11239件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

平塚市議会 2019-06-27 令和元年 議会運営委員会 本文 2019-06-27

まず、会議案でございますが、会議案第3号ということで、「子どもたちにゆたかな学び保障するために、教職員定数改善、教育予算の増額、義務教育国庫負担制度の堅持・拡充を求める意見書」の提出がございます。本件につきましては、教育民生常任委員会で審議されました教育関係の請願が採択される見込みでございますので、これに伴い意見書を提出するというものでございます。  

茅ヶ崎市議会 2019-06-25 令和 元年 6月 第2回 定例会−06月25日-05号

地方公営企業法第26条第1項の規定による建設改良費の繰越額といたしまして、市立病院別棟建設工事監理業務委託につきまして、建築工事の工期延長に伴い、年度内の支払い義務が生じなかったため、また、市立病院別棟建設工事通信環境構築委託につきましては、建築工事の工期延長に伴い、通信環境の構築についても期間の延長を余儀なくされたため、それぞれ事業費を令和元年度に繰り越しいたしたものでございます。  

座間市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第5日 6月25日)

令和元年度座間市介護保険事業特別会計補正予算(第2号) 日程第 3 議案第35号 座間市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条              例 日程第 4 議案第36号 座間市火災予防条例の一部を改正する条例 日程第 5 議案第37号 財産の取得について 日程第 6 議案第38号 座間市市民交流プラザの指定管理者の指定について 日程第 7 議案第39号 市道の路線の認定について 日程第 8 請願第 3号 義務教育

茅ヶ崎市議会 2019-06-24 令和 元年 6月 第2回 定例会−06月24日-04号

2019年5月、推進法の一部改定により、行動計画策定及び女性活躍の状況の情報公開義務の対象が、常時雇用する労働者301人以上から、101人以上に拡大されました。男女共同参画推進の重要な要素として、男女格差解消と、職業生活と家庭生活の両立の取り組みは、今後ますます進められていくことになります。茅ヶ崎市も地域のモデルとして率先して推進法の理念を実践する事業所としての義務を負っています。

座間市議会 2019-06-21 令和元年議会運営委員会( 6月21日)

議提の12番、義務教育に係る国による財源確保と35人以下学級の着実な実施、振興を図り、教育の機会均等と水準の維持、向上並びに行き届いた教育保障を求める意見書の提出について、こちらについては、提出者、沖本委員、賛成者、安田委員、中澤委員、加藤陽子議員。  以上でございます。 ○沖本委員長  ありがとうございます。  

茅ヶ崎市議会 2019-06-21 令和 元年 6月 第2回 定例会−06月21日-03号

との服務義務に鑑み、受講の依頼をルールにのっとり行うべきと考えます。市の所見を伺います。  (2)ドローンについてであります。  先ほど市長の答弁で、民間事業者との協定締結を目指しているとのことでありましたが、今後のスケジュール等をお伺いいたします。  (3)液体ミルクについてであります。  子育て環境の整備は平時だけではなく、災害時にも適用すべきと考えます。

平塚市議会 2019-06-21 令和元年 教育民生常任委員会 本文 2019-06-21

(正))       片倉議長 説明員   石田副市長、吉野教育長、岩崎市民部長石川学校教育部長、       川崎学校教育教育指導担当部長、高橋社会教育部長ほか関係課長 議 題   1.議案第50号 令和元年度平塚市一般会計補正予算(所管部分)   2.議案以外の所管事項質問   3.請願第1号 子どもたちにゆたかな学び保障するために、教職員定数改善、教育予算の増           額、義務教育国庫負担制度

茅ヶ崎市議会 2019-06-20 令和 元年 6月 第2回 定例会-06月20日-02号

当初予算は人件費などの義務的経費を中心とした骨格予算としておりましたが、所信表明の中で打ち出した重点施策の実行に向け、肉づけ予算として約9億円を補正予算として計上いたしました。新しい体制での具体的な方向づけであり、しっかりと実施することを期待しているところであります。

海老名市議会 2019-06-19 令和 元年 6月 第2回定例会−06月19日-03号

理事兼市長室長(萩原圭一) 市の職員についてですけれども、ドナー登録についての届け出の義務はありませんので、全職員把握はしてございませんが、特別休暇の制度を持っておりまして、特別休暇を利用した職員は過去に1名おります。平成26年度に登録して、8回ほど特別休暇を使って2回ほどドナー提供をしていると聞いてございます。  以上です。 ○副議長(志野誠也 議員) 日吉弘子議員

座間市議会 2019-06-14 令和元年民生教育常任委員会( 6月14日)

名    事務局長             渡   部       稔    事務局次長            池   邑   恵   子    庶務議事係長           土   屋   大   治    書記               菅   野   修   平 1 本日の会議に付した事件  議案第35号 座間市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例  請願第 3号 義務教育

茅ヶ崎市議会 2019-06-13 令和 元年 6月 総務常任委員会-06月13日-01号

これは義務的経費と政策的経費の関連もあってそうしたと思うが、その部分は少し明確にしていただきたい。 ◎秘書広報課長 当初予算予算化しないと事業に影響が出るものは骨格予算として既に計上をしている。決算事業評価で議会より拡充と評価いただいたことは重く受けとめつつ、政策的経費は組織的に一度立ちどまって検討する必要があり、肉づけ予算の扱いとした。

湯河原町議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年06月13日

所信では、「小児医療費助成につきましては、義務教育課程修了まで、国が一律に負担すべきとの考えに変わりがありませんので、今後も一層強く訴えてまいりたいと考えております。その上で状況を見極め、持続可能な助成制度となるよう、財源確保を含め、町単独での助成制度拡充の可能性も検討してまいりたい」と述べられております。

中井町議会 2019-06-12 2019年06月12日 令和元年第2回定例会(第2日) 本文

自治体はそれを守り、支える義務があります。公共交通に関しても、利用者の声を受けとめ、改善を求めます。高齢運転者を一方的に排除するのではなく、高齢運転者が安全に運転を行うことができ、すべての人が安心に道路を利用できる車社会の構築、それと、弱者に寄り添う優しいまちづくり、こういったものを目指し、次の質問へ移りたいと思います。  2問目の、スマートフォンを利用した通報システムの導入です。

湯河原町議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年06月11日

しかしながら、小児医療費助成は、国の将来を担う子どもたちの健全育成目的とするものであり、自治体間で助成制度の充実度を競うような政策ではなく、義務教育課程終了まで、国が一律に負担すべきとの考えに変わりはありませんので、今後も一層強く訴えてまいりたいと考えております。

中井町議会 2019-06-11 2019年06月11日 令和元年第2回定例会(第1日) 本文

下水道法で、単独浄化槽と合併浄化槽の法令というのが、平成18年から施行に伴って、単独浄化槽の廃止、そして合併浄化槽への移行義務、こういったものが定められました。本町における合併浄化槽の未接続数は、平成27年の目標値260基としています。その進捗、それと単独浄化槽の残存数、どのぐらいなんでしょうか。