142件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

相模原市議会 2020-12-18 12月18日-07号

この安全対策は、国の防災安全交付を充てることも可能と承知していますので、今後、それらを活用し、取り組む必要があると考えますが、見解を伺います。 引き続きまして、木もれびの森は、近年はキアシドクガの大量発生、台風などによる倒木、高木化した樹木の問題など、様々な課題があることは承知しています。コロナ禍にあっても、3密を回避しながら、多くの皆さんが散策や健康づくりなど楽しんでいただいています。

茅ヶ崎市議会 2020-12-14 令和 2年12月 第4回 定例会−12月14日-03号

このような対応の他市事例として、町田市が国からの防災安全交付活用し、無停電LED照明装置を使用した「消えないまちだ君」を開発し、採用した実績があります。また、この町田市の開発品利用し、日野市、海老名市、稲城市、和泉市なども採用実績が広がっています。本市においても、道路灯LED化に合わせて無停電化の検討をすべきかと思いますが、本市見解を伺います。  

三浦市議会 2020-12-10 令和 2年総務経済常任委員会(12月10日)

地方創生推進交付金新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金防災安全交付、道路メンテナンス事業補助金社会資本整備総合交付金減額学校施設環境改善交付金追加です。  県支出金1,530万円の追加は、障害者自立支援給付費等負担金障害児施設措置費給付費等負担金追加療養介護医療費負担金、子どものための教育保育給付費負担金児童手当負担金減額

大和市議会 2020-09-17 令和 2年  9月 定例会−09月17日-03号

また、防災減災、安全を実現する整備計画に対する国土交通省防災安全交付活用もできることから、活用しての導入も考えられます。  そこで中項目1、災害発生時における避難生活施設停電対策についてお伺いいたします。  中項目2、無停電LED照明設置について、小項目1点目、公園への無停電LED照明設置についてお伺いいたします。  

三浦市議会 2020-03-12 令和 2年度予算審査特別委員会( 3月12日)

鈴木正美道路整備グループリーダー  まず、防災安全交付、国庫補助事業活用して行う事業としては市道19号線の舗装の打換え、こちらを延長300メーター予定しております。それと、市道14号線、初声小学校の付近にございます旧学童保育ひまわりクラブ前にあります歩道の拡幅整備に伴います、用地買収を行う予定でおります。

二宮町議会 2020-03-08 令和2年第1回(3月)定例会(第8日目) 本文

土木費国庫補助金防災安全交付防災安全交付狭あい道路整備等促進事業交付金、及び社会資本整備総合交付金住宅リフォーム等助成事業他)は国の交付決定を受け、配分額が減少したことに伴い減額するものです。  教育費国庫補助金教育総務費補助金特別支援教育就学奨励費補助金は、受給対象者が当初見込みより減少したことに伴い減額するものです。  

座間市議会 2020-03-04 令和 2年予算決算常任委員会企画総務分科会( 3月 4日)

危機管理課長  交付金活用することになった経緯ですが、神奈川県砂防海岸課から社会資本整備総合交付金防災安全交付ですが、これに係る効果促進事業について、令和2年度ハザードマップ作成予定の有無の照会がありました。この交付金を要望したい旨を回答し、予算化となったものです。

横浜市議会 2019-10-16 10月16日-13号

また、防災安全交付を国に申請していることは評価しますが、これが仮に適用されても屋根の修繕に最大で30万円の支給です。これでも再建するには足りません。災害の実態を一番よくつかんでいる地方自治体がその被害に寄り添い、国の制度がなければつくるように要望すべきだし、国がやらないのであれば市独自にでも救済制度をつくるのは当然だと思います。

平塚市議会 2019-10-02 平成30年度 決算特別委員会 本文 2019-10-02

またあわせまして、こちらの事業は国の防災安全交付活用しておりまして、そちらの配付状況に応じて対象とする橋りょうをその中で選んで実施するため、配付状況が少なかったため、安くなっております。  続きまして橋りょう長寿命化修繕事業、こちらにつきまして6800万円から約1億円になっている理由でございます。こちらも国の防災安全交付活用しております。

川崎市議会 2019-09-26 令和 1年 決算審査特別委員会(まちづくり分科会 第2日)-09月26日-09号

齋藤正孝 庶務課長 国庫補助金についての御質問でございますが、建設緑政局関係事業における市要望に対する内示率でございますが、国庫補助事業は、主に社会資本整備総合交付金防災安全交付などがございまして、近年では、防災減災国土強靱化などの事業に対して重点的に配分されている状況でございます。

川崎市議会 2019-09-19 令和 1年 決算審査特別委員会(総務分科会 第1日)-09月19日-02号

森真二 危機管理室担当課長 国庫補助金活用についての御質問でございますが、市内一級河川本市事業主体となって治水対策を実施している五反田川及び平瀬川支川につきましては、国土交通省防災安全交付事業都市基盤河川改修事業活用し、準用河川である三沢川及び麻生川につきましては、総合流域防災事業活用して整備を進めているところでございます。