311件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤沢市議会 2020-10-01 令和 2年 9月 決算特別委員会-10月01日-05号

また、大豆につきましては、食育講座として畑の土づくりから大豆の種まき、収穫からみそ豆腐を造るところまで全8回の講座を実施しております。大豆については、生産量は多くありませんが、在来品種ということもありまして、食文化ですとか食育という観点で重要な品目と捉えております。今後も地産地消の推進を図るとともに、生産量確保に努めてまいりたいと考えております。

相模原市議会 2020-09-25 09月25日-05号

小林輝明教育局長 津久井地域の豊かな自然や貴重な人材につきましては、学校教育にも活用しているところでございまして、相模川ビレッジ若あゆや、ふじの体験の森やませみにおける野外体験学習におきまして、竹細工等ものづくりですとか登山、津久井在来大豆を使用した豆腐づくり、こういった事業を実施しているところでございます。 以上でございます。 ○森繁之議長 秋本議員。 ◆8番(秋本仁議員) 承知しました。

伊勢原市議会 2020-09-03 令和2年9月定例会(第3日) 本文

平成30年8月に、本市の特産品土産品等販売促進を図るとともに、さらなる産業振興シティプロモーションへの寄与を目的とした新たなブランド制度でございます、日本遺産まち伊勢原うまいものセレクトの発足、民間事業者と連携し、日本遺産の持つブランド力を生かした新商品、大山夫利246生乳茶菓日産自動車監修新型カキノタネ大山詣り豆腐の開発、そして、将来的なリピーター確保観光消費額の直接的な増加が

伊勢原市議会 2020-06-02 令和2年6月定例会(第2日) 本文

今回の補正予算案に計上している補助金対象業者数は、小学校は、食肉販売業者3社、豆腐製造販売業者4社の計7社、中学校調理事業者1社でございます。対象事業者の中には、他市の学校給食業務も担っている事業者もおりますが、複数の自治体で重複して補助金を受給することはできませんので、申請の受付時に確認いたします。  

海老名市議会 2020-05-11 令和 2年 5月 予算決算常任委員会経済建設分科会−05月11日-01号

吉田みな子 委員 製造業対象外ということですけれども、例えば市内で小規模でお豆腐を作っているところとか、製造業に該当するのではなかろうかと思うところもあるのですが、今の時点で製造業は一切対象外だということなのでしょうか。 ◎商工課長 先ほども言った業種に限らせていただきますので、製造業対象外という形です。 ◆吉田みな子 委員 もう1点お聞きしたい。

南足柄市議会 2020-03-06 2020年3月6日(金) 令和2年第1回定例会(第5日) 本文

収穫した大豆豆腐みそに加工し、この4月に開業する道の駅足柄・金太郎のふるさとで販売を目指しております。令和2年度につきましては、今年度と同様に大豆を栽培し、新規就農者の研修やセミナーを開催するとともに、大豆を使ったイベントも企画してまいりたいと思います。  

海老名市議会 2019-12-18 令和 元年12月 第4回定例会−12月18日-03号

だから、地産地消の率を上げることもとても大事なのですけれども、実はつくり手と食べる側が直接つながるという機会を学校給食の中で構築することがとても大事で、そういう意味で言うと、例えば各小学校にお願いしているのですけれども、きょうのこのお豆腐は何々豆腐屋さん、海老名のここの工場でつくって、この原料は津久井在来という大豆で、これ、海老名の畑でつくったものを材料にしていますよということを広報するとか、または

海老名市議会 2019-09-25 令和 元年 9月 経済建設常任委員会−09月25日-01号

また、豆腐なども豆腐屋に卸して、学校給食用豆腐に使う。そういった関係で、先ほどの貢献度といいますか、まずは耕作放棄地の予防をしながら、収益性の高い津久井在来大豆を使って高品質な大豆をつくることによって、よい加工品ができ、それをいろいろなチームを組みながら、最終的には市民まつりや、ふれあい農業まつり商工フェアを通じて販売して市民に還元されるといった貢献はしているのかなと思っております。

伊勢原市議会 2019-06-02 令和元年6月定例会(第2日) 本文

次に、大山詣り体験モニターツアー参加者数でございますが、大山日向エリアを周遊しながら、参拝行衣豆腐料理など、大山詣りの構成要素となる観光資源を体感いただくプログラムの企画を予定しており、全3回の催行計画で約100人の参加者を見込んでおります。  以上でございます。 128: ◯議長舘大樹議員】  田中志摩子議員

伊勢原市議会 2019-03-12 平成31年産業建設常任委員会 本文 2019-03-12

落語や大山豆腐、仙人鍋など、日本遺産普及啓発などを図ってまいりました。来年度におきましては当該イベント開催予定は現段階では未定でございますが、市としては地域主体による自発的なイベントとして開催され、また、継続した取り組みとなるよう側面的な支援を行ってまいりたいと考えます。  

相模原市議会 2019-03-12 03月12日-05号

床屋ですとか、整体師ですとか、学校に通ったりとか、大学に行ったりとか、さまざまなわざを身につけてきたり、また、クリーニング屋もそうですし、豆腐屋、大工、農家の皆さん、寺子屋のような塾だとか、さまざまな地域で働く方々が、長年、地域で働くからこそわかる技術ですとか、さまざまな役割を果たしてきていると思います。

川崎市議会 2019-03-11 平成31年  3月環境委員会-03月11日-01号

廣田委員長とは同期でございまして、しかもおうちがすぐそばで、お豆腐屋さんを毎日見ながら来た本当に同期の桜でございまして、最後に一緒にやらせていただいて大変感慨深いものがございます。本当に1年間、皆様方の御協力でスムーズな委員会運営、そして真摯な運営ができたことを心から感謝申し上げたいと思います。  

川崎市議会 2019-03-07 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号

まるで豆腐の上に道路が乗っている、こういうふうに表現した専門家もいらっしゃいます。このような地形では、地震時に沈下や水平変位が見られるとも指摘をされました。その際、道路舗装やライフラインの損傷のおそれも出てくる可能性もあるとのことです。もし水道管が破裂すれば、さらに被害は広がります。専門的な地震時の検証が必要と思います。

伊勢原市議会 2019-03-06 平成31年3月定例会(第6日) 本文

前回、豆腐まつりで来たお客さんも言っておられました。観光バスで来た方も、非常に高い数字を言っていましたけれども、もっと手軽に都内からぱっと来てもらえる。そういう立地にあるわけですから、当然そういう方は、帰りはお土産も買っていきたいと思います。どこどこへ行ってきたんだ。きょうは大山へ行ってきたんだ。おいしいまんじゅうがある。そうすると、家族でその会話ができる。

伊勢原市議会 2019-03-04 平成31年3月定例会(第4日) 本文

また、リピーターにつなげる方策といたしましては、大山寺のかわらけ投げ、阿夫利神社正式参拝豆腐の手づくり、能や浄書体験といった豊富な体験プログラムの造成などに加えまして、受入側のおもてなし、それとサービスの提供などにより、教育旅行を通じた宿泊体験が生徒一人一人のよき思い出として記憶に残るよう、取り組んでまいりたいと考えております。  以上です。

藤沢市議会 2018-12-17 平成30年12月 定例会-12月17日-03号

4枚目は伝統的な味が支持されてきました、藤沢には6つしかないというお豆腐屋さんの内部です。ところが、ここが急に休業となりました。何と私の見ている前で古くなったボイラーが壊れたからであります。  では本題です。大店法廃止2000年、その前後からの経過について、まず現状について伺いたいと思います。 ○議長松下賢一郎 議員) 和田経済部長

藤沢市議会 2018-12-06 平成30年12月 建設経済常任委員会-12月06日-01号

6次産業化観点の部分で、今までどういったものがあるのかということでございますが、具体的には、1次産業者主体となって2次、3次を巻き込んでいくというようなものが6次産業化ということでございますが、代表的なものとしては、大豆生産者がお豆腐ですとか、納豆ですとか、きな粉をつくって、みずから販売をしている。