30件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

大和市議会 2019-12-13 令和 元年 12月 定例会-12月13日-02号

今日、長年の懸案でありました米軍空母艦載機岩国基地への移駐を達成し、最新のニュースでは米軍空母艦載機による陸上空母離着陸訓練FCLPの法上的訓練施設候補地となっている鹿児島西之表市の馬毛島を約160億円で買収することで、地権者と合意したことが正式発表され、この報道につけても、厚木基地が所在する自治体として、今までのスタンスを改めていかなければならないと考えております。  

大和市議会 2019-12-04 令和 元年 12月 基地対策特別委員会−12月04日-01号

参考として、11月30日、恒常的な空母艦載機離発着訓練施設候補地である馬毛島について、防衛省土地の大半を所有する地権者売買に向け一定の合意に達したとの報道があった。               〔質 疑・意 見〕 ◆(鳥渕委員) 10月5日の部品の紛失について、その後の情報はあるか。

大和市議会 2018-12-04 平成30年 12月 基地対策特別委員会−12月04日-01号

◆(大波委員) 岩国移駐後、ここよりもさらに200キロ遠くなる硫黄島を避けるために、防衛省馬毛島にいろいろな働きかけをして進展があったようであるが、どのように把握しているのか。 ◎基地対策課長 空母艦載機着陸訓練は現在は硫黄島でほぼ行われており、5年に一度ぐらいは厚木基地で行われる状況がある中で、国では、恒常的な訓練施設の選定を進めており、以前から馬毛島候補に挙がっている話は出ている。

大和市議会 2017-12-05 平成29年 12月 基地対策特別委員会−12月05日-01号

要請内容として、空母艦載機移駐を実施するのが1番目にあり、2番目に恒常的訓練施設を確保するとのことで、馬毛島のことだと思うが、国からはどういう説明だったのか。 ◎基地対策課長 10月24日は、厚木基地騒音対策協議会としての要請活動を実施している。この協議会自体は、空母艦載機夜間連続離着陸訓練、NLPを改善していくことを目的としている。

海老名市議会 2017-09-22 平成29年 9月 基地対策特別委員会-09月22日-01号

企画財政課長 今現在、国では恒常的訓練施設という形で、鹿児島馬毛島にそういったものを交渉しているというふうなお話を伺ってございます。そういった恒常的訓練施設ができて、岩国空母艦載機が全て移駐されたというところでは相当程度軽減が期待されるのではないかというところで、我々も期待しているところでございます。

大和市議会 2017-06-21 平成29年  6月 定例会−06月21日-03号

3、岩国基地周辺馬毛島での移駐反対基地化反対の運動が起きていることについてどういった認識でいるのでしょうか、お伺いします。  最後に中項目4、基地機能の縮小について伺います。  大和市は昭和60年、1985年に大和平和都市宣言を発表しました。2014年には日本非核宣言自治体協議会にも加盟をしています。

大和市議会 2016-12-02 平成28年 12月 基地対策特別委員会−12月02日-01号

艦載機移駐について、当初2014年としていたものが、2017年めどとなり、先日は馬毛島についての報道があった。市はどのように把握し、どう考えているか。 ◎基地対策課長 夜間を含めた艦載機着陸訓練について、硫黄島が暫定施設として使われているが、これにかわる恒常的な訓練施設として、国は馬毛島検討対象として調整を進めていると聞く。先般、馬毛島用地買収等最終調整段階に入ったとの報道があった。

相模原市議会 2016-03-18 03月18日-04号

国におきましては、工事予定訓練施設整備のため、鹿児島西之表市の馬毛島候補地として、現在、航空測量調査地元自治体等との協議が行われているものと承知しているところでございます。市といたしましては、県及び厚木基地関係市とともに訓練施設早期整備を求めているところでございまして、引き続きその動向に注視してまいりたいと考えております。 次に、学校行事等に係ります騒音被害対策についてでございます。

大和市議会 2016-03-04 平成28年  3月 基地対策特別委員会−03月04日-01号

あるいは、移駐した場合に夜間訓練基地となる馬毛島訓練予定地は訓練できるように整備ができているのか、できる可能性があるのか等、一つ一つどういう状態なのかわからない。市が具体的に調査して、こういう状況だから大丈夫だという確実な情報でないと、また3年も延びると言われたら大変であるが、その辺はどうか。 ◎基地対策課長 具体的な部分も、移駐協議会説明はされている。

大和市議会 2014-12-04 平成26年 12月 基地対策特別委員会−12月04日-01号

活字にはなっていないだろうが、今政府が狙っているのは馬毛島で、種子島や屋久島の首長も議会も反対している。同様なことを本市の基地対策協議会が言外に想定して要請することは果たして妥当なのか。  普天間基地沖縄だけの問題ではない。翁長知事建白書の立場で保守も革新も一緒になって県知事選を戦ったのである。これは沖縄だけの問題でなく日本国民の問題であるが、残念ながらそのような認識になっていない。  

座間市議会 2014-03-14 平成26年基地対策特別委員会( 3月14日)

特定政策推進室長  今回、馬毛島移設問題に対する関係市としまして、西之表市、中種子町、南種子町、屋久島町の1市3町になります。  以上です。 ○安海委員  これは前回報告のところでも受けていましたけれども、全部馬毛島の中の1市3町ということでしょうか。 ○特定政策推進室長  そのとおりです。 ○伊田委員長  ほかに。

大和市議会 2014-03-05 平成26年  3月 基地対策特別委員会−03月05日-01号

その内容は、1、1月23日、岩国基地における海兵隊部隊施設整備が完了し、日米合同委員会にて施設の受け渡し、2、同時に、空母艦載機移駐等に関する事業推進チーム作業進捗状況報告、3、恒常的訓練施設として馬毛島について進める努力をしている旨、説明があった。  岩国基地は、米海兵隊第12海兵航空群基地である。

座間市議会 2013-12-20 平成25年第4回定例会(第5日12月20日)

また、「恒常的訓練施設についての方向性について何らかのやりとりはあったのか」との質疑に、当局から「厚木基地騒音対策協議会要請の中では具体的な話はなかったが、厚木飛行場からの空母艦載機移駐等に関する協議会の中で、FCLP等移設場所として馬毛島の話があり、防衛省地元自治体議会との協議会を設立しているとのこと」との答弁がありました。  

座間市議会 2013-12-13 平成25年基地対策特別委員会(12月13日)

前回基地対策特別委員会のときに基地問題に関する要望ということで、同じく小俣副市長森田室長神奈川基地関係県連絡協議会として要望をお出ししている中に、恒常的な訓練施設としては馬毛島検討対象ですという防衛省からの回答がありました。今回はこの恒常的訓練施設についての方向性というような部分回答はまとめの中にはないのですけれども、これに関して何かやりとりはあったのでしょうか。

座間市議会 2013-09-19 平成25年基地対策特別委員会( 9月19日)

FCLP恒常的訓練施設については、鹿児島県の馬毛島検討対象であると考えている。オスプレイにつきましては、防衛省としても、引き続き安全面への最大限の配慮を申し入れていく。オスプレイ厚木飛行場使用に関する事前情報提供については、事前情報収集に努め、情報提供を可能な限りしっかりと行いたいと思っている。よろしくご理解いただきたい」という内容でございます。  

座間市議会 2013-06-17 平成25年基地対策特別委員会( 6月17日)

次に、恒常的訓練施設進捗状況等について、鹿児島県の馬毛島検討しており、自治体、それと地権者との調整を行っているというような報告を受けております。それと、厚木飛行場周辺住民及び自治体負担軽減について、国のほうから説明がございました。それと、2番としまして、自治体からの発言としまして、以下のとおり副市長等から意見が出たものでございます。  すみません。

  • 1
  • 2