166件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤沢市議会 2019-12-16 令和 元年12月 定例会−12月16日-03号

今後も引き続き、土地所有者地域団体自然保護団体等と協働して、緑地維持に取り組むとともに、公園と一体的に市民に親しまれる良好な谷戸の保全に努めてまいります。 ○副議長有賀正義 議員) 東木久代議員。 ◆26番(東木久代 議員) 8年前、いろんな関係者調整に御苦労されていた様子が目に浮かぶわけですけれども、よくここまで来られたなと、こんな思いでいっぱいでございます。  

伊勢原市議会 2019-06-02 令和元年6月定例会(第2日)〔陳情文書表〕

━━━━━┫ ┃陳情者氏名  ┃広瀬 和人                         ┃ ┣━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫ ┃陳情要旨  ┃                              ┃ ┣━━━━━━━┛                              ┃ ┃私たち国産林業振興奥山等人工林天然林化を願う実践自然保護団体

藤沢市議会 2019-03-04 平成31年 2月 定例会−03月04日-04号

現在この基本計画に基づき、地元組織自然保護団体、NPO法人などから選出された委員による健康の森管理運営協議会を設置し、健康の森内の緑地管理を行っております。また、フットパスにつきましては、広域レベル5つのフットパスルートを見直し、少年の森と連携したより気軽に短時間で歩くことができる安全で快適なルートを再選定いたしました。

藤沢市議会 2017-09-28 平成29年 9月 決算特別委員会-09月28日-03号

それとともに、市民との合意形成を図るために、農業とか商工業、観光、教育、それから自然保護団体関係者の方にヒアリングを行うとともに、関係団体市民公募により参加者を募りまして、グループワークというものを2回実施しておりまして、施策方向性について検討していただいているところでございます。 ◆堺英明 委員 委員会市民等からどのような意見があったのかについてお伺いをいたします。

藤沢市議会 2017-06-21 平成29年 6月 定例会−06月21日-05号

都市整備部長藤村勝己) 健康の森基本計画ロードマップに基づいた里山保全再生事業のその後の取り組みでございますが、現在まで健康の森管理運営協議会に参画するNPO法人団体地元組織団体自然保護団体団体の計5つ市民活動団体と連携して、繁茂した竹類の間伐、下草刈りなどの活動を継続して取り組んでおります。

厚木市議会 2017-03-01 平成29年第1回会議(第3日) 本文 2017-03-01

まず、厚木市の西部地域ですが、いきなり猛禽類生息情報により、自然保護団体の方が血相を変え、事業などできない旨、告げられ、また、この関係では、当てにしていた国の交付金基幹事業である都市計画道路が消え、調査費がなくなり、さらに、ほかに例のない9割減歩権利者皆様に提示し、事業成立性も危ぶまれました。  

藤沢市議会 2016-12-15 平成28年12月 定例会−12月15日-03号

地域懇談会につきましては、当該遊水地周辺自治会地区社会体育振興協議会長後地区及び湘南台地区郷土づくり推進会議市体育協会自然保護団体等の代表方々18名の委員が参加されており、地域への情報発信も担っていただける場でありますことから、神奈川県からは、今年度についても年明けに工事説明会を開催する予定であると伺っております。  

藤沢市議会 2016-10-03 平成28年 9月 決算特別委員会-10月03日-05号

市といたしましても、このような公園利用者安全性を確保するために、何らかの対策が必要であると感じておりますが、南側の蓮池におきましては、自然保護団体により、藤沢メダカの試験的な放流も行われていることから、蓮池活動されている団体方々の御意見もお聞きした上で、部分的なデッキの設置など、実施可能な方法を今後検討していきたいと考えております。  

厚木市議会 2016-06-06 平成28年第2回会議(第3日) 本文 2016-06-06

123 ◯足立原 満河川みどり部長 今後、あつぎこども森クラブの会員である自然保護団体及び自然観察団体皆様が主導して実施する自然体験プログラム内で動植物調査予定しております。平成28年度では、植生調査を2回、トンボ調査水生生物調査及び両生類調査を各1回実施する予定です。既に5月27日に9人ほどで第1回植生調査を実施しております。

愛川町議会 2016-06-03 06月03日-03号

しかしながら、この整備計画策定に向けては、特に河川自然保護団体学識経験者などで構成される相模川ふれあい懇談会との調整に加え、相模川については平塚市と寒川町にかかる神川橋から下流域河川管理者である国との調整が必要となりますことから、これらの調整に時間を要し、計画策定の進捗が図られない状況であると伺っております。 以上です。 ○議長小島総一郎君) 5番佐藤茂議員

藤沢市議会 2015-09-15 平成27年 9月 定例会−09月15日-03号

これまで管理運営協議会において地元住民市民活動団体自然保護団体等と粘り強く合意形成を図られ、準備を進めてこられました。平成30年に整備着手とのことを伺っております。マイナスイオンが降り注ぐ貴重な資源ですが、今後の整備にも、また、維持管理にも時間や多額の予算が必要であり、整備手法も場所によってさまざまかと予想いたします。現在の検討状況や今後の御予定を含めてお伺いします。

小田原市議会 2015-09-14 09月14日-03号

過去に行われた陳情等を見ても、昭和52年に片浦地区から県知事と市長へ陳情書が、昭和57年には、県西地区自然保護団体から県議会へ要請、平成4年には、小田原市6地区連合自治会及び小田原野猿対策協議会から1万6340名もの署名を添えて県知事要望書が、同年、小田原野猿対策協議会会長から県議会議長あてで、農作物被害についての陳情書と請願が提出されています。

茅ヶ崎市議会 2015-09-10 平成27年 9月 決算特別委員会−09月10日-01号

小磯妙子 委員 保全管理計画がなかなかでき上がらなくて、自然保護団体の方からも要望があったと思うが、維持管理保全に関して平成26年度に課題として上がってきたものがあれば教えてもらいたい。 ◎景観みどり課長 清水谷は民有地がほとんどなので、負担金を支払って地主に協力いただいた上で、保全管理計画の中で、民間団体協力により対応をとっている。

茅ヶ崎市議会 2015-06-12 平成27年 6月 第2回 定例会−06月12日-02号

一般市民地権者自然保護団体など、市民への周知、理解にどう努めていくか、今後の方針を伺います。また、これからも指定箇所をふやしていくとすると、その地域一帯所有に関しても、市が買い取るのか、借り上げるのか、または別の優遇措置を講ずるのか、財政的にも問題が浮上してきます。今後の方針を伺います。  次に、審議会等附属機関のあり方について伺います。