2027件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

二宮町議会 2020-09-26 令和2年第3回(9月)定例会(第26日目) 本文

2.減災対策に加え、日常的に町民防災意識を喚起するとともに、後継施設におけ  る防災行動計画タイムライン)を作成されたい。 3.義務教育の根幹をなす学校教育予算を確保し、教育環境向上を図られたい。 4.育児発達支援において、早期からの療育の質向上を図られたい。 5.地球温暖化対策実行計画地域編を、英知を結集して作成されたい。

小田原市議会 2020-09-16 09月16日-05号

また、この「わが家の避難行動マニュアル」については、住民皆様避難行動に対する意識づけと防災意識向上につなげるため毎年配布し、活用していただくことを計画しております。 以上をもちまして、6番金崎議員の御質問に対する答弁とさせていただきます。 ◆6番(金崎達君) 一定の答弁をいただきました。ありがとうございます。順次再質問をさせていただきます。 

小田原市議会 2020-09-15 09月15日-04号

全ての市民はもちろん、行政民間企業までも含めた、オール小田原防災意識を高めてもらうためには、全ての市民が対象となる、あらゆる災害を想定した防災都市宣言を行うほうが効果的ではないかというふうに思います。 あるいは、防災都市宣言の一環として「気候変動に関する行動目標」などとすることのほうが適切ではないかというふうに思いますが、防災都市宣言に関しての市長の見解を改めて伺いたいと思います。

綾瀬市議会 2020-09-02 09月02日-01号

中段の17目災害対策費でございますが、本市が実施しております防災減災対策につきましては、特に防災意識向上避難所の質の向上テーマとして取り組んでおり、防災意識向上では、総合防災訓練防災講演会実施し、自分の身は自分で守る自助や、地域で協力して対応する共助の意識をしっかりと啓発していく事業を行っております。

藤沢市議会 2020-06-24 令和 2年 6月 定例会−06月24日-05号

今後につきましても、災害特性リスクが類似する地区ごと避難行動取組等について、情報交換意見交換機会等を設け、地区状況に合わせた避難在り方についての意識づけを行いながら、市民防災意識向上自主防災組織活動のより一層の活性化が図れるように努めてまいります。 ○議長(加藤一 議員) 平川和美議員

綾瀬市議会 2020-06-18 06月18日-03号

また、本市が実施しております防災減災対策につきましては、特に防災意識向上避難所の質の向上テーマとして取り組んでいるところであります。防災意識向上では、総合防災訓練防災講演会実施し、避難所の質の向上では、昨年度より5年計画で一次避難所へのマンホールトイレ設置を進めるとともに、今年度は、避難所での生活を余儀なくされた方が入浴できるよう、移動式仮設風呂を導入することになってございます。

川崎市議会 2020-05-27 令和 2年  5月まちづくり委員会-05月27日-01号

それから、住民皆さんにとって、減災対策という部分でいくと、土のうステーション設置とか、タイムライン確立防災意識向上取組ということで、これも報告のときに少し触れさせていただいたんですが、土のうステーション設置地域皆さんと協議をして決めていかなければいけないという中で、こういった対策コロナ影響で、ここにスケジュール感で示されているものから、緊急事態宣言は解除になりましたから、今後、地域

川崎市議会 2020-04-21 令和 2年 第2回臨時会-04月21日-01号

7、ソフト対策でございますが、資料右上の短期対策内容といたしまして、各地域におけるタイムライン確立防災意識向上取組などを進めてまいります。  16ページを御覧ください。(2)中長期対策方針でございますが、主な内容といたしまして、ア、地域防災力向上取組に向けた検討、実施として、町内会自主防災組織等地域と連携して地域防災力向上に向けた取組を進めてまいります。

川崎市議会 2020-04-16 令和 2年  4月総務委員会-04月16日-01号

(3)地域力活用についてとして、これまでの他都市の事例からは、防災意識の高い地域では、行政からの避難所運営の要請がなかったことが市民のモチベーションを低下させたという報告がある。今回の検証結果を踏まえ、避難所在り方について、行政だけでなく地域と一緒に考えていく方策を検討してもよいのではないか。  

川崎市議会 2020-04-09 令和 2年  4月まちづくり委員会-04月09日-01号

対策方針といたしましては、庁内における情報伝達役割分担住民への情報伝達手法確立地域ごと避難勧告の発令などに着目したタイムラインの策定、地域住民防災意識向上に向けた取組としております。  これに対して、第三者の主な意見といたしましては、ハード対策で全て対応していくのは困難などでございました。  

川崎市議会 2020-04-09 令和 2年  4月総務委員会-04月09日-01号

危機管理室では、危機に係る調査、計画及び調整防災会議地域防災計画訓練実施市民への防災意識啓発などに関する事務を行っております。  次に、東京事務所では、国をはじめその他関係機関との連絡調整や市政に関連ある情報の発信や資料の収集などを行っております。  なお、総務企画局所管福利厚生団体及び出資法人を記載してございますので、後ほど、御参照いただきたいと存じます。  

厚木市議会 2020-03-19 令和2年第1回会議(第4日) 本文 2020-03-19

過去の災害と歴史から防災意識を高めることは肝要なことであります。東京都を中心とする首都直下地震は、今後30年以内に70%の確率で起きるとされています。災害自分の身、市民の身に降りかかることを考え、しっかり議論を交わし、後世に残す安心・安全な社会基盤づくりを先行することが必要であると考えます。  議会は市民の生命、財産を守り、民主主義の場でもあります。

海老名市議会 2020-03-17 令和 2年 3月 予算決算常任委員会総務分科会−03月17日-01号

今後の販売見込みについてですが、昨年は販売開始前に豪雨災害があったことから、市民皆様防災意識が非常に高まりまして、一時的に需要が爆発的にふえたといいますか、そういう感じであったのですけれども、平成30年度や現在の購入希望推移、今のところ、2月、3月については10件以下の申し込み状況です。現在も申し込みを受け付けておりますが、推移的には10件以下で動いております。

川崎市議会 2020-03-16 令和 2年  3月まちづくり委員会-03月16日-01号

次に、③地域住民防災意識向上に向けた取組でございます。タイムラインを効果的かつ持続的なものとするため、住民方々災害時に命を守る行動意識していただけるよう、地域と連携した取り組みを検討してまいります。具体的には、水害リスク等の周知や、住民方々に作成していただくマイタイムライン普及啓発といった地域と連携した取り組みを検討してまいります。

藤沢市議会 2020-03-13 令和 2年 2月 予算等特別委員会-03月13日-03号

◎中尾 防災政策課主幹 ハザードマップにつきましては、市のホームページなどでその重要性活用方法を周知して防災意識向上に努めてまいりました。  今後につきましては、今ちょっとお話があったように、市民センターなどの各施設管理者意見などもお伺いしながら、有効的な防災に関する啓発方法を検討してまいりたいと思います。

川崎市議会 2020-03-12 令和 2年 予算審査特別委員会−03月12日-04号

奥澤豊 建設緑政局長 洪水ハザードマップについての御質問でございますが、配布状況等につきましては、区役所窓口防災訓練等で、これまで約16万部を配布しており、市民防災意識向上に努めております。ホームページ閲覧件数につきましては、台風が通過した昨年10月12日に約54万件、翌日13日に約8万件のアクセスがございました。

川崎市議会 2020-03-11 令和 2年 予算審査特別委員会-03月11日-03号

次に伺いますけれども、台風19号の被災地である多摩区は、浸水地域土砂警戒地域への警戒感が強く、防災意識が高まっている反面、不動産売買への影響も出始めております。これは多摩区に限ったことではございません。武蔵小杉が住みたいまちランキングの9位から20位に大きく順位を下げたことでも明らかでございます。