36件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

綾瀬市議会 2020-09-27 09月27日-06号

また、市内中小企業若手技術への支援をすることで、ものづくり技術力向上が図られたものと考えております。農業につきましては、園芸振興対策をさらに推進したことにより、農作物の高付加価値化と知名度の向上や、安定生産による収穫量の増加、作業の効率化による品質向上が図られ、農業が6次産業化に進むことで、農業者の所得の向上雇用確保につながるものと考えております。

座間市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第4日 6月11日)

そのポイントとしては社会貢献企業であるか、優良工事施工業者であるかということであり、災害時に県民の安全・安心を守る活動に積極的、さらには若手技術育成に熱心かなどを重要視し、防災協定締結工事評定点若手技術雇用などは特別評価項目として位置づけられ、指名選定業者に追加するとの内容になっており、このいのち貢献度指名競争入札は、災害が発生したときに真っ先にその現場に駆けつけて復旧活動に当たってくださっている

大和市議会 2018-09-18 平成30年  9月 定例会−09月18日-03号

建設業における働き方改革として、週休2日制の工期設定を行うことは、建設現場で働く方の健康を保ち、ワーク・ライフ・バランスの改善や、また若手技術の入職を促進し、将来の担い手確保にもつながる重要な取り組みだと考えております。本市としては、学校の夏休み工事など、やむを得ず工期が限られる場合を除いては、可能な限り週休2日制を取り入れた工期設定に努めており、引き続き適切な工期設定に取り組んでまいります。

綾瀬市議会 2018-09-03 09月03日-01号

そのほか、現年度予算での主な事業としては、消防本部庁舎用地の購入、城山中学校空調設備機能復旧工事などのハード事業のほか、工業の若手技術同士のネットワーク構築事業に新たに着手したほか、平成29年7月からの小児医療費助成対象年齢拡大、幼児2人同乗自転車貸与台数拡充など、子育て世代への支援にも取り組んだものでございます。 

平塚市議会 2018-06-21 平成30年 総務経済常任委員会 本文 2018-06-21

最後に、技術者雇用育成雇用事業者及びワークライフバランス事業者内容とその趣旨でございますが、技術者雇用育成環境事業者項目は、満40歳未満の若手技術を1人以上雇用している事業者女性技術者を1人以上雇用している事業者、法定雇用障がい者数を超えて障がい者を雇用している事業者対象になります。

平塚市議会 2018-03-03 平成30年3月定例会(第3日) 本文

現行の工事成績災害協定、低公害車導入項目に加えて、新たに若手技術、女性技術者、障がい者の雇用本市イクボス宣言企業インセンティブ項目として設定するもので、元気な市内事業者育成につながるものと考えております。  次に、5点目の龍城ケ丘ゾーン公園整備見附台周辺地区整備事業における市内事業者との連携についてであります。  市内事業者参加については、大変大切なこととは認識しております。

綾瀬市議会 2018-02-27 02月27日-01号

製造現場におきましても技術者高齢化が進行し、人手不足も相まって、担い手への技術継承若手技術育成技術力向上が必須となっております。今年度から実施いたしました技術継承事業、あやせ工匠塾に加えて、若手技術に目標を持ってもらい、競技会において技術を競い合い、その技術力向上を図るため、「あやせ工場技能五輪」を開催いたします。

相模原市議会 2017-06-28 06月28日-05号

渡邊義博財務部長 一般競争入札についてでございますが、本市では、市内事業者で施工可能な工事等につきましては、原則、参加資格市内事業者に限定し、入札実施しており、また、工事の特性や規模等を勘案し、過去の工事成績が一定以上であることや、若手技術雇用状況などを点数により評価するインセンティブ入札を一部で採用しているところでございます。

大和市議会 2017-03-16 平成29年  3月 定例会−03月16日-04号

総合評価落札方式を用いている鎌倉市に視察に伺いましたが、評価項目企業技術者技術的能力のほか、企業社会性信頼性として、災害協定による地域貢献項目や、高齢者障害者若手技術雇用有無女性の登用、環境に配慮するISOまたはエコアクション取得有無等、自治体が企業に望む項目評価点として加えられています。  そこで質問します。

川崎市議会 2016-11-04 平成28年 11月総務委員会-11月04日-01号

める中、2の入札契約制度を取巻く環境の変化ということで、担い手三法の改正平成26年6月に行われ、品確法運用指針が27年1月に出され、現在及び将来の公共工事品質確保、中長期的な担い手確保、ダンピングの防止などを目的基本理念とし、発注者の責務としては、予定価格の適切な設定、計画的な発注、適切な工期設定、低入札価格基準最低制限価格設定と、多様な入札契約制度導入・活用としては、技術提案型、若手技術

大和市議会 2016-09-26 平成28年  9月 定例会-09月26日-04号

制度としましては、生活支援ロボット研究開発のための設備導入に対する補助や、ロボット開発技術向上若手技術育成目的に設立された共同研究協議会に対する補助などがございます。設備導入補助対象となった市内企業には、昨年度から神奈川県の共同研究開発事業として実施されている大涌谷の火山活動を調査するドローン開発に携わった企業もございます。

川崎市議会 2016-09-14 平成28年 第3回定例会-09月14日-03号

市内事業者育成入札契約事務改善若手技術育成など、我が会派は、入札制度改善改革を毎議会ごとに幅広いテーマで指摘し、新たな手法を提案してまいりました。このたび、入札契約制度発注等検討委員会が副市長を座長として設置され、入札部会発注部会設計書部会と3部会が置かれることになりました。入札にはさまざまな課題や問題が点在しています。

川崎市議会 2016-02-12 平成28年  2月市民委員会−02月12日-01号

2行目、〇ものづくり人づくり事業費につきましては、若者へのものづくりの魅力の発信や大学と連携した加工技術体験実施による若手技術人材育成等支援を行うものでございます。  次に、118ページをお開き願います。  一番上の段、右のページの上から2行目、〇ものづくり中小企業経営革新支援事業費につきましては、市内中小企業の新技術・新製品開発経営安定化に向けた支援を行うものでございます。  

藤沢市議会 2016-02-01 平成28年 2月 藤沢都心部再生・公共施設再整備特別委員会-02月01日-01号

また、企業社会性信頼性をはかる指針として、例えば国等では女性技術者採用や障がい者雇用若手技術採用等評価基準として取り扱われるというふうに聞いております。また、本市入札においては、それ以外に災害協定締結等についても加点評価として行っているというふうに聞いているんですけれども、今回の工事、とりわけ市民のために少しでも技術力社会貢献度の高い業者を選定してもらいたいと思っております。  

  • 1
  • 2