51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

真鶴町議会 2019-03-12 平成31年予算審査特別委員会( 3月12日)

○(税務収納課長)  平成31年度滞納繰越分調定見これを2,506万3,000円と見込んでおります。それに収納率20%を掛けて501万2,000円と算出しておりますが、収納率20%の根拠につきましては、平成29年度収納率が19.50%、平成28年度が21.24%だったために、その20%を採用させていただきました。

秦野市議会 2019-03-07 平成31年予算決算常任委員会文教福祉分科会 本文 開催日: 2019-03-07

626 ◯佐藤文昭分科員【 101頁】 予算説明書329ページ、医療給付費分滞納繰越分約1億6,100万円、調定見約10億円、徴収率14.7%、滞納世帯に対して納期ごと推進委員が訪問、催促を行い、滞納早期解消を図ったということですが、繰り越した昨年度保険税滞納はどのようか、伺います。

真鶴町議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2日 3月 6日)

年度分普通徴収保険料調定見徴収率86.92%を乗じて歳入見込額を算定したことで、246万9,000円を減額するもの。  3款国庫支出金1項国庫負担金に1,507万8,000円を追加は、1目介護給付費負担金国庫内示額に基づくもので、平成29年度給付実績額に1.042を乗じて得た居宅サービス費の20%、施設サービス費の15%を乗じて得た額を追加するもの。

大磯町議会 2019-01-21 平成31年福祉文教常任委員会協議会( 1月21日)

続きまして、「A保険税調定見をごらんください。  国民健康保険税については、医療給付費部分後期高齢者支援金分介護納付金分と、3つ税目に分かれております。この3つ税目ごとに異なる積算方法で税額が計算され、賦課されております。そのため、この表ではそれぞれの科目ごと調定額を計算し、記載をしております。  

真鶴町議会 2018-03-08 平成30年第1回定例会(第3日 3月 8日)

滞納繰越分収納率につきましては、調定見に21.24%を掛けております。この21.24%は、平成28年度決算のパーセントでございます。  続きまして、法人法人税割法人数です。それにつきましては、233社を見込んでございます。税割につきましては229社、均等割につきましては233社でございます。  滞納繰越分20万円につきましては、1号法人の5万円を4件見込んでございます。

藤沢市議会 2017-03-16 平成29年 2月 予算等特別委員会−03月16日-09号

まず、一番上の行の市税でございますが、平成29年度の当初調定見826億2,777万9,000円から、税制改正影響見込額9,003万3,000円を減じました税制改正後の調定見は825億3,774万6,000円でございます。徴収見込率を96.69%として、徴収見込額は798億170万9,000円で、このうち、当初予算額といたしまして798億100万円を計上するものでございます。  

真鶴町議会 2017-03-14 平成29年予算審査特別委員会( 3月14日)

○(税務収納課長)  滞納繰越分調定見でございますが、収納すれば翌年度滞納繰越分調定が下がっていくと。あとは、5年時効を迎えたり、あと執行停止をかけて3年を経過したものについては不納欠損を行っております。そういった不納欠損額が増えれば、滞納繰越分調定額も下がっていきますので、今後、下がっていくのかなというふうに見込んでおります。 ○委員高橋 敦)  わかりました。  

藤沢市議会 2016-03-24 平成28年 2月 予算等特別委員会−03月24日-09号

まず、一番上の行の市税でございますが、平成28年度の当初調定見825億7,647万円から、税制改正影響見込額9億4,092万6,000円を減じました税制改正後の調定見は816億3,554万4,000円でございます。徴収見込率を96.37%として、徴収見込額は786億7,171万1,000円で、このうち、当初予算額といたしまして782億1,400万円を計上するものでございます。  

藤沢市議会 2015-03-17 平成27年 2月 予算等特別委員会-03月17日-09号

一番上の行の市税でございますが、当初調定見826億867万2,000円から、税制改正影響見込額4億4,442万6,000円を減じました税制改正後の調定見は821億6,424万6,000円でございます。徴収見込率を96%とし、徴収見込額は788億8,091万円で、このうち当初予算額といたしまして785億7,700万円を計上するものでございます。

藤沢市議会 2014-03-17 平成26年 2月 予算等特別委員会-03月17日-09号

まず、一番上段の行の市税でございますが、当初調定見は829億605万円に税制改正影響見込額1億6,632万1,000円を加えました税制改正調定見は830億7,237万1,000円でございます。徴収見込率を95.46%として、徴収見込額は792億9,807万3,000円で、このうち当初予算額といたしまして787億9,300万円を計上するものでございます。

藤沢市議会 2013-03-13 平成25年 2月 予算等特別委員会-03月13日-07号

まず、一番上の行の市税でございますが、当初調定見789億4,409万4,000円から税制改正影響見込額3億4,299万5,000円を減じました税制改正調定見は786億109万9,000円でございます。徴収見込率は95.09%とし、徴収見込額は747億4,226万8,000円で、このうち当初予算額といたしまして744億1,300万円を計上するものでございます。

三浦市議会 2012-03-12 平成24年度予算審査特別委員会( 3月12日)

また、普通徴収部分でも97.0%で、前年は93%、調定見は23.0%が昨年度は20.2%で、いずれもこれは伸びておりますね。この辺の、見込んだという形をちょっと教えていただきたいんですけど。 ○新倉真澄税制課長  この徴収率なんですが、前年から伸びた理由は、19年度から徴収強化対策としまして徴収体制を強化したりしてきております。22年度より「滞納は許さない!」