36件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鎌倉市議会 2019-02-13 平成31年 2月定例会−02月13日-01号

鎌倉は地形をうまく利用した中世要塞都市として発展をしたわけですけれども、海も山もあることで、災害リスクもいろんな災害リスクがあって、そこのところもしっかり考えていかなくてはなりません。防災減災対策を考える際はそれぞれの地形とか地質、地盤、こういったものについて地域特性、地域課題、これが違うことも鑑みて考えていかねばならないと思うんですが、まず、SDGsの観点から一つ質問させていただきます。  

鎌倉市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会-12月10日-04号

こっちは市街化されているから工場もできないだろうし、それから東京湾要塞地帯ですから、厳しく管理下に置かれてますからできない。しかし、何で、大船と深沢がどうしてあの沿岸というか沿線にできているか。ここが問題なんですよ。ここがいろいろ調べたら、これは京浜工業地帯がもういっぱいになって、日本の軍備を増産するためには、工場を、柏尾川沿線に持ってくる国策があった。

鎌倉市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会−09月07日-03号

鎌倉の地形のように、いわゆる南に開かれた、武家の時代で言えば要塞のかわりをした山が西・北・東と囲っているというような地形でございますので、山が風を受ける形になってしまうということも非常に被害を大きくする要因になるかと思います。こういった地形というものもよくよく考えて、それこそ想定外を想定していくというようなこともしていかなくてはならないのかなと思います。  

大和市議会 2017-06-20 平成29年  6月 定例会−06月20日-02号

先ほどの防災公園防災要塞ならば、こちらのほうは市民のこういった交流の要塞ということが言えるのではないかなと思います。  さて、部室の管理運営につきましては市民活動センターが担ってまいりますが、利用団体には光熱水費相当額程度を御負担いただき、その経費は市民活動センターの運営費に充てる予定でございます。

鎌倉市議会 2017-06-19 平成29年 6月定例会−06月19日-04号

そして、私ダイナミックな抜本的なアイデアの検討はされてますかというお話ししたんですが、例えば鎌倉に関して私は、昔の鎌倉時代の鎌倉市の地形というのは自然の要塞だということで大変武家の皆さんには重宝された地形ではあると思うんですが、これ現代に照らし合わせてみますと、大変根本的に欠陥というと問題あるのかもしれませんが、道が一本道しかないと、そこで何かあったら詰まってしまったら、二方向避難すら通れないというような

鎌倉市議会 2016-06-28 平成28年 6月28日総務常任委員会−06月28日-01号

それが一般的なんですけど、一方で、要塞都市としては、そこに全部、西から攻めてきたときに、そこを防御の拠点として矢を仕掛けていたという話があって、それが東西の鎌倉時代のこの都市でいろんな戦があったときに、そこを土塁に隠れていたり、そこから矢を仕掛けていたりという、そこを防御戦になっていったという経緯があるんですよね。

三浦市議会 2015-08-18 平成27年第2回臨時会(第1号 8月18日)

この三浦市は、戦時中、東京湾要塞として松輪と城ヶ島に砲台が据えられていました。また、本土決戦に備え、モーターボートの特攻兵器である「震洋」、潜水艦の特攻兵器である「海龍」の基地がありました。1954年には、アメリカが行ったビキニ環礁での水爆実験などで大きく被災しました。そして今、隣の横須賀市に米軍基地があり、原子力空母を初めとする艦船が目の前を航行していきます。  

大和市議会 2015-06-19 平成27年  6月 定例会-06月19日-03号

北は北海道から、南は沖縄県まで、地図をじっくり見ていただければわかると思うのですけれども、大和市ぐらい自然災害に強い天然の要塞というような市は全国でも数少ないのではないかと思います。そういった中で、ある面においては、全国の他の市と比較しても劣らないぐらい災害対策というところには力を入れているところでございます。

鎌倉市議会 2015-06-12 平成27年 6月定例会−06月12日-03号

インターネットなんか見ると、鎌倉の七通口の切り通しのことは、一つの考え方としては要塞都市の中の入り口として取り扱われておりますが、この鎌倉の地域の中での釈迦堂口のような一つのトンネルというものが非常に話題、そしてその雰囲気が本当に何か一昔戻ったような印象も与えるし、感想も持つ人も多いし、またそれなりの何か旧市街の中で違ったところにぱっと明るいところが見えていくわけですから、そういった意味でも、物語をつくる

鎌倉市議会 2013-11-01 平成25年11月 1日建設常任委員会(協議会)−11月01日-01号

何でないのかと思ったら、ここは重要な要塞地だったんです。ここに高級将校たちも住んでいたかもしれないけれども、実際には相模湾から上陸してくるだろうということで。だから、時代、時代の大きい流れの中で、今憲法改正という大前提に立った場合には、こういうことが具体的にどうなっていくかといったら。だけど現実、今、平和都市宣言している、あるいは市民憲章がある。だけど、それはこういう制度がない場合につくられた。

川崎市議会 2011-12-20 平成23年 第5回定例会-12月20日-08号

今、坂の上の雲をNHKでやっていますけれども、幾ら旅順要塞に突っ込んでも、作戦を変えない限り死傷者、犠牲者が多く出るだけだと思います。私は、今こそ教育行政戦略的な変更を求められている大きな課題だと思っておりますので、ぜひとも教育長にその点を御理解いただきたいと思います。  それから、健康福祉局長、ぜひ稼働可能人口の生保依存を脱却すべく、また、体制強化を図っていただきたいと思います。

鎌倉市議会 2011-12-07 平成23年12月定例会−12月07日-01号

◆16番(安川健人議員) このロードプライシング、海外の事例を見ますと、例えば、シンガポールなどは取り入れて成功しているというふうに伺っていますが、シンガポールですと関所みたいなものを、33カ所でしたか、設けてやっているということなんですが、鎌倉の場合は、このちょうど世界遺産が山稜部も含めてということですけど、自然の要塞と言われる鎌倉山稜部がある分、その関所が9カ所で済むというふうなことを聞いています

鎌倉市議会 2011-09-13 平成23年 9月13日文教常任委員会-09月13日-01号

◆納所 委員  まず、鎌倉の顕著な普遍的価値というところで、山稜部の要害的地形と一体になったまれに見る政権所在地の類型ということがございますが、近年は、例えば、鎌倉、三方を山に囲まれて一方が海で、自然の要塞であるみたいなものが、私の場合も記憶に刷り込まれていたんですが、近年、それを否定する論調も結構多く耳にするようになったんですね。

鎌倉市議会 2011-06-09 平成23年 6月定例会−06月09日-02号

つまり、地震に対しては、強度の地盤の違う地質が平面で組み合わさり、加えて平地は少なく、急傾斜地に囲まれているという、戦国時代には自然の要塞として攻められにくい地形ではあったけれども、現在では自然災害に弱く、災害発生時には極めて対応がしにくい、そういう地形と言えます。  また、地質学的にもシルト岩の風化しやすいものであると、緑の基本計画にも記されております。

鎌倉市議会 2010-12-10 平成22年12月10日建設常任委員会-12月10日-01号

そういうことなのだろうと思いますけれども、それで、そのただし書き規定で安易に進めないでよということで、これはもちろん当然のことでありまして、どうしてこの自然林を残さないかというのは、とにかくこの計画の一番の問題点は、切り土、盛り土が多過ぎるということだろうと思いまして、これを見ますと、そんなに、高低差もありますけれども、決してこのような擁壁を最初から東側にも右側にもつくって、がちがちにやるような、要塞

川崎市議会 2010-12-10 平成22年 12月まちづくり委員会-12月10日-01号

佐野仁昭 委員 まず、デュークガーデン溝の口のほうから伺いたいんですが、先ほどの説明で、一部盛り土の部分が適合していないので、出し直しというか、見直しさせるという話もありましたけれども、そこで、これを客観的に見てだれもが思うのは、要塞みたいに、お城の石垣を築いて、その上にマンションが建つような、近所からすれば、自分の目の前に擁壁ができて、その上にマンションができるなんていうことが何でできるのかというのが

秦野市議会 2010-06-14 平成22年第2回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2010-06-14

県内には、箱根町の旭橋、千歳橋、函嶺洞門、横須賀市の猿島要塞のように、社団法人土木学会が歴史的な土木構造物で保存に資することが望ましいと選奨する土木遺産が現存しております。近年、技術革新社会構造の変化等を背景に、国土の礎となったこれらの歴史的土木構造物に対する関心と保存、活用する機運は高まりを見せているところでございます。  

  • 1
  • 2