798件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

座間市議会 2019-09-30 令和元年第3回定例会(第6日 9月30日)

次に、教育部所管、小学校外国語教育推進事業費及び中学校外国語教育推進事業費については、外国語活動及び英語教育の充実のために外国人の外国語指導助手、いわゆるALTを派遣するための委託料です。当年度は小学校が565回、中学校が395回派遣されたとのことです。子供のころから生きた英語に触れることは大変貴重な経験となり、グローバル化の今の時代には大事な事業であると評価をいたします。  

茅ヶ崎市議会 2019-09-26 令和 1年 9月 第3回 定例会-09月26日-03号

また、境町では先進的な英語教育に力を入れており、フィリピンから英語教師を招き、町内の市立小・中学校に配置しております。フィリピンの先生に習った英語が本場アメリカで使える。子供たちがグローバルになっていく、そのために友好都市になった。世界屈指の観光地と交流を結ぶことが町の教育観光等のPRにつながっているのだと町民に胸を張って発信しております。  我が茅ヶ崎市では、姉妹都市締結5周年となります。

大和市議会 2019-09-25 令和 元年  9月 定例会−09月25日-05号

さらに、小学校での英語教育プログラミン教育など新たな学びに取り組むとともに、教員の多忙化の解消などの課題があります。教員はブラック職場で、希望者が減少していると伺います。未来を担う子供と毎日接する教員が元気よく働ける労働環境の改善に取り組まれることを求めます。  シリウス、中央林間図書館などの新設で、大和市図書館のまちを標榜しました。

二宮町議会 2019-09-13 令和元年第3回(9月)定例会(第13日目) 本文

これは、英語教育を推進してきた成果が十二分にあらわれていると評価できるところでございます。  しかし、文部科学省の担当者によると、話す能力には課題が多く、特に即興でのやりとりができていないと分析されています。神奈川県内各自治体英語教育にかける予算を増額し、ALTを増員している中、二宮町では本年度、ALTを減員しました。これで児童生徒たちの話す能力に課題がないのか気になります。  

川崎市議会 2019-09-11 令和 1年 第4回定例会-09月11日-03号

本市が英語教育推進事業において、他市と比較し特化して取り組んでいる内容について伺います。また、小学校算数調査においては政令指定都市1位の正答率といい傾向となっておりますが、こちらについても他市と比較し特化して取り組んでいる内容について伺います。今回の結果を受け、その持続には教員指導力強化が非常に重要となってきます。

大和市議会 2019-09-02 令和 元年  9月 文教市民経済常任委員会−09月02日-01号

◆(中村委員) 英語教育推進事業について、大和市全国学力・学習状況調査中学校英語神奈川県で何番目か。 ◎  指導室長 順位は公表されていないが、県の平均より、やや下である。 ◆(中村委員) 8月30日の読売新聞に、文部科学省が7月に結果を公表した全国学力・学習状況調査中学校英語で、神奈川県は全都道府県で1位、横浜市は全国20政令市の中で2位となったと書いてある。

座間市議会 2019-08-30 令和元年第3回定例会(第2日 8月30日)

また、各校の外国語担当教員による英語教育推進委員会では、ALTの活用について振り返りと協議を行い、成果と課題を明確にしております。ALTを配置することで、担任とALTで会話モデルを示すことができたり、さまざまなアクティビティー、活動を通して児童が生きた英語に触れることができたりと大きな成果が得られております。  次に、2点目の他教科への影響についてです。

座間市議会 2019-08-29 令和元年第3回定例会(第1日 8月29日)

姉妹都市である米国テネシー州スマーナ市と交流し、両市のかけ橋となる国際親善大使について、小学校における英語教育への配慮も念頭に、対象学年の下限を小学校6年生に広げ、第2期生の募集を行いました。第1期生の成果もあり、この事業に対する関心も高まり、多数の応募があり、選考の結果、児童・生徒20名を第2期の国際親善大使として任命し、3年間の任期で新たなスタートを切ってまいります。

南足柄市議会 2019-07-02 2019年7月2日(火) 令和元年第2回定例会(第3日) 本文

それでは、先ほど市長の答弁にありましたグローバルな環境の中で自分の考え方を表現していけるように教育をしていくという話でしたが、南足柄市では平成19年度から3年間、文科省研究開発校に指定されて以来、今年度も確か県費の小学校英語教諭、専科の教員ですね、加配を得て、更に英語教育に力を入れていくようでありますが、これまでどの程度子供たちの英語能力として目に見える効果があったのか伺いたいと思います。

大和市議会 2019-06-20 令和 元年  6月 定例会-06月20日-02号

その際、英語教育の重要性を指摘しつつも、英語を身につける上でベースは国語である、まず国語授業を充実してほしいと要望いたしました。その考え方に変わりはありません。  一方、英語教育をめぐる状況はこの数年間で変化を見せてきました。読む、聞く、話す、書くといった4技能を評価すべく改革が進んでいます。入学試験も変化を見せています。

秦野市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第4号・一般質問) 本文 開催日: 2019-06-14

一例ではございますが、西中学校では、日立製作所OBの皆様による理科授業支援、堀川小学校では、四十八瀬川自然村の皆さんによる稲作体験学習、そのほか、上智大学短期大学部の学生や一般市民の方による英語教育への支援、そして、東海大学生の学習支援ボランティアなど、幅広く企業大学の皆様に御支援をいただいております。  

藤沢市議会 2019-06-13 令和 元年 6月 子ども文教常任委員会-06月13日-01号

そういう状況の中でも、そういう英語教育に特化したところがいいとか、例えば外遊びする、子どもが元気に育つので、一般の幼稚園よりもそちらがいい。そういうことに関しては、それは無償になることにこしたことはないけれども、それは自分がいいと思って選んだ選択肢なので、少々お金がかかってでも預けたいと思う方もいらっしゃるんじゃないかなと思うんです。  

座間市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第3日 6月10日)

加配が全国で1,000人以上となると、各県や政令市に割り当てると10数人程度にすぎない、また、50%以上なんて考えられない、何年かかっても達成できる県は出てこないだろうなど、また、低年齢から英語教育子供発達にどのようにかかわるのか、これまでの教訓を検証する必要があるのに、政府予算を使って政策誘導する介入は問題である、などの意見です。

鎌倉市議会 2019-06-07 令和 元年 6月定例会−06月07日-03号

そのためには、次世代社会やグローバル社会に対応することができるICT教育英語教育、創造的思考力育成を積極的に展開していくということが、より必要になってくるんだろうと感じています。  鎌倉の子供たちも、いろいろとそういう面では活発に活動しているようなところもありまして、先日、私のところに山崎小学校子供たちが鎌倉市のPR動画をつくったので、ぜひ見てほしいということで来てくれました。

二宮町議会 2019-06-07 令和元年第2回(6月)定例会(第7日目) 本文

要旨2、英語教育の充実に関し、多文化多言語の中で国際的な協調と協働が求められているとして、我が町では小学校1年生から英語教育を行っているとのことでありますが、日本人としてのアイデンティティーが確立していない子供への英語教育は慎重であるべきと考えますが、その点の配慮はあるのでしょうか。