2571件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

平塚市議会 2020-03-06 令和2年 都市建設常任委員会 本文 2020-03-06

6 【建築住宅課長代理】市営住宅の家賃は、公営住宅法の中で厳然として決められておりますので、市のほうで裁量する余地がございませんので、戸数の変動等があったにしても、家賃のほうの変更は、国が解釈を変えてくれば変わる余地はございますが、市のほうでは解釈を変える余地はございません。  

三浦市議会 2020-01-31 令和 2年総務経済常任委員会( 1月31日)

ただ、使い道を特定してこなかった寄附、「おまかせ」というのを選択したものについては、委員おっしゃるとおり財政調整基金のほうに積み立てをして、繰り入れるときは、私たち財政のほうの裁量で、何の事業に充てるかというところは検討させていただいているところでございます。 ○寺田一樹委員  財政調整基金から繰り入れるということで、どの事業にというのが難しいと思うんですけれども。

茅ヶ崎市議会 2019-12-17 令和 元年12月 第4回 定例会−12月17日-05号

戦後昭和22年、本格的に開始されたが、当時はまだ手引きという立場であり、各学校裁量権が大きかったようです。そして、戦後の6度目の改訂で平成4年の新学力観の登場となり、個性を生かす教育を目指して改訂され、社会の変化にみずから対応できる心豊かな人間性育成を実現するため、改訂が行われました。

川崎市議会 2019-12-16 令和 1年 第5回定例会-12月16日-07号

まず、責任の所在ということが問題になっているところでありますが、そもそものところ、ゲート開閉の判断及び実施に係る指揮系統の具体的な中身について御説明をいただく予定でしたが、先ほど取り扱いがございましたので、この点については裁量責任も中部下水道事務所長が有するということで理解をいたしましたので、割愛をさせていただきます。  

清川村議会 2019-12-13 令和元年12月定例会(第2号12月13日)

村長が特に必要と認めるフルタイム会計年度任用職員給与について、常勤職員と権衡と職務の特殊性を考慮し、任命権者が別に定めると、こうなっているのですけれども、そうすると、これは村長の裁量権ということになってしまいますよね。給与というのは、いわゆる職務給の原則と均衡の原則、これがあるわけでありまして、これなんで別に定めるのか、その辺の理由をお伺いしたいと思います。

南足柄市議会 2019-12-12 2019年12月12日(木) 令和元年第五次総合計画特別委員会 本文

それから、今、加藤洋一委員がおっしゃるように、基本的にはこれは突発事故とかそういうことに備えた基金ですので、やむを得ず大災害とか起こって、それに本来の使われ方で使われるのであれば、それはそれでしようがないと思いますが、今の状況を見ていると、そういうことだけではなくて、市長の裁量で使われてしまうと、ほかの用途に使われてしまうということを避けるために提案しました。

秦野市議会 2019-12-11 令和元年文教福祉常任委員会 本文 開催日: 2019-12-11

ただ、制度として、あくまでも10年以上の介護福祉士基準としたということですので、その加算の部分を10年に満たない介護福祉士、もしくは、その他の職種の方に割り振るというのは、施設のほうの裁量によって決まっておりますので、どのような配分になるかは、実績が出てきた時点でまた、確認したいと思います。  

藤沢市議会 2019-12-06 令和 元年12月 厚生環境常任委員会-12月06日-01号

につきましては、当初新しい経済政策パッケージの中で、確かに在職10年以上の方に月額8万円相当を改善額、介護福祉士資格を所有している方という条件はありますが、そういったところで始まっておりますけれども、最終的には社会保障審議会介護給付費分科会等の議論を経て、介護福祉士1人以上の方が月額8万円相当または平均年収440万円以上といったところの改善は上限としつつも、そのほかの介護職員は、各事業所のある程度の裁量

大磯町議会 2019-12-05 令和元年総務建設常任委員会(12月 5日)

こうした総合計画が否定されるようなものではなくて、その市町村の考えによって、その総合計画のあり方ですとか、そうしたものを主体的に実施できるようになったということで、これまでも支障があったというわけではなく、市町村裁量によって、そのやり方などを主体的にできるようになったものというふうに認識しております。  以上です。 ○総務建設常任委員会委員長(奥津勝子君)  石川委員。

藤沢市議会 2019-12-05 令和 元年12月 建設経済常任委員会-12月05日-01号

裁量権の最大恩恵を受けた法人は,塀で囲み境内地にする等政教分離原則に反し,昭和33年蔵管第1号通達国有財産取扱い判断基準に適合していません。取消を求めてください。 三 昭和36年公衆用道路4975-3(容積224㎡)は,同48年造成工事で整備されましたが, (1) 都市計画法33条ニ,施行令25条1項 新旧道路は接続していません。

座間市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第2日12月 5日)

あと、利用の期間に関して、原則10日としている理由をお聞きしましたけれども、前の事業を踏襲してということでありますが、他市の状況をちょっと見てみますと、市によっては、1カ月に40時間だったり、60時間6カ月を限度にするとか、また、1カ月に40時間までで1年に120時間までとか、1カ月に10日だけれども、1年に240時間とか、自治体によって、ここは裁量がかなりあるサービスだなと思いましたが、座間市では

平塚市議会 2019-12-05 令和元年12月定例会(第5日) 本文

それから、特例も含めて、この土地利用とか都市計画は、自治体首長さんの裁量で何とかなるものではないのは承知をしてます。国の法律、県の条例、もちろん市の条例もあります。厳しい枠がはめられているんですけれども、平塚の駅まで15分、伊勢原の駅まで15分、山、坂、何にもありません。伊勢原の境に城所山という小さい山がありますけれども、それ以外は平坦地なんです。

鎌倉市議会 2019-12-04 令和 元年12月定例会-12月04日-01号

特定の思想政治宗教的な要素が含まれていたとしても、その一要素だけで不許可とすることは許されない、市の裁量権を逸脱した処分であると明確に述べています。  9月定例会でこの付言をどう受けとめるかと質問したときに、市長答弁では、重く受けとめていると。顧問弁護士にあっても意見が分かれるが、どのように対応していくか今後検討していくとのことでした。では、この間の検討結果について伺います。

南足柄市議会 2019-12-04 2019年12月4日(水) 令和元年第4回定例会(第4日) 本文

それで、本市の今検討内容、こういったものを御報告いただきまして、理解できましたんですが、特に足柄上郡、あるいは小田原市や足柄下郡といった近隣の市や町、こういったところを、これは自治体裁量でどのようになっても結果は構わないんですけれども、こういった近隣の検討の結果、こういったものをどのように把握されているのかお聞きします。

海老名市議会 2019-12-04 令和 元年12月 第4回定例会−12月04日-01号

経済社会情勢の変化や市の財政状況に鑑みて、市長自身の政治的な裁量、判断で決められることになっていると思います。  最後にお聞きしたいのですが、市長の期末手当の引き上げに対する考え方をぜひお聞きしたいと思います。 ○議長(福地茂 議員) 市長。 ◎市長(内野優) 私は1期目は20パーセントカットして、公約として掲げて、退職金も減額してやりました。年間300万円ぐらいの影響がありました。