43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大和市議会 2020-09-17 令和 2年  9月 定例会−09月17日-03号

今後も電力事業などの関係機関連携を図りながら、停電対策の強化に努めてまいりたいと考えております。  3番目、市庁舎のエレベーターの稼働について御質問がありました。1点目、コロナ禍の中での節電対策についてと、2点目、コロナ対策及び利便性向上のための3台稼働について、3点目、3密対策としての人数制限につきましては、関連がございますので一括してお答えいたします。  

相模原市議会 2019-12-19 12月19日-06号

電力事業から送電線経路図提供を受けており、送電ルートの名称や鉄塔番号の位置を把握するなど、電力事業情報共有を図っております。また、送配電網状況につきましては、市内2カ所の変電所からおおむね8万500本の電柱を経由し、御家庭事業所供給されております。 次に、市内電力供給状況についてでございます。

相模原市議会 2019-09-27 09月27日-06号

古井隆一危機管理局長兼危機管理監 電力事業等との協定の締結についてでございますが、今回の台風第15号では電線等への倒木などの支障物除去に時間を要したことから、停電復旧が大幅におくれたものと承知しております。今後、本市における被災現場での経験から把握した課題の整理、検証国等によります検証結果などを踏まえながら、電力事業等との適切な連携方法について検討してまいりたいと考えております。 

藤沢市議会 2019-09-18 令和 元年 9月 定例会−09月18日-04号

◆36番(松下賢一郎 議員) マッチングに向けた今後の取り組みや方針など、今御答弁をいただきましたけれども、我が国の電力を取り巻く環境の変化として、2016年以降、電気小売業が全面自由化されたことによって、新たな小売電気事業者、いわゆる新電力事業一般家庭向け電力小売に参入できるようになりましたが、このような新電力事業地域を絞った企業活動を行っている事業者地域電力と呼ばれ、このうち、自治体

相模原市議会 2018-11-28 11月28日-02号

また、日ごろから、電力事業との連携が非常に大切と考えます。具体的にどのような連携を図っているのか、取り組みについてお伺いします。 次に、電力供給体制の見直しも必要となりますが、再生可能エネルギーを軸とした分散型電源が注目される中、現在では、本市でも分散型電源といわれる太陽光などの再生可能エネルギーや蓄電池などが普及しています。

相模原市議会 2018-09-26 09月26日-06号

次に、市内電力供給状況計画停電についてでございますが、電力供給につきましては、電力事業により複数の送電線ルートが設置され、一つルートが使用できない場合においても他のルート送電ができるよう整備されているものと承知しております。また、計画停電につきましては、災害時における市役所の機能の維持を図るとともに、市民生活への影響を最小限にするよう、電力事業に要請してまいりたいと考えております。 

藤沢市議会 2016-06-22 平成28年 6月 定例会−06月22日-05号

私たちの身近な暮らしの中では、この4月から電力小売全面自由化がスタ−トし、全ての消費者電力事業料金メニューを自由に選択できるようになりました。値段で選ぶことも、環境に優しいエネルギーを使う業者を選ぶことも可能になったわけです。  そこで、この電力小売全面自由化について、4月以降の状況や市の対応などについてお聞きします。 ○副議長(塚本昌紀 議員) 金子環境部長

平塚市議会 2016-06-03 平成28年6月定例会(第3日) 本文

PPS(新電力事業は、東京電力などの送電線を使用して、託送という仕組みで自社が販売する電力送電、配送を行う電力会社です。2000年の規制緩和によって高圧受電施設でこのPPSからの購入は可能となり、平塚市は2005年度に競輪場で導入したのを皮切りに導入施設を広げ、市の施設で導入可能な105施設中、平成27年度には93施設、約89%で使用しています。

茅ヶ崎市議会 2016-03-08 平成28年 3月 予算特別委員会−03月08日-03号

環境事業センター所長 県内でも企業庁を初め横浜市、相模原市、藤沢市の特定規模電力事業との契約解除が紙面で騒がれている。それらの情報については既に昨年5月に経済産業省から納付状況の公表とのことで発表されており、本市もそれら情報をいち早く把握し、本課で参加している電気主任技術者会などの中で情報を把握することによって、平成28年度以降また入札にて応札業者選定を慎重に進めていきたい。

三浦市議会 2015-12-02 平成27年第4回定例会(第1号12月 2日)

電力事業からのPR等も活発になると思いますし、国・県と連携した動きをとらせていただくということになろうと思いますので、十分注意していきたいというふうに思います。  トライアルステイについてでございます。応募状況につきましては担当部長から答弁をさせますが、新しい考えを生むですとか検討する場をつくったらどうかというご指摘でございます。

三浦市議会 2014-12-12 平成26年総務経済常任委員会(12月12日)

電気料金の支払いは引き続き市が電力事業に支払うということになりますので、トータル比較は、ベースは同じということになります。 ○中谷博厚委員  電気料金は市が支払うという感じなんですか。そうすると、この年間1,300万円の10分の1という部分では、維持管理費修繕費という考えでよろしいですか。

中井町議会 2013-09-04 2013年09月04日 平成25年第3回定例会(第1日) 本文

まず神奈川県は、スマートエネルギー構想推進等の全体の調整役としてですね、公社の保有地、それから一部地権者等もおられますから、この32ヘクタールの土地無償で借りると、その土地神奈川県が新たに立ち上げる電力事業ここに無償で貸し出す、これが県の役割であります。メガソーラーには約20ヘクタールの用地を必要としております。  

平塚市議会 2013-03-03 平成25年3月定例会(第3日) 本文

ア、PPS電力事業選定に当たって。  これまで、平塚市は公共施設電力を東電からの供給からPPS事業者へと転換を進めてきました。平成17年度に競輪場に導入したのを初め、平成24年度には市の公共施設高圧受電施設106施設中56施設に導入し、平成25年度にも拡大する予定とお聞きしています。PPS事業者導入の意義、平成25年度も含めた取り組み状況課題についてお伺いします。