37件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

伊勢原市議会 2021-03-07 令和3年3月定例会(第7日) 本文

当該路線厚木市との行政界であり、株式会社アマダ北側に隣接する道路幅員3.25mの愛甲石田北口周辺都市計画道路石田小稲葉を結ぶ生活道路であります。現状としましては、道路幅員が狭く、車両の擦れ違い等に苦慮しており、安全確保に支障を来すことから、株式会社アマダの協力を得た上で、平成30年度から事業を進めているものでございます。  計画としましては、計画幅員4.5m、延長約530mでございます。

伊勢原市議会 2020-11-06 令和2年産業建設常任委員会 本文 2020-11-06

集約型都市構造コンパクトシティ・プラス・ネットワークの実現に向け、都市再生特別措置法に基づく立地適正化計画策定、公表のほか、ツインシティ関連道路である(仮称)伊勢原大神軸及び都市計画道路石田小稲葉について、平塚市と共同整備具体化に向けた調査検討等を行っております。また、伊勢原大山インターチェンジ周辺地区立地可能性のある企業の探索とともに、個別企業へのヒアリングなどを行っております。  

伊勢原市議会 2019-09-06 令和元年9月定例会(第6日) 本文

そこで、石田地区においてその役割を担うのが都市計画道路石田小稲葉であると考えます。道路整備されることにより、南北軸の強化が図られ、狭隘な道路の抜け道が解消されるとともに、踏切への車両流入の低減が図られるものと考えますが、この都市計画道路石田小稲葉整備状況及び今後の予定等について伺います。 224: ◯議長舘大樹議員】  土木部長

伊勢原市議会 2016-06-04 平成28年6月定例会(第4日) 本文

そのときの答弁では、拡幅改良必要性は認識しておられることや、根本的な解決策として、230mほど東側計画されている都市計画道路石田小稲葉整備必要性とともに、私から提案させていただいたボックスの進入路待避所を設けることについてといったことを含め、さまざまな方法について検討していく必要があるということでありました。  この質問についての主な論点は、事業実施への具体化の有無であります。

伊勢原市議会 2014-09-19 平成26年産業建設常任委員会 本文 2014-09-19

2件目が高森地区成瀬公民館、同じく西側なんですけれども、3件目が高森二丁目地区の蔵ノ下公園西側、4件目が石田地区にある都市計画道路石田小稲葉南側の戸張川周辺ですね。こちらの4件につきましては、いずれも道路冠水により道路上に汚物が流出したため、路面清掃を行いました。委託費としては4件で合計76万3350円でございます。  

伊勢原市議会 2013-06-06 平成25年6月定例会(第6日) 本文

まず、8ページは、県道606号大島明石線延伸による、都市計画道路石田小稲葉整備要望するものでございます。次に10ページは、大山地区秦野寺山地区を結ぶ県道701号大山秦野線について、観光道路として整備促進要望するものでございます。次に、12ページでございます。日向地区へのアクセス道路である市道1号線を県道に移管し、拡幅等整備促進要望するものでございます。

伊勢原市議会 2013-06-03 平成25年6月定例会(第3日) 本文

こうした中、私が県議時代に取り組んでまいりました県道606号大島明石線延伸につきましては、都市計画道路石田小稲葉整備に関連いたしますので、県において整備を進めていただくよう、平塚市と連携して要望を重ねてまいります。都市計画道路整備推進につきましては、国や県に対して強力な支援をいただくよう、さまざまな機会を通じて要望をしてまいりたいと考えております。  

伊勢原市議会 2013-06-01 平成25年6月定例会(第1日) 本文

都市計画道路石田小稲葉整備事業費につきましても、年度内完了が見込めないことから設定いたしました2119万8000円のうち618万8105円を繰り越しました。  次に、公園維持管理費につきましては、市総合体育館天井改修工事費及び有料公園施設長寿命化計画策定費前倒し計上と合わせて設定いたしました1億7164万3000円を全額繰り越しいたしました。  

伊勢原市議会 2013-03-02 平成25年3月定例会(第2日) 本文

都市計画道路石田小稲葉整備事業の今日までの経過と補正予算額2119万8000円の中身をお示しいただきたいと存じます。  2点目でありますけれども、歳入の中でネーミングライツ料の掲載がございました。こちらは伊勢原野球場でのネーミングライツ料だと思いますけれども、このネーミングライツに伴いますところの看板などの書きかえ、もしくはその他必要な作業があったかと考えます。

伊勢原市議会 2013-03-01 平成25年3月定例会(第1日) 本文

地方債補正内容につきましては、都市計画道路石田小稲葉整備事業費に係る都市計画街路整備事業債の追加に伴い、起債の限度額を変更するものであります。  「議案第15号、平成24年度伊勢原国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)」について。この補正予算は、歳入歳出予算及び債務負担行為補正を行うものです。

伊勢原市議会 2009-09-04 平成21年9月定例会(第4日) 本文

また、円滑な都市活動を支えて、生活者の安全安心な暮らしの確保利便性の向上を図るために、これまでに、都市計画道路石田小稲葉整備愛甲石田駅南口駅前広場の整備市道89号線の整備小田急線立体化横浜伊勢原線整備なども進めてまいりました。土地区画整理事業宅地開発などの開発事業は、道路などの公共施設や上下水道、排水設備等整備と改善につながるものでございます。

伊勢原市議会 2008-06-03 平成20年6月定例会(第3日) 本文

都市計画道路石田小稲葉につきましても、国道246からアマダ方面供用開始をしてございます。国道246号につきましては、歩道拡幅電線共同溝整備が進んでいる状況にございます。また、地域の幹線道路といたしましては、市道58号線歌川橋供用開始平成20年度中に予定しております。

伊勢原市議会 2007-09-19 平成19年都市建設常任委員会 本文 2007-09-19

それから、都市計画道路石田小稲葉整備事業費で、不用額が1357万4543円ございます。その理由といたしましては、当初計画どおり工事を実施いたしましたが、執行残が出たため、不用額処理としたものでございます。  以上でございます。 181: ◯委員小林京子君】  ありがとうございます。都市計画道路3本についてなんですけれども、現在の事業区間終了年度についてお聞きします。

伊勢原市議会 2007-09-03 平成19年9月定例会(第3日) 本文

あと、普通建設事業費の8億7710万6000円の主な事業は何かというお話でございましたけれども、まず内訳を申し上げますと、東部工業団地開発促進事業費として2億9911万5000円、都市計画道路石田小稲葉整備事業費としての1億956万5000円、小学校校舎等改修事業として5198万1000円、市道2117号線の整備事業費として4018万5000円、狭あい道路対策事業費として3597万7000円、

  • 1
  • 2