486件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大和市議会 2019-09-19 令和 元年  9月 定例会-09月19日-04号

これは、この土地という財産に関しても例外ではありません。道路整備のための用地買収などは、例えば立ち退きが必要になる場合もあるなど、簡単に話が進むものではないということは多くの方々が理解しているとは思いますが、道路整備によって通行の安全性が高まるなど、公益に資すること、大であります。個々の事例はそれぞれに事情があり、さまざまな事実、事情、権利が複雑に絡まり合ったりしています。

大和市議会 2019-09-04 令和 元年  9月 総務常任委員会−09月04日-01号

毎年新規の登録を要するわけではないが、他者の悪用を防ぐため、いち早い知的財産の確保のため予備費を充てた。 ◆(山田委員) 研修事業について、各職員は年何回くらいの研修を受けているのか。 ◎  人財課長 職員の年次や職位によって研修の対象が異なること、外部派遣の差異等もあり、数字は持ち合わせていない。

茅ヶ崎市議会 2019-09-02 令和 元年 9月 決算特別委員会-09月02日-01号

ところが、何年も活動を熱心にやっていると、それはそれですばらしいことであるが、他人の財産とかは失効してしまったり批判してしまったりするケースもある。それは違うと思う。あくまでも自助、公助や日ごろの啓発から未然に災害減災していくこと。いざとなったときの後にどうしていくかが、長い間やっていく間にだんだん曖昧になっていくと思う。

川崎市議会 2019-06-20 令和 1年 第3回定例会−06月20日-03号

しかしながら、相続人等が対応しない場合も相続人等の財産を侵害することがないように配慮する必要があり、相続人等に無断で遺品の処分を行うことはできません。本市といたしましては、市営住宅の速やかな公募は重要であると認識しているところでございますので、相続人等の財産や費用対効果にも留意しつつ、政策空き家への遺品の移動や保管などによる公募可能な住戸の確保について検討してまいります。  

川崎市議会 2019-06-19 令和 1年 第3回定例会-06月19日-02号

知的財産の関係から詳細は発表されませんでしたが、内容を見ての市の率直な見解を伺います。  第三者評価体制の構築のため、既存の附属機関である民間活用推進委員会に新たに民間提案審査部会が設置されましたが、構成員の選出根拠を伺います。また、構成員の中に提案企業の関連会社の元役員がおりますが、審査に当たり、公平公正に行うことができるのか伺います。

川崎市議会 2019-03-08 平成31年  3月まちづくり委員会-03月08日-01号

5年とか10年あけたらというところまで見られるのかとか、その財産を制約する関係の中で、我々も悩みながら、なるべくいいまちづくりをしていこうということで基準をつくりながら指導をしてきてというところでございまして、そうした中でも現在の基準の中でこういったものは合法でできるということでございます。

平塚市議会 2019-03-05 平成31年 都市建設常任委員会 本文 2019-03-05

最後に、具体的にというところではあるんですけれども、具体的にどうしていくかというと、基本的には事業主さんがどうされたいのかというところをベースに、基準等に対して欠けている部分については求めていくという内容になってきますので、周辺の住民の皆様がおっしゃっていることがすごく極端な例でなければ、例えばそこに建てるなとかいうような、その方の財産的なものについて全部否定してしまうような内容等でなければ、我々

藤沢市議会 2019-02-22 平成31年 2月 子ども文教常任委員会-02月22日-02号

その一方で、文化財保護法ではあくまでもその所有者にその保存管理を委ねておりますし、また、市が所有者の財産を制約するといったことは極めて難しいことなのかなと考えております。  したがいまして、まずは造成するまでの間、これまでのような公開活用を現所有者にお願いをしていく。

海老名市議会 2018-12-12 平成30年12月 第4回定例会−12月12日-03号

1つがISO等認証取得の関係で2件100万円、それから展示会等の出展9件130万9000円、LED照明設備といった環境施設の設置で4件80万円、生産性向上等の設備導入が3件150万円、産業財産取得3件27万1000円、合計が21件488万円となってございます。  以上です。 ○議長(倉橋正美 議員) 2番目の詳細について理事兼まちづくり部長

座間市議会 2018-09-28 平成30年第3回定例会(第6日 9月28日)

しかし、これが民間企業に委ねられた場合、新品種については、改良部分だけではなく、種子全体に特許をかけ、企業はその所有権、知的財産を主張することになります。つまり、ロイヤリティー、特許料を払い続けなければその種子を使えなくなり、新しい品種をつくるための素材となる遺伝資源が民間企業に囲い込まれることとなるわけであります。これは公共の資産ではなく、明らかな民間企業の私的資産であります。  

相模原市議会 2018-09-25 平成30年  9月定例会議-09月25日−05号

空き家所有者の財産という権利公益のバランスは非常に難しいことは承知しておりますが、法律施行以降、代執行によって解体が行われた事例が出てきているのも事実です。本市では、特定空家等は3件、その疑いがあるものとして調査している空家等は10件あるとのことでした。そのうち、行政代執行まで実施した事例はあるのか伺います。 ○米山定克副議長 市民次長

座間市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第4日 9月 7日)

財産ですよね。もし、払われていないとすれば、財産がいわば侵害をされているという。  先ほど多分、契約ですから払われているだろうということなのですけれども、そこしっかり確認をすべきではないですかね。きょうも傍聴席に国の南関東の方もいらっしゃるようですから、ぜひ確認をしていただいて、よく米軍基地というのは日本国憲法が及ばないところと言われますよね。

川崎市議会 2018-07-26 平成30年  7月まちづくり委員会-07月26日-01号

それと、同じく趣旨採択としましては、陳情第119号につきましては、必要があれば指導するように求めている内容でありまして、大深度法とはいっても、補償する必要はないとは言いながらも、既存の建物等に何らかのことがある場合は当然財産の問題で補償するように規定があるわけでして、本来であれば極力個別の方々にきちんと周知徹底されることが望ましいと考えるわけですから、これは陳情の趣旨どおり、趣旨採択でよろしいのではないかと

鎌倉市議会 2018-03-12 平成30年度一般会計予算等審査特別委員会−03月12日-06号

やっぱり、市街化調整区域に家を建てるということは、その個人財産を侵害するといえばそうかもしれませんけども、やっぱり1区画というのが膨大になっている。例えばこれ少なくとも市街化区域の面積を1.5倍とか2倍とか、そういうふうにするとか、何かこの環境保全に配慮した基準というのをつくっていかなきゃいけないんじゃないかなと思います。

鎌倉市議会 2018-03-07 平成30年度一般会計予算等審査特別委員会−03月07日-04号

次の質問ですが、これは、237ページの商工業振興事業、先ほどから委員の皆様いろいろ質問されてますけれども、この中で今回代表質問でもさせていただいたんですが、経営基盤強化事業費補助金ということで、この内容については、中小企業が実施する人材育成事業、産業財産取得事業とか展示会等出展事業などの経営基盤強化に要する経費の一部を補助するとありますけれども、これで会派質問としては、この中小企業が最近人手不足

茅ヶ崎市議会 2018-03-01 平成30年 3月 第1回 定例会-03月01日-04号

また、市民財産が関係することが大きな要因との市の見解も示されていることから、自然環境の保全、緑の創出の重要性については、茅ヶ崎市民全体の問題として理解してもらう必要があるのではないでしょうか。市民の全体の理解を進めるための具体的な施策について伺います。  次に、財源の確保について伺います。  用地取得等莫大な経費の捻出が困難な市の財政状況で、市民財政的な協力は不可欠となってきています。