17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

平塚市議会 2020-03-02 令和2年3月定例会(第2日) 本文

特に公明党が主張・推進してきた食料品加工品まで軽減税率8%の実施と、需要変動平準化に対するポイント還元プレミアム付き商品券対策が功を奏し、駆け込み需要反動減は限定的になっています。また、全世代型社会保障制度への構築に向けた幼児教育保育無償化が実現しました。そして本年4月、私立高校授業料実質無償化が始まります。

秦野市議会 2019-10-11 令和元年第3回定例会(第5号・一般質問) 本文 開催日: 2019-10-11

また、需要変動に対する影響程度や最新の経済状況等を踏まえ、令和2年度当初予算においても適切な規模の臨時・特別の措置を講ずることとし、その具体的内容については、令和2年度予算編成過程において検討するとしております。  消費税率引き上げに関しましては、国の施策であるため、本市として申し上げることはございませんが、今後も消費動向物価変動のほか、国や県の動向を注視していきます。  

川崎市議会 2019-09-02 令和 1年 第4回定例会−09月02日-01号

また、国の経済財政運営と改革の基本方針2019においては、10月に予定されている消費税率引き上げへの対応について、消費税率引き上げ前後の需要変動平準化を図り、経済回復基調影響を及ぼさないように取り組むなどとされており、こうした国の動向を注視し、迅速かつ的確な対応を図ってまいります。  

真鶴町議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2日 3月 6日)

このような社会現象、また、10月の消費税率引き上げが予定されている中、引き上げ前後の需要変動平準化しつつ経済回復基調を持続させ、雇用所得環境改善が続き、経済の好循環がさらに進展する中で、内需を中心とした景気回復が見込まれ、また、物価については、景気回復により、需給が引き締まる中で上昇し、デフレ脱却に向け前進が見込まれ、実質国内生産名目国内生産ともプラスの成長、また、消費者物価は上昇すると

伊勢原市議会 2019-03-03 平成31年3月定例会(第3日) 本文

現在の緩やかな景気回復基調が継続するとすれば、雇用状況改善や賃金、一時金の上昇などにより、主たる所得であります給与所得一定程度の増加が期待されますことから、個人市民税収につきましては、横ばいまたは微増と見込んでおり、また、本年10月の消費税税率引き上げに際しての需要変動平準化等の観点から、平成31年度税制改正では、住宅に対する税制上の支援策を講ずることとされておりますことから、一定の新増築家屋分

平塚市議会 2019-03-02 平成31年3月定例会(第2日) 本文

国では、我々公明党が主導してきた全世代型の社会保障制度への転換に向けた幼児教育保育無償化社会保障充実策、また、消費税率引き上げに伴う需要変動平準化するためのポイント還元プレミアム付き商品券などの対策、そして防災国民経済、生活を支える重要インフラ機能維持を図るための防災減災国土強靱化のための3カ年緊急対策などを柱とする平成31年度予算が審議されています。

海老名市議会 2019-03-01 平成31年 3月 第1回定例会−03月01日-02号

また、待機児童対策は地域の需要変動を見きわめながら進めてまいります。「住みたい、住み続けたいまち海老名」の実現に子育て支援策充実は必要不可欠であり、しっかり取り組んでまいります。つい最近、住みたい街ランキングで25位になりました。昨年は26位でありましたけれども、1位上がりました。これも1つにはそういった具体的な取り組みが評価されていると思っています。  

厚木市議会 2018-06-07 平成30年第2回会議(第3日) 本文 2018-06-07

そのリスク負担の中には需要変動というのがございます。具体的には利用者の増減による利用料金変動、このリスク指定管理者側リスクとされております。ですから、もし減って、利用料金収入が減ればそれは指定管理者負担となる、逆に企業努力によって利用者がふえて利用料金がふえた分については全て指定管理者収入になるという形で基本協定を結んでおります。  

伊勢原市議会 2015-12-02 平成27年12月定例会(第2日) 本文

なお、指定管理者との基本協定により、施設管理運営に必要な経費は、指定管理者農園利用料金から全てを賄うことになっておりまして、需要変動による収入の減少は、指定管理者自己負担ということになります。  また、利用料金の値下げにつきましては、農園利用者からの要望はあることは承知しております。

三浦市議会 2012-12-03 平成24年第4回定例会(第1号12月 3日)

内容は、この冬の電力需給見通しは、厳冬となることを想定した上で、いずれも瞬間的な需要変動対応するために必要とされる予備率3%以上を確保できる見通しであるが、火力発電所等計画外停止が発生するリスクがあり、予断を許さない状況であることを踏まえ、数値目標を伴わない節電を要請する。ただし、被災地高齢者等の弱者に対して無理な節電を要請することがないよう配慮を行う、とありました。

川崎市議会 2011-12-16 平成23年 第5回定例会-12月16日-06号

上下水道事業管理者平岡陽一) 平間配水所などの災害時における活用についての御質問でございますが、平間配水所につきましては、工業用水使用者需要変動対応するため、水量及び水圧調整機能を担う工業用水道事業基幹施設でございます。こうしたことから、危機管理上、セキュリティ確保をすることが大変重要でございますので、一時避難場所として活用することは難しいものと考えております。

川崎市議会 2006-09-27 平成18年 決算審査特別委員会-09月27日-05号

江井茂 水道局長 給水能力配水量の乖離についての御質問でございますが、平成22年度の給水能力52万立方メートルは、責任消費水量制であることに加えて、時間による大きな需要変動対応するため水圧水量調整などサービス水準を維持することもありまして、水道事業から1日4万立方メートルを受水することにより設定するものでございます。  

大和市議会 2004-03-17 平成16年  3月 定例会-03月17日-03号

しかし、これらの利用需要変動が大きく、不安定な状況にあると言われております。そのため農林水産省では、平成6年度より廃食用油需要開拓緊急推進事業を展開し、廃食用油を用いたディーゼルエンジン燃料の製造を検討してきたと言われております。また、平成9年度より廃食用油高度利用検討推進事業に引き継ぎ、さまざまな試験、研究を行ってきています。

  • 1