会 平成29年 第2回定例会−06月27日-07号 また、流域全般において、整備前後において水生生物、特に魚類の生息域の確保は行われているのか伺います。 ○副議長(後藤晶一) 建設緑政局長。 もっと読む
2017-06-07 清川村議会 平成29年 6月定例会(第1号 6月 7日) また、アユやワカサギ、その他、豊富に生息している魚類等の採取については、検討していただけないでしょうか。新たに漁業として採取できれば、清川村の大きな目玉として地元の特産物の開発をすることができます。村から発案を関係機関にお願いしていただき、実現できるよう考えていますが、村長のお考えはいかがでしょうか。村おこし、みんなで頑張りましょう。   もっと読む
2017-06-01 二宮町議会 平成29年第2回(6月)定例会(第7日目) 本文 国及び神奈川県のレッドデータブックで指定されている種が、植物、チョウ類、魚類など、平成21年の基礎調査報告書に記されておりますが、これらを町民に知らせる努力はどのようにされていますか。  また、守るべき植物と特定外来生物として駆除すべき植物があります。その駆除すべき植物の情報提供についてお伺いいたします。   もっと読む
2017-03-13 中井町議会 2017年03月13日 平成29年第1回定例会(第3日) 本文 28年、今年度までに9分類、魚類から植物とか、いろいろ分類を含めまして9分類2,275種が本町で確認できております。 もっと読む
2016-12-13 大和市議会 平成28年 12月 定例会−12月13日-02号 しらかしの池の大きな役割は調整池としての機能ですが、野鳥や魚類のすみかとしても貴重な場であり、しらかしの池の一部で試験的にかいぼりを行い、生物の実態や堆積土の量を調査してはいかがかと述べました。 もっと読む
2016-09-12 相模原市議会 平成28年  9月 決算特別委員会環境経済分科会-09月12日−01号 被害状況として想定されるものは、におい等による飲料水供給や苦情の問題、魚類の変死などが考えられるが、今のところ、具体的な被害については聞いていないし、今後そのような状況について、できれば把握していきたいと思っている。 ◆南波秀樹委員 こういった問題を改善していくためには、上流の対策が必要だと思うが、水質改善に向けた取り組みについて伺う。 もっと読む
2016-09-09 相模原市議会 平成28年  9月 決算特別委員会建設分科会-09月09日−01号 調査結果の概要だが、国や県のレッドデータブックや、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律等に記載されている注目種について確認された主なものは、哺乳類についてはイタチやカヤネズミ等、鳥類はオオタカ、カワセミ等、昆虫類では各種トンボ、魚類では、注目種ではないが、アユや、県内では相模川水系でしか確認されていないムギツクという名前の魚が確認されている。 もっと読む
2016-09-06 厚木市議会 2016.09.06 平成28年第4回会議(第3日) 本文 3年、5年というのは、今のあつぎこどもの森クラブがトンボ、魚類、動物や植物とかの総合的なモニタリング調査をしているのとは別の話なのです。それで、維持管理計画を策定する意義として、11億円以上をかけてつくった公園について、厚木市が事業成果の判断基準を持つことになります。  日本では、公園をつくったものの、予算をかけないというのはよくある話であります。 もっと読む
2015-12-18 川崎市議会 平成27年 第5回定例会-12月18日-08号 生物に関する調査につきましては、しゅんせつを行うに当たり、釣り池の鳥類、植物、魚類等の現況を把握するため、平成23年度に等々力緑地つり池生物生息空間整備検討業務委託及び釣池生物調査業務委託を行ったところでございます。以上でございます。 ○副議長(菅原進) 松原議員。 ◆41番(松原成文) ありがとうございます。 もっと読む