28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

厚木市議会 2018-03-01 平成30年第1回会議(第3日) 本文 2018-03-01

ちなみに、田村さんは、横浜市の飛鳥田市政のもとで進められた6大事業を実現するためには、縦割り組織では事業化が困難だったため、飛鳥市長に招聘された方であります。なお、飛鳥市長は厚木市の生まれだそうです。  私が申し上げたいことは、まちづくりという言葉の意味を十分に理解して使っていただきたいということであります。そして、これをなし得るためには、縦割り組織を改めることであります。  

横浜市議会 2015-05-29 05月29日-09号

飛鳥細郷市長時代横浜発展に大きく寄与した事業であり、今ではそれを否定する人はいません。しかし、当時は一部に反対もあった。でも、やり遂げたからこそ今の横浜があるわけであります。(「いやいや借金だらけ」と呼ぶ者あり)今回の新市庁舎の整備も将来の横浜発展するための重要な投資であり、今だからこそ、いや財政的には今が最後のチャンスと捉えるべきであるかもしれません。

厚木市議会 2014-12-04 平成26年12月定例会(第4日) 本文

当時、飛鳥市長は、1万人の市民集会を開いて、市政のあり方を考えようと提案した。そこには鳴海さんと、そのほかにまたメンバーが出てくるのですが、6大事業構想に着手した。1つ目横浜ベイブリッジ2つ目みなとみらい21、3つ目港北ニュータウン4つ目市営地下鉄5つ目金沢地先埋め立て6つ目高速道路の建設で、実現に20年から30年かかりました。

茅ヶ崎市議会 2014-02-27 平成26年 3月 第1回 定例会−02月27日-03号

または、さまざまな施策に行き過ぎがありますと、飛鳥市政のように非常にバランスの悪い形態になるという事例もあるわけでございます。こういったことを踏まえまして、市長の御所見を伺っておきますので、御回答をいただきたいと思います。  以上で1問目の質問を終わらせていただきます。御答弁のほどよろしくお願いいたします。 ○広瀬忠夫 議長 市長、御登壇願います。                  

海老名市議会 2013-09-19 平成25年 9月 第3回定例会−09月19日-04号

内野さんの市長職を見ていると、私は横浜で生まれ育っているということもあって、飛鳥一雄さんを思い出すのですね。あの方は、横浜会議員から市長職昭和38年から約15年間、横浜市長として横浜市政をリードされた方です。当時、社会党であります。革新市長としてリーダー的な存在でした。

座間市議会 2012-12-07 平成24年第4回定例会(第4日12月 7日)

ちょうど戦車闘争も、ベトナム戦争で傷ついた戦車を修理をしてまた戦地に送るということに対して、当時の横浜飛鳥雄市長が、村雨橋の構造上の関係からストップをかけた。1972年の8月から、いわゆる昭和47年の8月から11月で、100日の相模補給厰前での座り込み戦車闘争がありました。私は9月で初当選をして、当時ぽんこつの車を7万円で買って持っていましたから、当時車を持っている人は少なかったのです。

愛川町議会 2011-12-05 12月05日-02号

例えばの例で言うと、よく私のところへ見えた人に飛鳥さん、皆さん知っているかと思うんですけれども、飛鳥さんですね。それから、商工会議所の会頭の人とか、そういう人がよく見えたんです。その人たちを見ていていつも感心するのは、お掃除のおばさんにもにこにこと話しかけて、「ご苦労さんだね、ご苦労さんだね」そうやって歩いている、通っている。 

横浜市議会 2009-12-03 12月03日-13号

横浜市においては、これまで、飛鳥市長は六大事業を掲げて都市インフラ設計図を描き、細郷市長高秀市長インフラを整備してまちづくりを推進しました。そして、中田市長行政改革を進めるとともに市の取り組みを対外的に広く発信をしたというように、歴代市長それぞれが時代時代によって与えられた使命を自覚し、その任を果たしてきたわけであります。 

横浜市議会 2009-02-25 02月25日-02号

よく例示をするのですけれども、みなとみらいを構想したのも早くいえば50年前からということになるわけであって、飛鳥さんのころに一つの計画が出て、細郷さん、高秀さん、そして私という形でどんどんその間に時代は流れてきていて、いまだそれは完成と言える状態にもないわけであります。

藤沢市議会 2006-03-03 平成18年 2月 定例会−03月03日-04号

しかしながら、今、中田市長さんが積極的に企業誘致をしておりますけれども、産業空洞化という点につきましては、京浜工業地帯産業空洞化はもう40年も前からのことでありまして、みなとみらい21の地区につきましては、飛鳥市長の後期の時代から、細郷市長、そして前の高秀市長を経過して、今、中田市長になってきまして、ようやくここに来て実を結んだということになってきているのではないかと思います。

横須賀市議会 2005-11-29 11月29日-01号

ベトナム戦争終盤米陸軍相模補給廠から横浜ノースドックを経由してベトナムへ搬送される予定のM48戦車を、重量オーバーを理由にして、当時の横浜飛鳥雄市長は、東神奈川の村雨橋座り込みにより輸送を阻止しました。本当のねらいは、ベトナム戦争をとめることでしたので、少しでもそれにつながる行動をと考え方のです。

厚木市議会 2000-02-02 平成12年2月定例会(第2日) 本文

選挙管理委員横山義一氏、山内義明氏、加藤國和氏、飛鳥養氏、以上の4人を指名します。  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました4人を選挙管理委員当選人と定めることにご異議ありませんか。    (「異議なし」との声あり)  ご異議なしと認めます。よってただいま指名いたしました4人が選挙管理委員当選されました。    

横浜市議会 1999-03-19 03月19日-04号

私は,飛鳥市長細郷市長そして高秀市長のもとで,微力ではございましたが横浜市政の進展に参画をさせていただきましたことを大変幸せに存じております。これもひとえに先輩同僚議員皆さん方の,あるいはさらに歴代市長を初めとする当局皆さんの温かい御指導,御鞭撻があったればこそであります。改めて心から感謝を申し上げます。 

横浜市議会 1998-12-09 12月09日-14号

(笑声,「待ってないよ」と呼ぶ者あり) ついこの間まで御健在でございましたけれども,飛鳥一雄さんという方がおられた。世界的に有名な横浜市長だった。立派な人だった。あのころは社会党という党があって,全盛ですばらしかったんだけれども,それはおいておいて,あの方は昭和53年の3月に横浜市長をおやめになった。

横浜市議会 1996-05-31 05月31日-05号

顧みますと,私の初当選昭和46年4月でございまして,当時の市長さんは飛鳥さんでございました。選挙区は,南区から新たに分区となり,港南区で統一選挙をいたしました。当時の人口は約9万6,000人,現在では22万人に成長しております。当時の市会の思い出といたしましては,金沢の埋立問題がございます。特に12月の市会は大いに揺れまして,徹夜が2回の議会となりました。

厚木市議会 1996-03-02 平成8年3月定例会(第2日) 本文

選挙管理委員補充員に、第1順位 横山義一氏、第2順位 山内義明氏、第3順位 加藤國和氏、第4順位 飛鳥養氏、以上の4人を指名し、その順位を指定いたします。  お諮りいたします。ただいま議長において指名し、その順位を指定いたしました4人を、当選人と定めることにこ異議ありませんか。    (「異議なし」との声あり)  ご異議なしと認めます。

横浜市議会 1994-05-31 05月31日-07号

これも,ひとえに,先輩そして同僚議員皆さん方,さらには私を支持していただいた多くの市民の方々,そして,飛鳥市長細郷市長高秀市長,それに各行政当局皆さん方,大きな御支持をいただき,改めて心から御礼を申し上げます。ありがとうございました。 今日,横浜市は,330万の人口を擁して,国際文化都市として東京に次ぐ我が国第二の都市発展をいたしました。

  • 1
  • 2