2521件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茅ヶ崎市議会 2019-09-27 令和 1年 9月 第3回 定例会−09月27日-04号

安定的な運営を目指そうとする組織改革を考えながら、地域診療との連携や救急患者を積極的に取り入れるなど、将来に向けた病院経営の展望をお伺いいたします。  以上1問目です。よろしく御答弁のほどお願いします。 ○水島誠司 議長 市長、御登壇願います。                  

茅ヶ崎市議会 2019-09-25 令和 1年 9月 第3回 定例会−09月25日-02号

それらの相談につきましては、認知症施策を中心的に取り組んでいる庁内の保健師、地域包括支援センター、市立病院及び地域診療医師等と連携して対応しております。また、在宅医療介護に係る地域課題を検討する会議では、医師歯科医師薬剤師看護師、ケアマネジャー等の専門職が集い、多職種の視点から、認知症も含めた地域の課題を検討しております。

大和市議会 2019-09-25 令和 元年  9月 定例会−09月25日-05号

答弁、急性期を脱した患者地域診療に逆紹介して診てもらう。またぐあいが悪くなった患者は市立病院で診ると連携が図れるので、逆紹介をふやしていきたい。外来患者の混雑緩和、機能分化に応じた診療ができる。  質疑、単年度では、高額な医療器械、電子カルテの導入で大幅なマイナス面があるが、3年、5年計画ぐらいで全体が動いていると思う。そういう計画は今どのようになっているのか。

茅ヶ崎市議会 2019-09-13 令和 元年 9月 総務常任委員会-09月13日-01号

さらに、自治体病院として採算面から収支均衡が難しいとされる小児医療周産期医療救急医療等を提供するとともに、地域診療と提携しながら、市民が安心して安全医療を受けることができるよう取り組んできた。しかし、ここ数年間は毎年約10億円の赤字決算となっており、年度末現金現在高も減少し、このままでは現金が枯渇するおそれがある。

川崎市議会 2019-09-12 令和 1年 第4回定例会-09月12日-04号

次に、地域医療支援病院につきましては、地域の登録診療等との連携ネットワークの中心となり、相互紹介による患者の状態に応じた最適な医療の提供を行うほか、医療機器の共同利用の実施、救急医療の提供、地域医療従事者に対する研修の実施の4つの機能を担う病院として、現在市内では5つの病院神奈川県知事の承認を受けているところでございます。

座間市議会 2019-09-12 令和元年予算決算常任委員会民生教育分科会( 9月12日)

医療課長  今、委員のおっしゃったように、緊急というよりも、逆に言うと、その反対で、緊急ではなく抑えるほうの話は診療の先生からとかも、またそういう方が来たよというお話はいただいております。すぐに病院に行くのではなくて、一次救急という段階で抑えるような施しだったりとか、二次救急に夜間ですね、行かないような話を聞いているということは聞いています。

茅ヶ崎市議会 2019-09-06 令和 元年 9月 決算特別委員会−09月06日-01号

この事業が医師会に委託している中で、特定健診・特定保健指導事業を行っているので、地域診療病院においての受診では、ふだんからかかりつけ医で把握していただいている状況はあると思う。 ◆広瀬忠夫 委員 受診率がここ5年は36%台で、現状維持に近い状況であると理解している。100歳時代を迎え、行きつけの病院を持って、そこでの検査もしっかりしているように見受けられる。

川崎市議会 2019-07-03 令和 1年 第3回定例会−07月03日-08号

慢性疲労症候群を受診可能な市内の医療機関につきましては、大学病院診療等8カ所の医療機関があることを確認しております。以上でございます。 ○副議長(花輪孝一) 沼沢議員。 ◆54番(沼沢和明) この調査によりますと、重症患者は調査全体の30%で、そのうち身体障害者手帳の取得率が37.5%であるとのことでありました。難病等の疾病名と障害者認定との関係について健康福祉局長に伺います。

川崎市議会 2019-07-02 令和 1年 第3回定例会−07月02日-07号

宿河原に在住のある方はつえをついて歩かれていますが、障害者高齢者の足では久地診療多摩病院へも歩いて片道30分かかる、雨の日はタクシーを呼んでもなかなか来ない、往復で1時間もかかる通院は体にこたえると話されています。また、別の方は、80歳を超えて運転免許証を返上したら、交通手段がなくなり、めっきり外出が減ってしまったということです。

川崎市議会 2019-07-01 令和 1年 第3回定例会-07月01日-06号

市民文化局長(向坂光浩) 中原役所内の敷地の有効活用についての御質問でございますが、休日急患診療の跡地を令和2年度まで中原保育園の仮設園舎用地として使用することとしておりますので、その後の活用につきましては、かわさき資産マネジメントカルテや、平成30年3月に策定した区役所と支所・主張所等の機能再編実施方針改定版に基づき、引き続き関係局区と連携し検討してまいります。

大和市議会 2019-06-24 令和 元年  6月 定例会−06月24日-04号

医師数や診療が少ないと不安になり、介護が必要になったときにサービスをしっかりと受けることができるのかなどが挙げられます。さらには、バスなどの公共交通機関やふだんの買い物ができる買い物施設の充実、駅やまちのバリアフリー化が進められている、行政が福利厚生に力を入れているなどが挙げられます。

大和市議会 2019-06-21 令和 元年  6月 定例会−06月21日-03号

具体的には、地域のクリニックや診療のいわゆるかかりつけ医から紹介された患者をメーンに診療することです。一定期間治療後はかかりつけ医に戻します。急性期を脱して症状が安定し、同じ投薬を続けている場合は、かかりつけ医での通院治療に切りかえていきます。こういった病診連携を進めることによって、市立病院はさらに良質で適切な医療の効率的な提供ができるのではないかと思います。

大和市議会 2019-06-20 令和 元年  6月 定例会-06月20日-02号

この改正により、ことしの7月1日より施行となりますが、学校児童福祉施設病院診療行政機関の庁舎等は原則敷地内禁煙としなければなりません。もちろん国や県がこういったことを実施するからといって、基礎自治体である大和市は何もしなくてもよいというわけではなく、市町村の責務として、今回の法改正による受動喫煙防止のための周知啓発を実施する必要があります。

海老名市議会 2019-06-18 令和 元年 6月 第2回定例会−06月18日-02号

市民の皆様には、ただ単に診療等にかかるのではなく、病気になったときや健康に不安があるときなども含めて、すぐに相談できるような身近なかかりつけ医を持っていただけるような、そういった推進をしてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(倉橋正美 議員) 山口良樹議員。 ◆(山口良樹 議員) ありがとうございます。

秦野市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2019-06-13

、実は都市部のほうで開発というかそのような状況を少し聞いたのですけれども、なかなかプライベートというか、まだ秘匿な状況もあるし、細かい部分については聞かれなかったのですけれども、イトーヨーカドーの跡地でございますけれども、これ、約4,900平方メートルで、2階建ての建物ができるということで、今、クリエイトS・Dと協議中だそうでございますけれども、1階がクリエイトS・D、それから生鮮食品等で、2階が診療

秦野市議会 2019-06-10 令和元年文教福祉常任委員会 本文 開催日: 2019-06-10

まず、1つ目、休日夜間急患診療運営費補助金でございますが、こちらは、秦野市休日夜間急患診療運営費補助金交付要綱がございまして、これに基づいて、一般社団法人秦野伊勢医師会が秦野市休日夜間急患診療において実施する一次救急医療、これは応急処置的な医療と比較的軽症な救急患者を対象にしたものでございますが、これに対して補助金を交付しているものでございます。