12029件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

逗子市議会 2049-12-08 昭和61年 12月 定例会(第4回)(s 61.12.08〜s 62.02.10)-目次

防災行政について   4. 保健医療施設等の整備及び高齢化社会への対応策について   5. 仮称第六小学校建設について  一般質問                堀内愛治議員………………………248   1. 昭和62年度市税歳入について   2. 売上税について   3. 教育費について  一般質問                奈良弘司議員………………………255   1. 

茅ヶ崎市議会 2019-09-30 令和 1年 9月 第3回 定例会−09月30日-05号

議案第95号工事請負契約の変更についてにつきましては、防災行政用無線(同報形)デジタル化更新工事請負契約について、労務単価の上昇に伴い契約金額を増額するため、提案いたした次第でございます。  続きまして、諮問第1号及び諮問第2号、公の施設を利用する権利に関する処分に対する審査請求についての提案理由を御説明申し上げます。  

茅ヶ崎市議会 2019-09-30 令和 元年 9月 総務常任委員会-09月30日-01号

分開会 午後4時43分閉会 2 場所   全員協議会室A 3 出席委員   青木浩委員長、水本定弘副委員長   中野幸雄・杉本啓子・山﨑広子・岸正明・柾木太郎の各委員   水島誠司議長 4 説明者   塩崎副市長、岸副市長   秋津総務部長、瀧田行政総務課長佐野行政総務課主幹、木村職員課長、   大滝文書法務課長、青柳財政部長、沼井用地管財課長、根岸契約検査課長、   若林市民安全部長、岩井防災対策課長

湯河原町議会 2019-09-30 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年09月30日

この厳しい情勢の中で、妊婦専用の救急自動車マタニティ・サポート119の運行や、防災コミュニティセンターの完成、ドライブレコーダーの一般車両への普及のための購入費等の補助予約型乗り合い交通ゆたぽん号の実証運行などについては、地域性もありますが、他の自治体に先駆けて実施しておられ、評価するものです。  

茅ヶ崎市議会 2019-09-27 令和 1年 9月 第3回 定例会−09月27日-04号

まず初めに、茅ヶ崎市の子どもたちへの防災対策についてお答えいたします。  市内の防犯対策につきましては、自主防犯活動団体に対しまして、防犯ベスト等の防犯動物品の貸与を初め、防犯ネットワーク会議の開催や、茅ヶ崎・寒川犯罪ゼロ推進会議の街頭キャンペーン等を実施し、日ごろより地域や茅ヶ崎警察署等と連携を図りながら、防犯対策に関する施策を実施しております。

茅ヶ崎市議会 2019-09-26 令和 1年 9月 第3回 定例会-09月26日-03号

2、行方不明者については、その周知を行う防災無線が頻繁に放送されている現状に鑑み、一昨年度及び昨年度における対象者数の推移と防災無線放送自体の抱える課題があれば、その内容について。  3、本日は、議長許可をいただきまして、お手元に大和市海老名市が実施する徘回高齢者向け個人賠償責任保険事業に関する資料を配付させていただきました。

茅ヶ崎市議会 2019-09-25 令和 1年 9月 第3回 定例会−09月25日-02号

市では、各自主防災組織における防災知識の普及、啓発、活動マニュアルの作成、防災資機材の整備等に対し、財政面での補助をしているところでございます。この補助金につきましては、年度当初に補助の対象となる自主防災組織に対しまして、補助内容に関する資料を送付し活用を促しており、その中には、今回御提案をいただきました井戸の掘削につきましても含まれてございます。

座間市議会 2019-09-24 令和元年予算決算常任委員会( 9月24日)

次に、災害対策費の地域防災力向上事業について、「報償費の中に地域防災推進員活動報償がありますが、この年度、推進員は何名でしょうか、伺います。また、地域では、地域防災推進員、自主防災組織消防団と、それぞれが防災減災について活動されております。地域において、法律的には消防団地域の中核とするという位置づけになっております。

湯河原町議会 2019-09-20 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年09月20日

実質公債費比率の増につきましては、防災コミュニティセンターの建設に伴う公債費が増えたこと、将来負担比率の増は、湯河原町真鶴町衛生組合の負担金が増えたことなどによるものでございます。  なお、次ページ以降には、監査委員の意見書を添付してございます。  以上で、報告を終わらせていただきます。

座間市議会 2019-09-17 令和元年予算決算常任委員会企画総務分科会( 9月17日)

43、44ページ、15款県支出金、6目消防費県補助金、1節消防補助金は、備考欄1、市町村地域防災力強化事業費補助金で、消防関係には7事業に充当しています。  45、46ページ、16款財産収入、2目利子及び配当金、1節利子は、備考欄(7)消防施設整備基金利子で、消防施設整備基金の預金利子です。  

茅ヶ崎市議会 2019-09-13 令和 元年 9月 総務常任委員会-09月13日-01号

◆山﨑広子 委員 議案書14ページ、15ページ、款2総務費項1総務管理費目14防災対策費細目30の細々目3地域情報配信システム整備事業費、防災ラジオの経費396万円では何台を購入するのか。 ◎防災対策課長 200台購入の予定である。 ◆山﨑広子 委員 防災ラジオは、先日の台風でもかなり威力を発揮したと思う。1台は幾らか。

湯河原町議会 2019-09-11 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月11日

8款2項2目 防災費の防災基金積立金では、安全・安心のまちづくりや災害時における復旧等に備えるために積立金の増額を、9款5項1目 学校管理費の中学校給食施設等調査事業では、中学校給食の実施方式等の調査・検討に伴う委託料の増額をするものでございます。  25ページをお願いします。  12款1項1目 予備費予備費では、財源調整等に伴い増額をするものです。  以上で説明を終わらせていただきます。

茅ヶ崎市議会 2019-09-10 令和 元年 9月 決算特別委員会−09月10日-02号

こうあったほうがよいとか、マニュアルの作成、他の防災関係の制度に、例えばマイタイムラインなど、それぞれがあらかじめ用意しておくべきことを記しておくとか、他の制度を複合して活用することで、災害対策に備えることは多くの事業にあろうが、本事業を評価したり、附帯意見をつける上で、あれもこれもとすることは、やや難しい印象がある。

湯河原町議会 2019-09-10 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年09月10日

町民体育館、それから観光会館、こごめの湯、美術館の上のところですけど、駐車場からちょっと上に上がった防災倉庫のあるところに灰皿がありましたけども、そういったことで、ちょっと第二種のところで違いがあるんですけども、これはどういったことで違いが出てるんでしょうか。

湯河原町議会 2019-09-10 令和元年第4回定例会 付議事件 開催日:2019年09月10日

                        │         │ └────┴───────────────────────────┴─────────┘ ┌────┬───────────────────────┬───────────┐ │一般質問│      質  問  事  項       │   氏   名   │ ├────┼───────────────────────┼───────────┤ │    │湯河原町地域防災計画

茅ヶ崎市議会 2019-09-09 令和 元年 9月 決算特別委員会-09月09日-01号

確かに、まちぢから協議会の下部団体だと思っている人はいるが、自主防災組織は自主防災組織だから。それをどうするのか。 ○座長 自主防災組織は、かなり地域に根差した、地域特性や自治体単位の活動をしている。 ◆柾木太郎 委員 自主防災組織に言えといっても、自主防災組織はもともとそういう団体だから、それを附帯意見に入れるとおかしくならないか。

茅ヶ崎市議会 2019-09-05 令和 元年 9月 決算特別委員会−09月05日-01号

例えば防災対策課に情報提供をしたり連携をとったり平成30年度はしたのか。 ◎建築指導課長 安全・安心の確保で防災対策のさまざまな取り組みを行った。委員言われたとおり、感震ブレーカーの促進や家具の転倒防止等を進めた。 ◆小磯妙子 委員 進めた実績はいかがだったのか。 ◎建築指導課長 家具転倒防止については33件である。

茅ヶ崎市議会 2019-09-04 令和 元年 9月 決算特別委員会−09月04日-01号

112ページから115ページの目14防災対策費は、防災資機材や防災行政用無線などの整備、自主防災組織育成に要する経費を支出し、支出済額は1億778万1464円である。  114ページから117ページの目15男女共同参画推進費は、男女共同参画推進センターの管理運営や男女共同参画の推進に要する経費1771万4041円を支出した。  

茅ヶ崎市議会 2019-09-03 令和 元年 9月 決算特別委員会−09月03日-01号

◆菊池雅介 委員 地下階、1階、2階からも出入りができ、出入り自由で風通しのいい、茅ヶ崎市として初めて建てた建物であるという観点から、ある意味多世代がいる中で、防犯上、防災上の問題抽出は、設計段階では想定外のこともオープン後に起きていると思う。その点に関して課題が出ていれば伺いたい。