1071件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2021-03-19 令和 3年 第1回定例会−03月19日-04号

委員から、対象となる市内障害施設数について、対象事業者における本条例改正への対応確認方法について、事業者へのアンケートの具体的な実施方法について、改正への対応が完了した事業者側から市に報告させる方法への考えについて、虐待防止具体的取組について、身体的拘束に関する取組変更点について、医療的ケアを必要とする障害児への対応変更点について、感染症対策の強化に向けた具体的取組について、これまでのBCP

川崎市議会 2021-03-02 令和 3年 第1回定例会-03月02日-03号

1月18日、同本部名蔓延期における高齢者障害施設内陽性者入院対応についてとの協力要請を区役所と市内福祉施設に発出し、その後、11月22日(170ページに「1月22日」と訂正)には、長寿社会部長名にて市内高齢者福祉施設管理者及び障害保健福祉部長名にて市内障害児者福祉施設管理者に対して、新型コロナ蔓延期における施設内陽性者入院対応について依頼文を発出しています。

川崎市議会 2021-03-01 令和 3年 第1回定例会-03月01日-02号

今回の問題を契機に、特別養護老人ホーム等高齢者施設にとどまらず、障害施設も含めた福祉施設全般にとって、指定管理者制度の課題がどういったところにあったのかを整理し、しっかりと庁内で議論した上で今後の福祉施策に生かしていくことが重要です。今後の取組を伺います。  次に、議案第16号、川崎市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について伺います。

横須賀市議会 2021-02-26 02月26日-04号

福祉部長植野不二夫) こちらの対象になっている施設は、高齢者施設が132施設障害施設が58施設、合計190施設になりますので、約4割になってございます。 ○議長板橋衛) 大村議員。 ◆13番(大村洋子) 分かりました。全体が190で、75が手挙げをされたということです。年内で3回行うということで、思ったより早い出だしでやっていただいたなというふうに思っています。 

川崎市議会 2021-01-21 令和 3年  1月文教委員会-01月21日-01号

ったのが、織田委員障害者スポーツ施設の話がありましたが、局長は、市長答弁と同じように、同じところに同じようにと、同じというか、障害者健常者も一緒にというふうな考え方でこれからもやっていくようなことなんだろうなと思いますけれども、不思議なのは、計画策定パブリックコメント複数要望があったから、ではつくっちゃいましょうということでありますけれども、複数要望があってこういうことができるならば、障害施設

川崎市議会 2020-12-17 令和 2年 第6回定例会-12月17日-09号

まず最初に、高齢者及び障害施設入所者PCR検査等助成事業、こちらについてお伺いしたいと思います。新型コロナウイルス感染症をめぐり、本市では今月9日に10歳未満から90歳代の男女71人の方の感染が新たに確認されたと発表がありました。昨日も過去最大となる90人の感染が明らかとなりましたが、累計総数も3,000人を超し、さらに増加している状況にございます。

大和市議会 2020-12-14 令和 2年 12月 定例会−12月14日-02号

健康福祉部長目代雅彦君) 登壇〕 ◎健康福祉部長目代雅彦君) 3点目、高齢者施設障害施設における平常時、災害時における対応についてお答えいたします。  高齢者障害者施設におきましては、平常時は消防法などの関係法令の規定に基づき、非常災害に対する計画を定め、定期的な訓練の実施、また、感染症の流行に備えて徹底した衛生管理を行っております。

川崎市議会 2020-12-14 令和 2年 第6回定例会-12月14日-06号

デイサービスやデイケア、障害施設への送迎時における車椅子乗車安全対策について健康福祉局長に伺います。ふだん車椅子に乗って生活している方は、福祉車両車椅子に乗ったままの状態で乗り込みます。車椅子生活用に作られていて、大方の車椅子にはヘッドレストもなく、シートベルトとも相性が悪く、肘かけなどがあると車の座席でシートベルトをするようには体に密着しません。

川崎市議会 2020-12-11 令和 2年 第6回定例会−12月11日-05号

障害施設においては、障害者の人権の保障、一人一人に合った質の高いサービスを提供するためには、行政責任を持って関わらなければなりません。しかし、指定管理で行われていた四半期ごとセルフモニタリングと年1回の実地監査から、民設化により障害者総合支援法によるおおむね3年に1回の実地指導で済むなど、監督指導が弱まり、行政責任が後退することが危惧されます。

座間市議会 2020-12-07 令和 2年第4回定例会(第4日12月 7日)

これまでも、座間障害者団体連合会座間市小規模障害施設等連絡協議会からも事業所外での実習先確保についてご要望をいただいております。しかし、職場体験を庁内で行うには、職員の配置や業務内容から、現状では困難と判断をしています。今後も団体等の希望を聞きながら、時期や仕事の内容を精査し、受入れが可能かどうかを引き続き検討してまいります。