3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

座間市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第5日 3月 5日)

また、無線連動型住宅用火災警報器親機)とそれに連動する補助警報装置(子機)を20組40世帯に設置して、高齢者の逃げおくれを防ぐ試みを行う住宅防火対策モデル事業として、住宅防火対策推進協議会財団法人日本防火危機管理促進協会の支援により、全国16自治体(市)の消防本部で実施し、関東エリアでは神奈川、千葉、山梨の3県が対象で、神奈川県内では本市のみで座間2丁目の河内自治会で実施されたようでありますが

座間市議会 2010-12-03 平成22年第4回定例会(第4日12月 3日)

次に、この事業に関する日本防火危機管理促進協会への報告でございますが、設置が完了した時点で避難補助者状況高齢者状況補助警報装置についてなど、今後の改善についての報告をしております。  次に、他自治体との情報交換並びに検証結果及び評価についてでございますが、特に特定の消防本部との情報交換はしておりません。検証評価につきましては、年度単位での経過を見て実施していく考えでおります。  

綾瀬市議会 2005-09-05 09月05日-01号

警報器に対し、報知設備はそれぞれ感知器中継機受信機及び補助警報装置で構成されたものでございます。よほど大きな住宅か、あるいは特別に防災対策に取り組まれる住宅の場合かと思います。報知設備につきましても、第1項から第5項にわたり警報器同様に定めたものでございます。 85ページをお開きいただきたいと存じます。 第29条の5設置の免除でございます。

  • 1