58件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2020-12-15 令和 2年 第6回定例会−12月15日-07号

本市では、太陽光発電家庭用燃料電池蓄電池もろもろの補助金制度である川崎市スマートハウス補助金がありますが、制度実施以降、これまでに積み上げた申請数の合計についても環境局長に伺います。  神奈川県では、太陽光発電設備共同購入事業初期費用ゼロ円で太陽光発電設備設置できる0円ソーラー等太陽光エネルギー普及啓発に向けた取組が充実しています。

座間市議会 2020-07-30 令和 2年議会運営委員会( 7月30日)

災害対策費防災資機材等整備事業費新型コロナウイルス感染症緊急対策)は、同感染症拡大防止及び避難所における同感染症対策のため、ポータブル蓄電池購入すること等に伴う予算措置です。  教育費教育総務費学校安全対策事業費新型コロナウイルス感染症緊急対策)は、同感染症拡大防止啓発のため、のぼり旗等購入することに伴う予算措置です。

厚木市議会 2020-03-12 令和2年 予算決算常任委員会環境教育分科会 本文 2020-03-12

1つは、今の地球温暖化防止普及啓発事業、もう一つは、低炭素社会実現のため、住宅太陽光発電システム蓄電池導入促進を図っているスマートハウス推進事業費でございます。  温暖化防止普及啓発事業費ですけれども、厚木市の到達点ということで、今、地球温暖化対策実行計画というのがございます。その中で、令和12年度については、平成25年度を基準として27%を目標に今取り組んでいるところでございます。

川崎市議会 2020-03-10 令和 2年 予算審査特別委員会-03月10日-02号

また、公衆無線LAN等整備蓄電池による電力確保などにつきましても、整備内容の詳細を決定していく中で引き続き検討してまいります。以上でございます。 ◆河野ゆかり 委員 ありがとうございます。この整備に当たりましては、周辺の道路や歩道など安全対策も求められておりますので、よろしくお願いをいたします。  次の質問に行きます。登戸・向ヶ丘遊園周辺地区活性化について伺います。

川崎市議会 2019-09-24 令和 1年 決算審査特別委員会(環境分科会 第1日)-09月24日-10号

本市におきましては、ことし2月に市が把握している今年度中に買い取り期間満了を迎える世帯に対して、期間満了及び蓄電池補助制度の周知を行うとともに、ことし8月には市民向けセミナーを開催し、蓄電池導入などによるエネルギー最適利用や今後の対応について、講師の方から御紹介をいただいたところでございます。

南足柄市議会 2019-09-17 2019年9月17日(火) 令和元年都市教育常任委員会 本文

197:環境課環境政策班長 環境課環境政策班長 基本的には自家消費、それと、蓄電池設置できれば、防災観点等からそういったもので対応できればというふうに考えてございます。自家消費することによって、ピーク電力を抑えられるというふうに一応考えてございます。  以上です。

藤沢市議会 2019-06-25 令和 元年 6月 定例会−06月25日-06号

この補助制度は、地域防災計画に指定された避難施設太陽光発電システム蓄電池導入する際に補助金が受けられるものとなっております。藤沢市でも小学校や中学校を初め、多くの公共施設災害時の避難施設となっております。この環境省の補助制度利用し、環境視点、そして、防災視点と両立させる施策を進められるのではないかと考えておりますが、藤沢市としての取り組みをお伺いいたします。

茅ヶ崎市議会 2019-03-19 平成31年 3月 予算特別委員会−03月19日-05号

蓄電池設置は、市域の温室効果ガス排出量削減に資するため、市としては推奨していきたいと考えている。現在、本市では蓄電池設置に関する補助事業等実施していないが、国の補助事業の情報を周知するとともに、他の自治体で実施している蓄電池事業等に対する補助事業の状況を調査研究し、今後の実施可能性を検討したいと考えている。

南足柄市議会 2019-03-13 2019年3月13日(水) 平成31年予算特別委員会 本文

次の事業細目003防災行政無線事業の1項目め、001防災行政無線管理事業732万2,000円は、蓄電池消耗品保守点検費用など、防災行政無線維持管理に係る経費が主なものでございます。  次の002防災行政無線整備事業79万5,000円は、神奈川防災行政無線運営協議会負担金が主なものとなっております。  以上で、防災安全課説明を終わりとさせていただきます。

厚木市議会 2018-12-13 平成30年 環境教育常任委員会 本文 2018-12-13

2つ飛びまして、公民館費のうち公民館維持補修事業費につきましては、老朽化した蓄電池修繕前倒し実施するため、増額するものでございます。  次に、文化財保護費遺跡史跡公園事業費につきましては、山中陣屋跡史跡公園の老朽化した土塁柵修繕前倒し実施するため、増額するものでございます。  

厚木市議会 2018-11-29 平成30年第5回会議(第1日) 本文 2018-11-29

社会教育費につきましては、老朽化した蓄電池修繕前倒し実施するため、公民館維持補修事業費を増額するとともに、山中陣屋跡史跡公園の老朽化した土どめ柵修繕前倒し実施するため、遺跡史跡公園事業費を増額するものでございます。  保健体育費につきましては、台風24号の影響による災害復旧に要した経費を補填するため、体育施設維持補修事業費を増額するものでございます。  

厚木市議会 2018-03-05 平成30年第1回会議(第5日) 本文 2018-03-05

まず、エネルギー利用の原則と施策はというところで、創エネは、エネルギー地産地消に努める、太陽光発電による再生可能エネルギー普及拡大、そして省エネは、エネルギー利用効率化に努める、省エネ機器等によるエネルギー利用効率化、そして蓄エネは、災害時を含めた安心・安全に配慮する、蓄電池によるエネルギー効果的利用が挙げられております。  

座間市議会 2017-12-04 平成29年第4回定例会(第3日12月 4日)

太陽光発電蓄電池のガソリンに頼らない電源の確保につきましては、太陽光発電型の投光器やポータブル蓄電池導入を進めております。特に蓄電池については価格が高価であること、耐用年数が短いことなどもあり、発電機にかわるものとはなっておりませんが、今後も機器性能向上価格低減化等を注視しながら、引き続き導入については検討してまいります。