73件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

海老名市議会 2020-09-30 令和 2年 9月 第3回定例会−09月30日-05号

近年の海老名西口地域開発等による商業の発展、人口増に伴う消防救急需要増加対応するために進められる(仮称消防署西分署整備は、鉄道によって分断された地域を補完する意味からも不可欠な消防力強化でありましたが、その後も続く大型マンション等建設計画を鑑みますと、改めまして必要な事業であったのだということを実感しているところであります。  

海老名市議会 2020-08-31 令和 2年 9月 第3回定例会−08月31日-01号

近年の開発等による商業活性化人口増に伴う消防救急需要増加対応するため、(仮称消防署西分署整備を進めました。老朽化したはしご車及び救急自動車を更新し、出動態勢充実を図りました。作業支援用ロボットスーツ導入により、活動中の救急隊員身体的負担軽減女性消防職員活動のサポートとなり、現場活動等負担軽減につながりました。

海老名市議会 2020-01-30 令和 2年 1月 総務常任委員会-01月30日-01号

具体的な影響としましては、海老名西口地区開発による商業施設増加高齢化進展等による救急需要が高まっていることへ対応することができ、また、市域の中で現場到着に時間を要する多い地区への現場到着時間の短縮が図られると考えております。  最後、3点目の今後の消防広域連携についてでございます。西分署の開所によりまして、市内の消防力が大きく充実したものになると考えております。

海老名市議会 2019-09-20 令和 元年 9月 総務常任委員会−09月20日-01号

ですが、長期的には相模鉄道の都心への乗り入れ、新東名高速道路全線開通海老名開発、市役所周辺一般保留区域土地利用事業化など、今回も上がったのですけれども、まだまだ地価の上昇が予想される要素も大分ありますので、その効果というのは固定資産税全体でも反映されるものと考えております。 ◆倉橋正美 委員 わかりました。

海老名市議会 2019-02-25 平成31年 3月 第1回定例会−02月25日-01号

海老名西口地区開発による商業施設住宅建設増加圏央道東名高速道路における消防救急対応、超高齢化進行などにより、近年、消防救急需要増加傾向にあり、消防力強化が求められております。消防署西分署整備を初め、はしご車、高規格救急車を更新し、ロボットスーツHAL導入、そして、南部大型防災備蓄倉庫大型エアテント導入してまいります。  

海老名市議会 2018-06-13 平成30年 6月 第2回定例会−06月13日-03号

海老名周辺においては、VINA WALKビナ ウォーク)を中心とした東口ららぽーと中心とした西口扇町、さらにめぐみ町の開発も行われ、海老名市には多くの企業や人が集まり、活気あふれるまちづくりが進められております。市民の長年の夢でもあった小田急ロマンスカー海老名駅停車も実現され、住みたいまちランキングでも上位に入るなど、全国からも注目を集め、さらなるにぎわいが期待されております。

海老名市議会 2018-02-23 平成30年 3月 第1回定例会−02月23日-01号

海老名西口地区開発による商業住宅建設増加に伴い、上郷下今泉地区等消防力強化が求められております。こうした状況を鑑み、同地区において(仮称消防署西分署整備を実施します。近年、国内では毎年のように想定を超えた大規模災害が発生しております。災害時において初期段階から一貫して求められるものの1つに、迅速かつ正確な情報収集が挙げられます。

海老名市議会 2018-01-29 平成30年 1月 総務常任委員会−01月29日-01号

海老名西口地区開発による商業住宅施設増加に伴い、消防車や救急車現場到着時間を短縮させ、消防力を高めるとともに、今泉小学校周辺環境の改善を図るため、用地取得などを行うものでございまして、1億3711万8000円を計上いたしております。また、当該事業については、事業早期完成に向けまして、年度をまたいで執行いたしたいため、あわせて繰越明許費を設定するものでございます。  

海老名市議会 2017-12-13 平成29年12月 第4回定例会−12月13日-03号

前回の定例会においての市川敏彦議員一般質問救急救命体制」についての質問への回答でも、まさに西口地区開発進展高齢化新東名全面開通等によって救急件数増加を見込むとされ、同じく久保田英賢議員一般質問海老名西口地区の現状と将来予測」についての回答においても、エリア全体として想定以上の人口流動を予想しているともされているように、当該地域における消防救急体制充実必要性は、誰の目にも明

海老名市議会 2017-12-12 平成29年12月 第4回定例会−12月12日-02号

本市では平成27年に海老名西口扇町が誕生し、現在も開発民間業者により行われており、人口がふえ続け、平成38年時点に14万人となることを目指しております。また、大型商業施設本格稼働人口流入が活発になり、防犯面では都市型犯罪も懸念される状況となってきております。  そこで、防犯対策充実させていくことが必要であると考えますが、現在の取り組みと課題についてお伺いいたします。  

海老名市議会 2017-09-27 平成29年 9月 経済建設常任委員会−09月27日-01号

まちづくり部次長 開発につきましてはまちづくり部で所管しておりますので、私から答弁をさせていただきます。  ただいまご質問いただきました駅間地区駅前の広場、ロータリーがなぜないのかというご質問でございますけれども、結果として、駅間の開発事業者並びに市が市費を投入して駅前ロータリーというのを一応つくってはおりません。

海老名市議会 2017-09-21 平成29年 9月 第3回定例会-09月21日-04号

小田急マンション開発でつくります。小田急の社長ともこの間対談しました。これからは住むだけではない、そこに憩う場所とか、憩いとか、それから、地域を育むとか、文化が薫るとか、そういったところになる、そういった面では、これからの図書館や、これから文化会館の運営だって変わってくるでしょう。文化が薫るというのは、そういった面では、行政としてはお金がかかるかもしれません。

海老名市議会 2017-09-20 平成29年 9月 第3回定例会−09月20日-03号

そこで、海老名西口地区開発など、地域により都市化進展とともに交通網整備が図られるなどの利便性が向上している、こうした状況から、昼間人口増加することで救急需要増加するものと考えますが、海老名市における救急出動状況とその課題についてをお伺いいたします。  以上、3項目にわたり質問させていただきました。

海老名市議会 2017-03-28 平成29年 3月 第1回定例会−03月28日-05号

また、一昨年の10月に海老名西口まち開きし、まちづくりは一段落いたしましたが、今後も開発海老名駅北口の開設など、これからも続きます。たとえ民間主導開発であっても、その恩恵を受けるのは市民であります。開発に当たりましては、行政としてできることはしっかりと協力してあげていただきたいと思っております。