52件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大和市議会 2020-11-27 令和 2年 11月 環境建設常任委員会−11月27日-01号

道路河川管理課長 当該水路は、公図上、明治時代からと呼ばれる赤道、青地と呼ばれる水路敷である。水路敷国有財産であったものの、平成15年前後に本市に一括譲与されたものである。別ルートに下水道管が新設されているため、現状水路機能としての掘り割り形状ではなく、埋め戻された上に立ち木が数本生えている。倒れたエノキはかなり大きかったが、外観的にも、健康状態的にも問題はなかった。

藤沢市議会 2019-12-05 令和 元年12月 建設経済常任委員会-12月05日-01号

──────────────────────────────   陳情 1第18号  字石原谷地域道路整備についての陳情             (現表示:本藤沢三丁目) 【趣旨】  ふじさわ都市計画は,昭和31年12月の議会本会議で決定され,当地は昭和46年~53年に整備されましたが,4975-3及び旧は接続されず,地区避難計画等住民の安心・安全につながっていません。

綾瀬市議会 2019-06-17 06月17日-02号

に同じ ──────────────────────────市政に対する一般質問通告一覧議席番号質問者氏名質問題名会議録 ページ 12井上賢二◯住環境整備について ◯高齢者福祉助成について ◯子育て支援について ◯小中学校いじめについて45~54 19安藤多惠子◯文化共生まちづくりを目指すために ◯青少年の対策について ◯スポーツ公園駐車場について54~65 13佐竹

藤沢市議会 2018-02-20 平成30年 2月 建設経済常任委員会-02月20日-01号

現状認識  地形利用し旧宗教法人境内地として占有状況にある。 【陳情項目一覧 現状課題 1.地域計画として土地整理組合の設立を市に働きかけてください。 2.地域道路路線網整備計画の立案を市に働きかけてください。 3.地域情報共有化は必須の昨今,善行市民センター前向き対応でなかった。   住民意志が,近隣自治会長に反映される,仕組み作りを働き掛けて下さい。

大和市議会 2015-12-18 平成27年 12月 定例会−12月18日-05号

答弁、大正9年、道路認定したときは山の中に通じるがあった。昭和6年の開場当時、ゴルフ場として道路を使うことは法令的にも問題はなく、ゴルフ場開発が行われたと思われる。昭和27年、新道路法に変わったとき、占用行為ゴルフ場は入っていなかったため、是正する事務処理を進めてきた。地権者相模カンツリー倶楽部と行政の合意で廃道、つけかえ行為等をしなければならず、今日まで廃道をかけずにいた。

大和市議会 2015-11-26 平成27年 11月 環境建設常任委員会−11月26日-01号

土木管理課長 大正9年、道路認定したときは、山の中に通じるがあったが、昭和6年当時、ゴルフ場として道路を使うことは法令的にも問題はなかったため、ゴルフ場開発が行われたと思われる。昭和27年、新道路法に変わったとき、占用行為ゴルフ場は入っていなかったため、是正する事務処理を進めてきた。

秦野市議会 2012-03-13 平成24年度予算特別委員会環境産業分科会 本文 開催日: 2012-03-13

そのための通路、ではないのですけれども、農業振興地域ですから、景観的にも非常にいいところ、良好だと思っています。  要望ですが、この情報が具体化したら、地元の管理組合周辺自治会にできるだけ詳細な情報を公開していただきたい。それは、お約束をしていただけますか。

藤沢市議会 2012-02-21 平成24年 2月 善行地区における地域コミュニティ活動事業用地取得に関する調査特別委員会−02月21日-04号

原田伴子 委員 それと、生産緑地から道路を入れること自体は、民間では不可能なので、民間だったらのほうから道路を入れるというふうに以前おっしゃっているわけですけれども、ということは、この鑑定公共買収にしか適用できない鑑定評価という理解でよろしいんでしょうか。 ◎小林 証人 違います。一般的に公共買収の場合には、そういうふうな形の道路を入れることは可能です。

藤沢市議会 2011-08-10 平成23年 8月 善行地区における地域コミュニティ活動事業用地取得に関する調査特別委員会-08月10日-02号

それで、1つには、生産緑地側のほうの国有地のほうから道路へ入れるというのが1つで、あともう一つは、私が後で公図を見たときに、のほうから、そこは市のほうの市道というんですか、それが一部入っていましたので、そこから進入路を入れるか、どちらかしか方法がないと思いました。

秦野市議会 2010-03-18 平成22年度予算特別委員会都市建設分科会 本文 開催日: 2010-03-18

実は、私ども市で管理しているのは、認定道路のほかに法定外公共物である、俗に言う赤道あるいは認定外道路とかいう言い方をしてございますが、これらの道路につきましても約 650キロメートルから 700キロメートルあたりあると推定されております。これらの道路を合わせて約 1,300キロメートルほどを管理しているところでございます。

大磯町議会 2010-03-09 平成22年予算特別委員会( 3月 9日)

認定外というのは町道のもちろん認定してないところ、そういうところの、赤道ということでございます。 ○予算特別委員会委員長清水弘子君)  竹内委員。 ○予算特別委員会委員竹内恵美子君)  123ページのごみ処理費の001のごみ収集運搬事業の13-30可燃ごみ収集運搬委託料、これ全会計説明のときに高齢者へ戸別にという説明がありましたが、この内容をお願いします。  

大磯町議会 2009-11-30 平成21年12月定例会(第 1日目11月30日)

この道路につきましては、元々、いわゆる赤道、昔で言うでございまして、平成8年3月に神奈川県により道路境界が確定され、また平成17年3月には町が譲与を受けまして、所有管理も大磯町となっている道路でございますけれども、今まで未認定となっていた状況であったため、今回認定を行いたいというものでございます。  

茅ヶ崎市議会 2008-06-30 平成20年 6月 第2回 定例会-06月30日-05号

市がつくる道路開発基準に沿わなくてもいいのかと委員から指摘があったが、現在、背後地の中にはその当時からののようなものがあり、それに張りついている建物所有者占用者方々については、建築基準法建築許可がとれない状態になっている。そういう不便を一日も早く解消するという目的では、道路認定をし、道路整備をして居住者方々にライフラインの整備をするのが市の務めと考えている。  

茅ヶ崎市議会 2008-06-17 平成20年 6月 都市建設常任委員会−06月17日-01号

今、中嶋委員からも指摘があったように、市がつくる道路開発基準に沿わなくてもいいのかという指摘があったが、現在、背後地の中にはその当時からののようなものがあり、それに張りついている建物所有者占用者方々については、建築基準法建築許可がとれない状態になっている。

川崎市議会 2008-04-16 平成20年  4月健康福祉委員会-04月16日-01号

◎浅見 保健医療部参事 現状の、いわゆるでございますが、資料3の左上のところに、小さくて申しわけございませんが、色がピンクで表現しておりますが、幾つかのがございます。その中で現状使われているのは、古沢19号線、このが、特に稲城市側の団地の方々が新百合に向かう通勤路のように使われている現状がございます。

平塚市議会 2007-12-13 平成19年 都市建設常任委員会 本文 2007-12-13

また、これ以外にも一般的にはいわゆると言われる、公図上地番が振っていなくて細長い線形で、道というような表記がされている、そういうものの中で道路法が適用されていないものを、認定外道路と言っております。また通称名では、当時の公図が赤色に塗られていたりしたことから赤道と言われているもの、このようなものが認定外道路となっております。  

愛川町議会 2007-09-07 09月07日-04号

手前のところ、既に部長の方でも説明されましたが、資材置き場として広場、ほかのところで活用されていないところに限定した中を払い下げるということでございまして、それ以外のところは法定外公共物としてですね。町がこれ以降も管理していく土地になるということでございます。 以上です。 ○議長(熊澤俊治君) 5番山中正樹君。 ◆5番(山中正樹君) 理解をいたしました。