運営者 Bitlet 姉妹サービス
235件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-08-24 海老名市議会 平成30年 8月 議会改革特別委員会−08月24日-01号 逆に「委員」であってもやはり「議長」であると考えるのであれば、やはり中立・公平・公正の立場から好ましくないので、じゃ、外しましょうというところで、議長が委員会に所属しないことも一応可能であるということが行政実例で過去ありますので、そういったことも可能であると。結論としては、各議会でどのように捉えるかというところでよろしいのではないでしょうかというのが全国市議会議長会でのお話でした。   もっと読む
2017-12-07 海老名市議会 平成29年12月 文教社会常任委員会−12月07日-01号 なので、ぜひ公共的団体の定義が行政実例にあるようなので確認されたいと思うのです。  これは他市の例を挙げますと、例えば座間市は総合福祉センターを座間社協に指定管理委託していますけれども、1階の部分、デイサービスセンターが入っているのですが、同じ社協さんですけれども、目的外使用として使用料を取っていると、そうお聞きしています。 もっと読む
2017-08-04 相模原市議会 平成29年  8月 議会運営委員会-08月04日−01号 決算特別委員会は、行政実例で議案一体の原則から議案の分割付託は認められないということに対し、本市の取り扱いについて、平成15年に設置された議会制度検討協議会で検討され、その後、議会運営委員会での協議の後、平成20年9月から導入された。  その後、平成28年1月に決算特別委員会の検証と予算審議のあり方について、議会改革の検討項目に追加すると確認されたことで、今、協議してもらっている。   もっと読む
2017-03-23 大和市議会 平成29年  3月 議会運営委員会−03月23日-01号 ◎  事務局次長 1つの議案を複数の委員会で分割して審査してはいけないという議案一体の原則が、行政実例で示されている。ただし、分割付託は多くの議会で行われている現状がある。分割付託の弊害として、委員会では予算の修正案が提出できないという点があるが、本会議では修正案の提出が可能である。 ◆(宮応委員) 日本共産党も現状でよい。 もっと読む
2017-03-23 大和市議会 平成29年  3月 議会運営委員会−03月23日-01号 ◎  事務局次長 1つの議案を複数の委員会で分割して審査してはいけないという議案一体の原則が、行政実例で示されている。ただし、分割付託は多くの議会で行われている現状がある。分割付託の弊害として、委員会では予算の修正案が提出できないという点があるが、本会議では修正案の提出が可能である。 ◆(宮応委員) 日本共産党も現状でよい。 もっと読む
2016-11-29 小田原市議会 平成28年 12月 定例会-11月29日−02号 これは例えばこの事業者が弁護士を立てて裁判を起こしたとすると、行政実例、墓地、埋葬等に関する法律ではない実例などを見ますと、大体市のほうが負けているのですよね。今後、例えば裁判になった場合、これは税金で弁護士を市は雇わなければならない。勝算があるのかどうか。また、和解しなければならなくなる場合もあるのかもしれない。   もっと読む
2016-09-01 寒川町議会 平成28年第1回定例会9月会議(第3日) 本文 例えば地方自治法に禁止規定がないとか、行政実例で認められているとか、そういうことでしょうか。 ◯議長【黒沢善行君】  小島総務部長。 ◯番外【総務部長 小島輝雄君】  兼務につきましては、やはり地方自治法第180条の3というところに、兼ねさせることができるということの規定がございますので、そういったことからも可能であるとは考えてございます。 ◯議長【黒沢善行君】  中川議員。 もっと読む
2016-08-18 座間市議会 平成28年議会改革特別委員会( 8月18日) 次に、議会の運営面の取り組みについて、これまで予算決算議案は各常任委員会に分割付託されてきましたが、議案一体の原則に反するとの行政実例もあり、委員会の間で結論が異なる場合も考えられるなど、違法とは言えないものの好ましくないとの意見が以前より出されていました。 もっと読む
2016-04-18 相模原市議会 平成28年  4月 議会運営委員会-04月18日−01号 ◆山下伸一郎委員 我が会派は、予算審査と同じ方法に戻したほうがいいのではないかという意見があったが、平成17年度の議会運営委員会での決算特別委員会の設置に関する議論を読ませてもらった中で、事務局から、分割付託は行政実例で違法であると見解が出ているということで、それで結構遅れたと思う。 もっと読む
2015-11-13 横須賀市議会 平成27年 第4回定例会 吉田市長の不透明な市政運営に関する調査特別委員会-11月13日−03号 まず表の上段部分でございますが、こちらは、地方自治法等の両者の相違について比較し、明文化したものではなく、行政実例や参考書等から類推した内容についてまとめたものでございます。  その中で、表中段の実地検査、実地調査の部分でございますが、まず検査については第100条のほうでは不可、第98条第2項では可となってございます。 もっと読む
2015-10-02 藤沢市議会 平成27年 9月 決算特別委員会-10月02日-05号 行政実例におきましても、年度末、議会閉会後に専決処分で繰越明許を定めることは適当ではないとされておりますことから、やむを得ず事故繰越としたものでございます。 もっと読む
2015-10-02 藤沢市議会 平成27年 9月 決算特別委員会-10月02日-05号 行政実例におきましても、年度末、議会閉会後に専決処分で繰越明許を定めることは適当ではないとされておりますことから、やむを得ず事故繰越としたものでございます。 もっと読む
2015-03-26 秦野市議会 平成27年第1回定例会(第7号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2015-03-26 では、そういうことができる条例をつくったらどうかと担当の課に聞いてみたところ、根拠となる地方公営企業法にそういう規定がない以上、法に根拠がない条例をつくるのは普通できないという行政実例みたいなものがあるということです。それでも、予算、決算においては、もちろん、大きな事業については審議ができますが、議会の関与の仕方が少なくなるということは間違いない。 もっと読む
2015-03-20 海老名市議会 平成27年 3月 総務常任委員会-03月20日-01号 閲覧できる資料の内容といたしましては、地方自治法や行政手続法の解説、質疑応答集、行政実例の閲覧のほか、法令の検索、また、判例の検索を行うことができるというふうになってございます。このシステムを活用することによりまして、サービス提供料約40万円ほど増額いたしますが、追録加除式図書の購入額が約70万円減額となりまして、差し引き30万円程度の経費が削減できるとなってございます。 もっと読む
2015-03-12 厚木市議会 2015.03.12 平成27年 総務企画常任委員会 本文 これは行政実例に載っている話なのですが、従前の部分を見ますと、どうもその契約に解除条項が載っていないということで債務負担行為を打っていたのかと思うのですが、今回の新たな契約につきましては、基本的には解除条項をした形で契約を打ちますので長期継続契約と扱って、新年度予算には債務負担行為として載っていないという状況でございます。 もっと読む
2014-06-19 小田原市議会 平成26年  6月 定例会-06月19日−03号 しかしながら、昭和32年、当時の文部省は、行政実例で、歳入処理しなくてもよいとの判断をしています。この行政実例が根拠となって私会計が続いていますが、既に半世紀以上が経過し、包括外部監査等でコンプライアンスに基づく見直しを求められた自治体もあると聞いております。   もっと読む
2014-06-11 小田原市議会 平成26年  6月 定例会-06月11日−02号 というのは、行政実例、これは昭和27年、昭和28年ぐらいに、今から60年ぐらい前の話になるのですが、その中には、不納欠損後の処理としての権利の放棄として議会の議決を経なさいと、こういう話になっているのですよ。通常だったら、特に、例えば税金、5年たって時効で消えてしまうとか、国民健康保険料、先ほども総務部長が答弁しましたけれど、通常であれば、別に議会の議決を必要としないはずです。 もっと読む
2014-03-25 鎌倉市議会 平成26年 3月25日総務常任委員会−03月25日-01号 という行政実例がありまして、そもそも財務会計上の行為についてどうだこうだと云々かんぬんをするのが住民監査請求ですから、議会の条例制定権について、監査したから、その結果をもってして、議会がその結果を参酌して条例の決をとるということは、絶対にあり得ないと考えております。 もっと読む
2014-03-05 秦野市議会 平成26年第1回定例会(第4号・議案審議) 本文 開催日: 2014-03-05 市長職にある者は労働者でない、勤労者でないという行政実例もありますので、これは常識的なことだと思いますが、私どももそう思っております。  以上で、市長職の特殊性からいって、あるいは、各市のレベル、比較からいっても、実額からいっても、本市の市長の給与は、退職手当を含めて高いものとは言えない、低いほうに属すると言えると思います。   もっと読む
2013-12-24 川崎市議会 平成25年 第4回定例会-12月24日-07号 これは行政実例上で認められていないということなんだけれども、それも認めてしまっているというところが私は大きな問題があると思う。ちょっときょうは時間がないから先へ行きますけれども、市長、これは大変大きな問題だと思うんです。ぜひ今後ともよく研究してもらいたいと思います。   もっと読む