46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-07-02 令和 1年 第3回定例会−07月02日-07号

コーディネーターさんの企業訪問活動について、時には金融機関神奈川県の機関関東経済産業等の国の機関が加わることもありまして、訪問回数は年間で延べ500社以上にも及ぶとされておりましたが、さらに、現場主義とおせっかいと顔の見えるネットワークによる企業訪問活動を、先ほども言いましたけれども、出会いを大事にしながら充実させていただきますよう要望いたします。  続きまして、次の質問をいたします。

平塚市議会 2019-03-05 平成31年3月定例会(第5日) 本文

本市開催説明会について、周知のチラシが届けられた際、また、開催日当日に資源エネルギー庁と経済産業省関東経済産業職員が挨拶に来訪された際、いずれにおいても、説明会への本市職員の出席を求められてはおりませんし、広報紙などへの掲載の依頼もされておらず、本市に対して説明会開催に伴う積極的な協力要請はありませんでした。  

三浦市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第2号12月 5日)

先端設備等導入計画以外では、本年、株式会社西松さんの事業でございます「三崎のまぐろを活用した長期保存できる新たな天然マグロ加工品開発・販売と海外展開」が、関東経済産業から地域産業資源活用事業計画として認定をされております。計画が認定されたことによりまして、国の地域産業支援活用事業補助金活用可能になったことから、市としても支援の準備を進めているところでございます。

綾瀬市議会 2018-06-01 06月01日-01号

産業振興部長柏木正明君) 市で作成する基本計画はいつごろつくるのかという御質問でございますが、条例が制定しまして、その後経済産業との調整を図っていくわけですが、そこからですとスタートが相当遅くなります。私ども現在、経済産業のほうに私どもの案を投げて、現在、調整に入っておりまして、局の方では、正式受理後30日で同意をするというような予定でおります。

川崎市議会 2018-01-26 平成30年  1月総務委員会-01月26日-01号

その後、6月までには、実施に向けた諸課題を整理し、7月には所管官庁である関東経済産業事前協議を行った上で11月までにミッドナイト競輪実施計画書の届け出を行い、来年、平成31年2月から3月にミッドナイト競輪実施してまいりたいと存じます。  また、最後に、全国・川崎競輪場車券売上金及び入場者数の推移について参考資料として添付させていただいております。  説明は以上でございます。

綾瀬市議会 2017-03-16 03月16日-03号

そこで、私ども関東経済産業を初めとした関係機関と連携いたしまして、市内中小企業IoT活用推進とあわせて、IoT活用したベンチャー企業創業等、新たな創業についても支援してまいりたいと考えてございます。 ○議長青柳愼君) 松澤堅二議員。 ◆20番(松澤堅二君) ありがとうございました。支援の体制をとっていただくということでございます。

川崎市議会 2017-01-19 平成29年  1月総務委員会-01月19日-01号

◎小山 工業振興課長 助成金の額、件数等については、まだ私どものほうでは確認していないんですが、この間、国の制度を含めまして、関東経済産業ですとか県の産業技術センター方たち一緒に、産業振興財団キャラバン隊で各中小企業等に回っております。あと各工業団体がございますので、そういったところでこの助成金等については周知させていただいている状況であります。

厚木市議会 2016-09-05 平成28年第4回会議(第2日) 本文 2016-09-05

次に、現役時代に培った高度な知識や豊富な経験、ネットワークなどを中小企業支援活用したいという意欲にあふれる方、関東経済産業に登録している企業OBを新現役と称するそうです。地域金融機関は、中小企業者と新現役人材ビジネスマッチングに取り組んでいるということです。取り組みの特徴といたしましては、新現役企業OB方々のノウハウを活用して、経営課題の解決が期待できる。

寒川町議会 2016-09-04 平成28年第1回定例会9月会議(第4日) 本文

また、経済産業省関東経済産業中小企業基盤整備機構の方とも、企業訪問の進め方について意見交換をしておりますが、その中で一緒企業訪問に参加してみたいという声もいただいております。ですので、今後スケジュール調整をしながら経産省、それから中小企業基盤整備機構の方とも連携して実のある企業支援をしてまいりたいと思っております。

大和市議会 2016-06-20 平成28年  6月 定例会−06月20日-02号

そのような視点で、平成25年に調査された経済産業省関東経済産業が行った成長産業ポテンシャル分析結果を見ると、以下の産業群大和市での誘致産業候補として考えられます。順に挙げると、医療福祉機器制御系スマートコミュニティーメディアコンテンツ、ロボット、高度ITなどです。これらの産業群はいずれも1.5以上の生産誘発効果があり、大和市内地域産業活性化にも寄与するものと考えられます。

綾瀬市議会 2016-03-15 03月15日-03号

昨年からは関東経済産業と連携いたしまして、本市並び経済産業省関連中小企業振興策につきまして、金融機関担当者に研修いただく機会を設けまして、金融機関から市内取引先企業への周知をお願いしているところでございます。今後につきましては、工業データベースにも本市工業振興施策を掲載いたしまして、周知徹底を図ってまいりたいと考えてございます。 以上でございます。 ○議長青柳愼君) 松澤堅二議員

川崎市議会 2016-03-01 平成28年 第1回定例会−03月01日-04号

また、国や県などにおきましても、新製品開発販路開拓のための補助制度などがございますので、中小企業の自立的な取り組みに対するさまざまな支援メニュー活用を促すため、経産省関東経済産業神奈川産業技術センターなどと共同で実施している出張キャラバン隊やさまざまなコーディネート支援を通じて、制度周知から申請手続までのきめ細やかなサポートを行っているところでございまして、例えば、国の中小企業・小規模事業

川崎市議会 2015-07-06 平成27年 第3回定例会−07月06日-07号

知的財産交流におけるマッチング支援の前段として、本市では長い期間にわたって、市及び川崎産業振興財団が、関東経済産業神奈川県などさまざまなメンバーと一緒中小企業を訪問する出張キャラバン隊を展開し、新規事業に前向きに取り組もうとする中小企業との信頼関係を構築してまいりました。そうした取り組みの成果の上に立って知的財産交流事業を開始したものでございます。

茅ヶ崎市議会 2015-06-15 平成27年 6月 第2回 定例会-06月15日-03号

現在の状況といたしましては、国から本市のような重点道の駅を対象として、国土交通省関東地方整備局を初め同関東運輸局農林水産省関東農政局経済産業省関東経済産業、神奈川県等の関係者が集まり、道の駅の企画検討支援スキームに関する調整を1度にできるような場を設置し、重点的に支援をしていただけると伺っております。

藤沢市議会 2014-10-03 平成26年 9月 決算特別委員会-10月03日-12号

をされている方がいらっしゃいますので、そういった成功事例をPRしていくですとか、そういう方々にお集まりいただいて、コミュニティビジネスをさらに発展させるためにどのようなことが必要なのか、アイデア提案をいただくとか、そういう横のつながりを広げていくということも必要だと思いますが、その点についてお考えをお聞きしたいのと、もう一つ、市民活動推進センターというお話があったので、ちょっと調べたんですけれども関東経済産業