670件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤沢市議会 2019-12-17 令和 元年12月 定例会-12月17日-04号

総務部長(林宏和) 就職氷河世代の正規雇用の採用につきましては、政府による支援プログラムにおきまして、全ての世代の人々が希望に応じて意欲能力を生かして活躍できる環境整備を進める中で、正規雇用で働く人の処遇改善や長期無業者の社会参加を促し、正規雇用者をふやすことを目指し取り組むとしているものでございます。

海老名市議会 2019-12-17 令和 元年12月 第4回定例会−12月17日-02号

ロスジェネ世代、ご質問がありましたけれども、いわゆる就職氷河期と言われる世代の採用については、本市においては、就職氷河世代に当たる正規雇用者に特定した採用は現在行っておりません。しかしながら、年齢層の偏りの解消とか、即戦力となるようなさまざまな経験や実績を持つ社会人経験者の採用は行っておりまして、これは今後も行っていきたいと考えてございます。  

大和市議会 2019-12-16 令和 元年 12月 定例会-12月16日-03号

3点目、正規雇用職員正規化すべきではないでしょうか。  4点目、フルタイム勤務の会計年度任用職員を任用すべきではないかということをお尋ねします。  4番目、外国籍未就学児についてお尋ねをいたします。  文部科学省はことしの5月時点での外国籍子供の就学状況の全国調査の結果を公表しました。

川崎市議会 2019-12-16 令和 1年 第5回定例会-12月16日-07号

2019年7月期から9月期の労働力調査では、正規雇用者2,189万人の7割が女性です。本市においては、キャリアサポートかわさきの2018年度の就業決定者数は490人です。女性の就職決定の人数と、そのうちの正規雇用に結びついた人数、割合、職種について経済労働局長にお伺いします。 ○副議長(花輪孝一) 経済労働局長。

海老名市議会 2019-12-12 令和 元年12月 文教社会常任委員会−12月12日-01号

働かれている方の収入の面が、正規雇用者、正規雇用者の場合、今支払われているお給料よりも下がったりする可能性はあるのでしょうか。 ◎保育幼稚園課長 当然委託事業を行うわけでございますが、そこの入札を落札した事業者が社員の人件費を見ることになりますので、それは公立と民間では変わってくると思います。

三浦市議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会(第1号12月 3日)

三浦市でも、かつては農漁業者、自営業者の割合が多く、経済状況も活発であったのですが、今は無収入年金生活者、正規雇用者の割合が多くなってきています。所得の状況は、2018年、昨年12月の統計で、加入8,083世帯のうち年間所得が100万円以下の世帯、これが3,875世帯加入世帯の47.94%――大体48%、年間所得100万円から200万円の世帯が1,781世帯で22.03%。

川崎市議会 2019-10-04 令和 1年 決算審査特別委員会(全体会 第2日)-10月04日-12号

そのうち正規雇用が145名、契約、派遣、パートの正規雇用は345名、非正規の方は全体の71%になります。2017年度の本市の就業構造基本調査結果では、正規雇用の割合は32.6%ですから、分科会の中で答弁があった正規雇用基本というキャリアサポートかわさきにおいて、正規雇用が71%という数字は余りに高過ぎます。そもそも正規雇用者の数値目標を持たず、正規雇用基本とは言えません。

座間市議会 2019-09-30 令和元年第3回定例会(第6日 9月30日)

次に、議案第51号、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律施行に伴う関係条例の整備に関する条例について、本条例改定は、会計年度任用職員の創設に伴い、所要の他の条文整備とのことでありますが、本提案では、来年4月よりほとんどの非常勤・臨時職員の方々に取ってかわる会計年度任用職員という名称の正規雇用職員の皆さんの具体的な処遇の内容がほとんど示されていない状態での賛否の判断はしかねます。

藤沢市議会 2019-09-27 令和 元年 9月 決算特別委員会-09月27日-02号

◆味村耕太郎 委員 次に、雇用についての基本的な考え方でありますが、雇用については正規職員基本とし、正規雇用については臨時的、一時的業務や、何か合理的な理由がある場合に限定するべきであると思いますが、正規雇用労働者正規雇用労働者雇用形態別の見通しについてはどのようになっていくのか、お聞かせをください。

伊勢原市議会 2019-09-19 令和元年教育福祉常任委員会 本文 2019-09-19

協会けんぽなどの被用者保険は、事業主が保険料の2分の1を負担していることや、国民健康保険は、協会けんぽなどの被用者保険に比べ前期高齢者加入割合が高いことに加え、正規雇用労働者年金生活者などの被保険者が多いため、所得に対する保険税の負担が大きくなっていることは認識しております。  

藤沢市議会 2019-09-19 令和 元年 9月 定例会−09月19日-05号

制度のはざまにある20歳から39歳で末期がんと診断されたこの世代患者は、就学、就労、結婚子育てなど、ライフイベントの変化も大きく、正規雇用の割合も高く、経済的にも余裕がないことが多く、そのような事情から、この世代は最後まで住みなれた自宅で安心して療養を続けられる環境を選択しづらいという現状があります。  

藤沢市議会 2019-09-17 令和 元年 9月 定例会-09月17日-03号

国も、いわゆる就職氷河期に新卒キャリアをスタートしたために、正規雇用の仕事を余儀なくされ、次のキャリア形成に苦労している人たちにフォーカスする就職氷河世代支援プログラムを、経済財政運営と改革の基本方針2019の中で発表いたしました。こちらの円グラフをごらんください。正規雇用371万人、非労働人口219万人、完全失業者33万人を足しますと、600万人超えとなります。

大和市議会 2019-09-17 令和 元年  9月 定例会−09月17日-02号

また、学童保育指導員は子供たちの成長を支える専門性が高い仕事であるにもかかわらず、正規雇用であったり、知識や経験が給与に十分反映されなかったりと、見合った待遇が確保されず、入れかわりも頻繁にしています。  そこで、中項目の1点目、放課後児童クラブの現状について質問をいたします。  小項目の1、今年度の入所状況について伺います。  

中井町議会 2019-09-13 2019年09月13日 令和元年第3回定例会(第5日) 本文

日本全体で少子高齢化が進み、地方人口減少、過疎化に拍車がかかり、正規雇用で働く人々は今や3人に1人を超え、働く人の実質賃金は上がらず、国民の生活は苦しくなっています。  このようなもと、今、地方自治体としていかに住民福祉の増進に取り組むか、そのことが問われます。昨年度、中井町では、母子保健コーディネーターとしての助産師等の配置、所得制限内の第2子保育料無償化などの新規事業が始まりました。  

川崎市議会 2019-09-11 令和 1年 第4回定例会-09月11日-03号

2019年3月改定の神奈川労働局の正社員転換・待遇改善実現プランでは、人手不足による正規雇用から正規雇用移行への流れのある中、正社員求人への転換指導、確保が重要としています。川崎市は、小規模事業所は全事業所の約87%にも及び、人材確保の具体的な支援が求められ、正規雇用への転換と中小企業、小規模事業所の支援を一体とした施策が必要です。