139件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2020-06-11 令和 2年 第4回定例会-06月11日-04号

このたび、同社におきましては東日本製鉄京浜地区高炉等設備を休止し、生産体制の再構築を図るとのことでございますので、地域経済や雇用への影響につきましては、今後の高炉等設備休止計画進捗状況や、生産を継続する部門の方向性など、同社事業再編動向等を注視し、状況の把握に努めてまいりたいと考えております。

横須賀市議会 2019-09-18 09月18日-03号

アメリカが一番初めに入ってきて、キッチンカーが並んでみんなで食べたという覚えがあって、おっしゃるとおりで横須賀のプライドを私は持っているので、もう一回横須賀のアイデンティティーをつくり変えるというか、理解してもらうためには、まさにティボディエ邸というのは横須賀製鉄があった我々にとっては誇りあるところ。

大磯町議会 2019-06-04 令和元年 6月定例会(第 8日目 6月 4日)

プラスチックごみにつきましては、平成30年4月より稼働したリサイクルセンターにおいて、資源化の際に重要な工程である選別作業などの中間処理を行い、日本容器包装リサイクル協会処理ルートを通じまして事業者に引き渡し、ワイシャツや作業着などの繊維製品製鉄などで用いられる燃料にリサイクルされ、安定的な処理が行われてはおります。  

寒川町議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会3月会議(第4日) 本文

これらの業者では、引き取ったプラスチック製容器包装から再生プラスチック製品原料となるペレット等生産したり、製鉄で利用するためのコークス炉化学原料合成ガス生産しております。  ペットボトルはリサイクルセンターに搬入されたものを手選別し、平成29年度でございますが、92.2%を資源化業者に引き渡しました。

座間市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第4日 3月 4日)

本市の処理状況でございますが、議員もおっしゃいましたとおり、各地区指定曜日クリーンセンター収集、そのまま第2資源リサイクルセンターに搬入し、選別、こん包、圧縮を行った後に、千葉県君津市にある製鉄コークス炉化学原料として再生をされております。平成29年度の収集量は1,088トンで、今年度は1月末現在936トンとなっております。  次に、容器包装プラスチックを燃やすことについてでございます。

平塚市議会 2018-12-17 平成30年 環境厚生常任委員会 本文 2018-12-17

28年度は、市民の皆さんにきれいに洗って分別いただいたプラクルは3440トンだったんですが、全て袋をあけて、汚れているもの148トンは環境事業センター焼却、きれいなもの3292トンはJFE川崎製鉄高炉で全量焼却されています。さらにさかのぼりますと、27年、3294トン、新日鐵、26年、3298トン、新日鐵、25年、3241トン、新日鐵、24年、2842トン、JFE

横須賀市議会 2018-08-31 08月31日-01号

漏れ聞くところによると、横須賀製鉄150周年で高円宮様においでいただけたのは、職員の個人的なネットワークが有効に働いたと。そういうのも含めて、やはりそういう職員個人ネットワークづくりを市ができるだけサポートするというようなことも重要ではないかと思うのですが、その辺について市長のお考えを。 ○議長木下憲司) 上地市長

川崎市議会 2017-12-15 平成29年 第4回定例会-12月15日-06号

次に、応急復旧資材の調達についてでございますが、本市は、段差抑制工事とあわせ、被災した緊急輸送道路応急復旧のため、鉄を製造する過程で発生する副産物を道路資材として活用することについて、川崎臨海部に立地するJFEスチール株式会社東日本製鉄平成26年3月に協定を締結しているところでございます。以上でございます。 ○議長松原成文) 川島議員。 ◆8番(川島雅裕) ありがとうございます。

横須賀市議会 2017-11-30 11月30日-02号

これが実は小栗は横須賀製鉄に関係しているために、軍国主義者として当時のGHQからはねられたのです。ただ、群馬県民、これをつくったときに主となった人はこの地域におけるそれだけの偉人の功績というのはやはりしっかりしたものだと。ずっと年数がたっても、いずれこの人たちを復活させてあげようと、そういった思いを込めて、実は「ら」という札に「雷と空っ風義理人情」という句があるのです。

横須賀市議会 2017-09-27 09月27日-04号

ヴェルニー公園内にあるヴェルニー記念館は、日本近代化の起点と言える横須賀製鉄をつくり上げたフランス人技師ヴェルニー功績横須賀製鉄の意義を長く後世に伝えるために建てられた施設です。館内には、旧横須賀製鉄の0.5トンと3トンのスチームハンマーが展示されておりますが、建物公園管理課が、館内スチームハンマーについては自然・人文博物館が所管し、管理をしております。 

横須賀市議会 2017-02-27 02月27日-04号

横須賀製鉄開設150周年に向けた提言、この中で、ぜひ富岡市と旧倉渕村の小・中学生との相互訪問交流をやってほしい、トライアングル交流を行ってほしいということをお願いしてあったのですけれども、どうもまだ行っていないようなのです。市長にはこのお願いをしていますけれども、教育長、実際の動きが見えないので、もう一度この辺を考えていただけないですか。 ○議長板橋衛) 青木教育長

横須賀市議会 2017-02-24 02月24日-03号

一昨年の横須賀製鉄創設150周年記念事業や、昨年の旧軍港4市の歴史ストーリー日本遺産認定されたことなどにより、郷土歴史文化に関心を持つ人がふえ、市民文化活動へのすそ野は少しずつ広がってきたと思います。 今後も郷土歴史文化活動を広く周知し、あわせて文化活動の場を提供することにより、さらにすそ野を広げるように努めます。 

横須賀市議会 2017-02-23 02月23日-02号

そして、平成27年には、横須賀製鉄創設150周年記念事業が盛大にとり行われたことは記憶に新しいところです。また、この年には、東京湾要塞跡として猿島砲台跡千代ケ崎砲台跡国史跡指定を受けています。そして昨年4月には、先ほど述べました日本遺産認定を受けました。さらには、来る平成32年には、浦賀奉行所開設300周年という節目を迎えることとなります。 

横須賀市議会 2017-02-15 02月15日-01号

東京湾の一漁村に過ぎなかった横須賀が、横須賀製鉄創設を契機として国の近代化を支え、戦前は軍港都市、戦後は平和産業港湾都市として発展してきました。この発展の礎を築かれた数多くの先人、先達、先輩の御尽力や御労苦があればこそ、110年の時を重ねた今日においても、本市は全国に名を知られる都市になっているのだと思います。 

横須賀市議会 2016-11-30 11月30日-02号

そもそも汐入などの地域は、横須賀製鉄その後の横須賀海軍工廠などへの通勤の近さから、多くの方が移り住んだ場所です。ちなみに、海軍機関学校に勤めていた芥川龍之介も一時期汐入に住んでいました。 都内などへの通勤が多くなった現在とは、ライフスタイルが異なりますが、通勤時間を短縮したいという心理は、いつの時代も一緒です。