5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

川崎市議会 2019-06-20 令和 1年 第3回定例会−06月20日-03号

今後、周辺滞留想定人数見直し等の動向を踏まえ、取り組み内容対象範囲の変更などが生じた場合は、適宜計画を見直してまいります。以上でございます。 ○議長山崎直史) 交通局長。    〔交通局長 邉見洋之登壇〕 ◎交通局長邉見洋之) 交通局関係の御質問にお答え申し上げます。  

平塚市議会 2014-06-05 平成26年6月定例会(第5日) 本文

次に、訓練実施計画についてでありますが、総合防災訓練のほかには、6月28日に情報拠点配備職員対象MCA無線機による情報通信訓練を、7月11日には湘南ベルマーレひらつかビーチパークby shonanzoenにおいて、海岸利用者対象とした津波対策訓練を、11月13日には地震によるJRの運行休止を想定し、周辺滞留をラスカホール、梅屋本館及びJAビル2階の3カ所の一時滞在施設へ避難誘導する帰宅困難者対策訓練

大和市議会 2011-09-20 平成23年  9月 定例会−09月20日-02号

横浜市との協定は、主に境川に隣接している地理的環境のメリットを生かし、応急復旧活動協力体制の確保や、周辺滞留など帰宅困難者の一時保護等の措置など、相互の連携を図ることを目的としてするものでございます。  私のほうから提案させていただいたのですけれども、実際横浜市さんは川崎市以外とはこういった協定を結んでいなかったのです。

海老名市議会 2001-09-13 平成13年 9月 第3回定例会−09月13日-03号

さらに、大規模災害が発生した場合の支援物資等応援体制等も加えて考慮いたしますと、周辺滞留への供給をたとえ行ったとしても、市民への供給に影響を及ぼさない体制ができているというふうに考えております。  以上でございます。 ○議長鈴木輝男 君) 同じく小問1の中の救急体制について消防長。 ◎消防長富澤克明 君) 救急体制についてお答えをさせていただきます。

大和市議会 1998-03-19 平成10年  3月 定例会−03月19日-04号

東海地震判定会が招集されたとき、または警戒宣言が発令されますと、相模鉄道線はすべて相模大塚駅でストップし、横浜方面から乗車した乗客を全員おろす折り返し駅になることから、関係機関の県、警察、市及び事業者は、相模大塚駅及び駅周辺混乱防止対策実施についての連絡調整を図るため、駅前北口ロータリー内に合同で情報連絡本部を設置し、それぞれに役割を決めて周辺滞留混乱を防止するとしております。

  • 1