9740件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茅ヶ崎市議会 2019-06-26 令和 元年 6月 第2回 定例会-06月26日-06号

お礼の品の導入により地場産業が活性化して新たな雇用が生まれたりしております。再度お聞きします。今までより効果的に予算をかけて自治体の知名度アップにつながるシティープロモーション、観光促進にこの制度を積極的に活用し、納税額を大幅に伸ばしたらよいと思うが、率直な御意見をお聞きします。  

茅ヶ崎市議会 2019-06-25 令和 元年 6月 第2回 定例会−06月25日-05号

しかし、障害者の法定雇用率も、平成30年4月から0.2%引き上げになるなど障害者の雇用環境は改善しつつあるものの、実際、障害者雇用率を満たしている企業は50%以下との報告もあり、昨年には、国の機関である中央省庁での障害者雇用の水増し問題も発覚するなど、改めて障害者雇用の課題も浮き彫りとなりました。  

海老名市議会 2019-06-21 令和 元年 6月 議会改革特別委員会−06月21日-01号

身分保障もない中で、家族からも理解を得ながら、議員活動をするだけの、その人が人生を賭けるだけの魅力があるのかと考えたときに、報酬は高くして、今、世の中全体が終身雇用ではなくなりつつある中でありますが、そういったところから見ても、例えば4年間やったら平均年収の3倍ぐらい稼げるから、家族のみんなにも理解いただいて、4年間頑張らせてほしいと、その後、落選するかもしれないけれども。

茅ヶ崎市議会 2019-06-21 令和 元年 6月 第2回 定例会−06月21日-03号

雇用形態の違いで非常勤職員への受講の必須化は困難となることは認識しておりますが、ともに「すべて職員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当つては全力を挙げてこれに専念しなければならない。との服務義務に鑑み、受講の依頼をルールにのっとり行うべきと考えます。市の所見を伺います。  (2)ドローンについてであります。  

海老名市議会 2019-06-21 令和 元年 6月 第2回定例会−06月21日-04号

その担当者を非正規雇用ではなく、正規職員として公募し、安定した収集体制をつくるべきです。  その3、735万4000円は資源分別事業費で、剪定枝の資源化への委託費です。RDF固形燃料として資源化するために、剪定枝のみが対象です。当初予定していた草や落ち葉は、砂利などが混入するため、無料の燃えるごみとして透明袋により排出する予定です。可燃ごみの減量化、プラスチックごみの排出に問題を残しました。

茅ヶ崎市議会 2019-06-20 令和 元年 6月 第2回 定例会-06月20日-02号

その加算を使い、十分な安全の確保や、支援の必要な子供や御家庭の支援を行えるよう、保育士を現場で雇用したくても十分に保育士の雇用ができないのが現状でございます。  そこでお伺いをいたします  (1)散歩時の安全確保について。滋賀県の事故を受けて市としてどのような支援をし、今後どのようにしていくかを伺います。  (2)園庭の無い保育園の遊び場の確保について。

平塚市議会 2019-06-20 令和元年 都市建設常任委員会 本文 2019-06-20

この事業を進める効果といたしまして、雇用の創出であったり、あと、地域の情報発信というものを公募設置等指針(案)等でも求めてございますので、例えば地場産品の販売等、そちらにつなげられて地域も潤うというような事業にできたらよいかと考えてございます。  以上でございます。

海老名市議会 2019-06-19 令和 元年 6月 第2回定例会−06月19日-03号

ここでちょっと紹介をさせていただきたいと思いますが、千葉市にある株式会社ファーマーズマーケットというのがございますが、ここでは都市農業を障がい者の雇用の場にするために独自の水耕栽培技術を創出しております。そして同時に、民間企業に障がい者雇用を前提として、農業への参入を促すそういう試みをしているところがございます。

海老名市議会 2019-06-18 令和 元年 6月 第2回定例会−06月18日-02号

働き方改革が言われて久しい昨今ですが、昨年、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律が成立し、その中で、労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を総合的に推進するため、長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保などのための措置を講ずるとされました。

湯河原町議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年06月18日

一般会計補正予算(第1号)は、歳入では、地方創生推進交付金、地方創生拠点整備交付金の交付決定、国の施策であるプレミアム付商品券事業、幼児教育・保育無償化事業に伴う国庫支出金の増額、財政調整のための基金繰入金の増額などについて、歳出では、箱根町との連携による雇用確保支援事業費の増額、プレミアム付商品券事業の補助交付金の増額、幼児教育・保育無償化事業の制度及びシステム構築にかかる負担等の増額などについて

座間市議会 2019-06-17 令和元年都市環境常任委員会( 6月17日)

しましたし、私は資料もいただいておりますけれども、その中で、職員体制に関して、市が見積もった職員体制ですね、この市民交流プラザをどういうふうに運営していくのかというのにどのぐらいの職員が必要かということなのですけれども、当時の資料によると、事務職の正規職員が5名、それからカフェが、正規職員が1人から2人、事務のパートが1人から2人、あと、さらにカフェの運営に関しては、実際アルバイト等をという見積もりで、雇用

中井町議会 2019-06-14 2019年06月14日 令和元年第2回定例会(第3日) 本文

年金生活者や非正規雇用者など低所得者が多くを占め、一方で高齢者の割合が高いため、医療費がかさむ、これが国民健康保険制度の実態です。高過ぎる国保税問題を解決し、国保財政の危機を打開するため、全国知事会は2兆円の国庫負担を要求しています。2兆円国庫負担が入ることで、国民健康保険税の均等割と平等割をなくすことができ、国保加入世帯の所得に対する税負担を健康保険加入世帯並みに抑えることができます。

湯河原町議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年06月13日

雇用支援のプラットフォームを構築し、高齢者が気軽に就労できる機会を増やし、生きがいを持って活躍できる社会の実現の一助としたいと述べられましたが、少子高齢化が進む中、働き手や担い手不足も課題の1つとなっており、これらの解消の手立てとしても、高齢者の就労が1つの手立てと期待する側面もあります。  

湯河原町議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年06月11日

また、小さな商店等でも気軽に求人を募集できる雇用支援のプラットフォームを構築し、元気な高齢者が気軽に就労できる機会を増やし、高齢になっても生きがいを持って活躍できる社会の実現の一助としたいと考えております。  次に、2つ目の柱は、「持続可能な町政運営」でございます。  本町の人口ビジョンによる人口推計では、2035年(令和17年)には、人口が2万人を割り込むという統計データが示されています。

中井町議会 2019-06-11 2019年06月11日 令和元年第2回定例会(第1日) 本文

合計特殊出生率を向上させるためには、きめ細やかな子育て支援、多様な雇用環境の創出などを中心に総合戦略に掲げる事業を推進し、産み育てやすいまちづくりに努めていきたいと考えております。  6点目の「転出抑制と転入促進を図るには、子育て支援の充実より、住宅施策の推進のほうが有効と考えるのか。」

座間市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第4日 6月11日)

そのポイントとしては社会貢献企業であるか、優良工事施工業者であるかということであり、災害時に県民の安全・安心を守る活動に積極的、さらには若手技術者の育成に熱心かなどを重要視し、防災協定の締結、工事評定点、若手技術者の雇用などは特別評価項目として位置づけられ、指名選定業者に追加するとの内容になっており、このいのち貢献度指名競争入札は、災害が発生したときに真っ先にその現場に駆けつけて復旧活動に当たってくださっている