3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大和市議会 2020-02-26 令和 2年  3月 定例会−02月26日-01号

総務費コミュニティセンター施設整備事業民生費松風園防音設備整備事業衛生費公共施設省エネ推進施設整備事業環境管理センター建物設備等維持管理事務土木費やまと公園改修整備事業教育費文ヶ岡小学校防音設備整備事業中央林間小学校増築事業鶴間中学校防音設備整備事業郷土民家施設整備事業、南部学校給食共同調理場改修事業、10事業につきまして、令和2年度、令和3年度の2か年の継続費として、また

大和市議会 2006-09-06 平成18年  9月 文教市民経済常任委員会−09月06日-01号

◆(高久委員) 郷土民家施設整備事業カヤぶき屋根の補修に800万円もかかっているが、耐用年数はどのぐらいか。 ◎社会教育課長 一般的には、民家としての状態で火を使って、煙でいぶしながら戸のあけ閉めをして空気を動かす条件設定の中で20年と言われているが、普通生活している民家よりも耐用年数は少し落ちてくる。

大和市議会 2005-03-24 平成17年  3月 定例会−03月24日-05号

教育費は、文化的な街づくりの一環である旧小倉家住宅復元整備事業郷土民家施設整備事業及び学校パーソナルコンピュータ整備事業費4億3797万8000円、6.4%増は、情報社会が進む今日、小中学校全校への整備を計画されましたことは、変化の激しい情報社会にあって、たくましく生きていくための技能習得の手段として、また健全育成のために早急に整備することで所期の目的が達成できることに期待するものでございます。

  • 1