運営者 Bitlet 姉妹サービス
160件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-08 藤沢市議会 平成31年 2月 予算等特別委員会-03月08日-04号 ◆堺英明 委員 陳情で取り上げられている状況を考えると、行政執行が必要になる可能性も否定できないわけであります。仮に条例にしなかった場合、このように解決が非常に難しい事案等も発生すると考えられますが、こういった場合にはどのように対応していくおつもりなのか、お伺いいたします。 もっと読む
2018-12-18 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月18日-08号 本来は、私有財産はみずから管理責任があるので、行政が手を加えるべきものではないのですが、特定空き家になってしまった状態では、最悪のケースとして、行政執行ということもあり得ます。そこで、空き家同様、みずからの管理責任がありながらも、倒木対策には特段の定義がなく、予防対策を進めていくべきです。 もっと読む
2018-12-10 秦野市議会 平成30年第4回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2018-12-10 本来は、早急に土を片づけていただく、行政処分、行政執行を含めて考えていただきたいと思いますけれども、どうでしょうか。 もっと読む
2018-09-27 海老名市議会 平成30年 9月 経済建設常任委員会−09月27日-01号 本来、空き家等対策審議会は、主に行政執行など強制的な手続についてご意見をいただくために会議を開催することが理由となります。平成29年度はそのような空き家がなかったことから、開催は特にしてございませんでした。しかしながら、平成27年度から審議会を設置したことで、平成27年度、平成28年度については、審議会の意義、空き家対策の事業などの報告をする場を持って、2年間は審議会を開催してございました。 もっと読む
2018-09-25 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月25日−05号 空家等対策の推進に関する特別措置法上の特定空家等に対する措置では、行政執行が定められており、自治体主導で対象の空き家を解体できるという大変強い権限が与えられています。空き家所有者の財産権という権利と公益のバランスは非常に難しいことは承知しておりますが、法律施行以降、代執行によって解体が行われた事例が出てきているのも事実です。 もっと読む
2018-09-07 藤沢市議会 平成30年 9月 厚生環境常任委員会-09月07日-01号 【陳情理由】  先般、名古屋市において、いわゆるごみ屋敷に対する行政執行が行われたことがメディア等で取り上げられていました。これは決して対岸の火事ではなく、私たちの住む藤沢市でも同じ様にごみ屋敷の問題が起こっています。実際、私たちの住む地域には、数年前からいわゆるごみ屋敷化した住宅があり、悪臭や害虫、ねずみの大量発生等、近隣の生活環境が大きく損なわれている状況でありました。 もっと読む
2018-06-21 藤沢市議会 平成30年 6月 定例会−06月21日-06号 それでも解決できない場合、行政執行法に基づき、自治体が特定空き家の除去などを行えるというようになりました。本市でも空き家の適正管理に関するガイドラインや、空き家対策基本方針が策定されておりますが、現状までの本市の特定空き家の認定状況についてお聞きいたします。 ○議長(松下賢一郎 議員) 石原計画建築部長。 もっと読む
2018-04-27 川崎市議会 平成30年  4月まちづくり委員会−04月27日-01号 ◆浅野文直 委員 建築指導課のところでは、最終的には行政執行までできる課なので、もっと強い権限でされているのかなと思っていたので意外だったんですけれども、彼らは明らかにわかっていて時間稼ぎしているように私は捉えるんですが、このままいくと、恐らく発覚してから5年、6年は普通に営業していますので、生活保護の方が入っているかどうかはともかくとしても、立ち入りまでさせてない以上は、そのままやっている可能性 もっと読む
2018-03-16 鎌倉市議会 平成30年 2月定例会−03月16日-07号 を求め、または、関係者に対する調査のほかに、官公署等から情報提供を求めることができる旨の規定を、第9条から第11条では、当該建物等における堆積者に対し、必要に応じて指導・勧告、また命令を行うことができ、また、正当な理由なく命令に従わない場合で、他の手段によって改善措置の履行を確保することが困難、かつ不履行を放置することが著しく公益に反すると認めるときは、第13条に規定する審議会の意見を聞いた上で、行政執行もっと読む
2018-03-08 鎌倉市議会 平成30年度一般会計予算等審査特別委員会−03月08日-05号 の定めるところにより、行政執行を行うことを規定します。   もっと読む
2018-03-01 鎌倉市議会 平成30年 3月 1日観光厚生常任委員会−03月01日-01号 であると認めるとき、当該建物等に係る堆積者に対し必要に応じて指導、勧告を行い、勧告を行ったにもかかわらず、なお、建物等が不良な状態にあり、近隣住民の生活環境が著しく損なわれていると認めるときは、命令を行い、命令を受けた堆積者が正当な理由なく命令に従わない場合で、他の手段によって改善の履行を確保することが困難で、かつ、その不履行を放置することが著しく公益に反すると認めるときは、審議会に諮問し、答申を経て、行政執行もっと読む
2018-03-01 二宮町議会 平成30年第1回(3月)定例会(第10日目) 本文 339 ◯8番【野地洋正君】 ということは、空き家というと、どうしても対象は建物というものを想定するんですけれども、付随する木であれ、散乱するごみであれ、その敷地内のものは基本的に全部を、言ってみればこういう流れの中で、行政執行までできるようになりますよという理解でよろしいですね。 もっと読む
2017-12-14 鎌倉市議会 平成29年12月14日観光厚生常任委員会-12月14日-01号 それでも著しく不良な状態が解消しない場合には、審議会での協議、市長からの諮問を行い、審議会の答申を経て、助言、指導、勧告、命令、行政執行の行政措置を行えるようにするものです。  1、条例の名称は、「(仮称)鎌倉市住居における物品等の堆積等による不良な状態の解消及び発生防止のための支援及び措置に関する条例」とします。   もっと読む
2017-12-06 鎌倉市議会 平成29年12月定例会-12月06日-01号 また、堆積者が不良な状態の解消に応じない場合につきましては、近隣住民の生活環境が著しく損なわれているような場合には、不良な状態の解消を命じ、その不履行を放置することが著しく公益に反すると認める時は行政執行による改善対応を図っていくと予定しているところでございます。 ◆16番(納所輝次議員) 環境保全としてのアプローチはそういう形になると思います。 もっと読む
2017-09-01 二宮町議会 平成29年第3回(9月)定例会(第11日目) 本文 また、そのまま放置すれば倒壊等、著しく保安上、危険となる恐れのある状態など、いわゆる特定空き家等に対する対応として、助言、指導、勧告、命令の措置及び状況が改善されない場合の行政執行や固定資産税の住宅用地の特例を解除するなどの措置を講ずるために、特定空き家等と認定する手順を記載することを検討していますが、具体的な措置の内容や手順については、二宮町の状況を検討委員会にも説明しながら、ご意見を伺いつつ、 もっと読む
2017-06-27 川崎市議会 平成29年 第2回定例会−06月27日-07号 なお、行政執行を実施した場合には、要した費用について所有者に適切な費用負担を求めてまいります。以上でございます。 ○副議長(後藤晶一) 吉岡議員。 ◆37番(吉岡俊祐) 特定空き家と認定するためには綿密な調査が必要であります。調査そのものに法的根拠が必要ですが、根拠を伺います。管理者に通知し調査に至る根拠を明示してください。調査員の身分は誰がどのようにして定めるのか、法的根拠も伺います。 もっと読む
2017-06-16 茅ヶ崎市議会 平成29年 6月 第2回 定例会-06月16日-03号 特措法の第10条でいう指導、勧告、助言、それから最終的には行政執行ということが非常に難しい。さらに、その行政執行に至っては、誰がその費用を持つのか、費用の回収の見込みが立たないことから、行政執行に至る自治体というのは非常に少なくなっています。このような特措法に沿った全国一律的な計画というのは、やっぱり無理があるのではないかなと思います。   もっと読む
2017-06-15 綾瀬市議会 平成29年6月定例会-06月15日−02号 このように、法に基づく指導、勧告、命令等の措置をとっても、所有者もしくは代理人がその改善措置を履行しない場合には、行政執行に定めるところに従いまして、強制執行が行えることになってございます。以上です。 ○議長(武藤俊宏君) 松澤堅二議員。 もっと読む
2017-06-14 川崎市議会 平成29年 第2回定例会-06月14日-02号 他都市においては、著しく老朽化が進んだ物件については、所有者の氏名公表や行政執行に結びつける事例も散見されますが、本市の見解を伺います。  次に、平成29年度川崎港利用促進コンテナ貨物補助制度について伺います。京浜臨海部における物流の結節点として重要な役割を果たしてきた川崎港は、東京、横浜、川崎の港湾機能の一体運営により、京浜港としてそれぞれの特徴を最大限に発揮した運営を進めてきました。 もっと読む
2017-05-25 川崎市議会 平成29年  5月健康福祉委員会−05月25日-01号 したがいまして、現段階から是正命令に向かうステップとして、この予告通知を行い、相手側からの意見聴取の機会を与えた上で、その後の手続へ進めてまいりまして、最終的には、告発・行政執行まで進んでいくことになります。  恐れ入りますが、資料1にお戻り願います。  右下の「4 今後の対応」の続きになりますが、上から2段目をごらんください。 もっと読む