11934件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-05-24 厚木市議会 令和元年 新庁舎建設特別委員会 本文 2019-05-24 そこで議員の任期満了となる前に、これまでの調査研究内容を踏まえ報告をしたいと存じます。報告書につきましては、本特別委員協議会において、文案等の協議を進め、資料のとおりご確認いただいていることと存じます。それでは資料の報告書案について、事務局から説明させます。 もっと読む
2019-05-20 川崎市議会 令和 1年 第2回臨時会-05月20日-01号 また、産業面では、大規模な工場を中心とする工業都市から研究開発都市への転換が進むとともに、1人当たりの製造品出荷額は、昭和の時代から四十数年にわたって大都市で首位を維持するなど、新たな課題に前向きに挑戦し、成長を続けています。一方で、本市においても少子高齢化が徐々に進展しており、やがて人口減少の局面を迎えます。 もっと読む
2019-03-22 鎌倉市議会 平成31年 2月定例会−03月22日-07号 避難経路については、現在システムに載せる予定はないとのことですが、情報を一元化できるよう研究を積み重ねていただきたいと思っております。さらに、災害情報を市民との双方向により確立する仕組みも研究していただきたいと思います。   もっと読む
2019-03-20 藤沢市議会 平成31年 2月 定例会−03月20日-06号 国に教員定数の抜本的な改善を求め、本市としても行政研修、各種研究授業などの簡素化を図り、教育現場に負担を与えている教育施策については削減、見直しを行うべきです。  給付型奨学金制度については、新たに医学部、歯学部への進学者に対する募集枠が設けられたものの、本体部分は3名程度ということで、経済的困難を抱える子どもにとって依然狭き門になっております。本制度の抜本的な拡充を求めます。   もっと読む
2019-03-18 藤沢市議会 平成31年 2月 予算等特別委員会−03月18日-10号 国立がん研究センターでは都立中央図書館でワークショップを開催するなど、情報提供と支援の充実のために地域と連携するという取り組みも始まっているそうなんですね。市民病院ではこういうふうな取り組みをされているのか、また、されていったらどうなのかということで、ちょっとお聞きしたいんですが。 もっと読む
2019-03-15 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号 新年度予算で研究促進事業費として1億円の予算が計上されました。研究促進事業費は川崎市産業振興財団と川崎市が共同・連携により取り組むもので、財団が本事業の財源として支出する金額を上限に、川崎市がその同額を研究促進負担金として支出するというものです。さらに、継続的に研究支援に取り組んでいくことが大切であるとしました。 もっと読む
2019-03-15 藤沢市議会 平成31年 2月 予算等特別委員会−03月15日-09号 広報課長 現状は、ホームページ、それから広報紙、それぞれの要領、要綱によって広告料を集めてございますけれども、先ほど申し上げましたとおり、若干そういう傾向が出てきておりますので、私どもとしても、紙の広告を出していただいているクライアントの方にホームページの広告もいかがですかというような声かけをしてきてはおりますけれども、やはり自主財源の確保という観点から、今御指摘いただいたような点も踏まえて、今後研究 もっと読む
2019-03-14 藤沢市議会 平成31年 2月 予算等特別委員会-03月14日-08号 135ページに移りまして、細目01説明01教育研究研修事業費は、教育文化センターにおいて、教職員人材育成基本方針に基づき、教職員の資質向上のための研究、研修等を行う経費でございます。  2項小学校費は17億1,350万7,000円で、前年度と比較しまして635万5,000円の増となっております。増額の主な理由は学校管理費の増によるものでございます。   もっと読む
2019-03-14 川崎市議会 平成31年  3月議会運営委員会-03月14日-01号 次に、議事要領の11、日程第15の大都市税財政制度調査特別委員会の調査研究についてでございますが、本件は平成29年3月に設置された同特別委員会の調査研究の終了に当たり委員長報告を行うものでございます。本会議では特別委員会の報告書を議席に配付の上、委員会における調査の経過及び結果について、委員長から報告がございます。所要時間は約4分ということでございます。 もっと読む
2019-03-13 藤沢市議会 平成31年 2月 予算等特別委員会-03月13日-07号 この要望を受け、本市では特に狭い道路で行っております先進都市の地中化の事例を中心に調査研究を行ってまいりました。また、台帳等をもとにしまして、地下埋設物の調査や新たな無電柱化の手法等の検証を行いながら、無電柱化に向けた課題の整理を行ってきたところでございます。   もっと読む
2019-03-13 大和市議会 平成31年  3月 定例会−03月13日-05号 測定できる機器を購入できないのかとの質疑に対して、低周波騒音の影響という面で、明確なデータや状況をつかんだ上で測定を検討することになるので、現時点ではそうした調査研究をしているとの答弁でした。   もっと読む
2019-03-12 藤沢市議会 平成31年 2月 予算等特別委員会−03月12日-06号 例えば、以前御提案いただいたようなリースということも考えられると思うんですけれども、このことに関しましても、商店会連合会にも情報共有をさせていただいておりまして、今研究しているところでございますので、今後とも研究を続けてまいりたいと思います。 もっと読む
2019-03-11 川崎市議会 平成31年  3月総務委員会−03月11日-01号 なお、本陳情の内容につきましては、既に各会派において事前に調査研究され、陳情に対する考えをまとめられておりますので、審査に当たりましては意見・要望のほか取り扱いも含めて御発言をお願いしたいと存じます。 もっと読む
2019-03-11 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会-03月11日-01号 今後につきましても、アウトリーチサービスですとか、図書館に来館しないでも受けられるサービスを含めて研究してまいりたいと考えております。 ◆石田和子 委員 それだけでは不十分かなというふうに思うんです。やっぱり図書館はレファレンスの機能があっていろんな調査活動ができますし、書架があって区民の興味がより広がり、学習機能の充実というのができると思うんです。 もっと読む
2019-03-11 川崎市議会 平成31年  3月大都市税財政制度調査特別委員会−03月11日-01号 最後に、16ページの4に調査研究の総括としての「まとめ」を記載してございます。  「平成30年度大都市税財政制度調査特別委員会報告書(案)」の説明につきましては以上でございます。 ○橋本勝 委員長 ありがとうございました。「平成30年度 大都市税財政制度調査特別委員会報告書(案)」案につきましては、ただいまの説明のとおりです。   もっと読む
2019-03-11 藤沢市議会 平成31年 2月 予算等特別委員会-03月11日-05号 例えば藤沢市でも児相を設置することになった場合に、課題なりを研究されているかどうか。内容について考えていらっしゃることがあればお聞かせください。 ◎大庭 子ども家庭課課長補佐 中核市の児童相談所設置については、2月末から最近にかけて全国の市町村に対して政府から調査もしくは要望等、どんな状況かということでアンケートをいただいているというふうに伺っております。 もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月文教委員会−03月08日-01号 まず、資料2ですけれども、研究指定校と弾力化という説明はありました。それで、ウの中学校学年別内訳の中学1年生のところが、研究指定が4で、弾力化が1ということで、合計すると研究指定9、弾力化2ということで、上のアの表と一致しているというのはわかるんですけれども、真ん中のイ、小学校学年別内訳のところを見ますと、一番右の合計が、研究指定92、弾力化3となっているんです。 もっと読む
2019-03-08 大和市議会 平成31年  3月 定例会−03月08日-04号 御提案のありました時計塔の設置や駐輪場の改善を初め、シリウスがより使いやすく便利になるよう調査研究してまいりたいと考えております。 ○議長(木村賢一君) 続いて――街づくり総務課長。                〔街づくり総務課長(財津保真君) 登壇〕 ◎街づくり総務課長(財津保真君) 5点目、コミュニティバスのルートの見直しについてお答えいたします。   もっと読む
2019-03-08 藤沢市議会 平成31年 2月 予算等特別委員会-03月08日-04号 ◎江添 福祉健康総務課主幹 平成31年度におきましては、先行事例といたしまして、条例が制定されている自治体の現状把握や有効性、効果の分析、そして、本市における、いわゆるごみ屋敷の状況と現行の対応策や庁内連携の課題などを踏まえた調査研究に取り組み、そして、庁内検討会及び推進会議の御意見を伺いながら条例化の必要性について十分な検討をしてまいりたいと考えております。 もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月総務委員会−03月08日-01号 次に、(3)川崎病の患者数等についてでございますが、特定非営利活動法人日本川崎病研究センターの公表によりますと、平成28年時点で、全国で1万5,272人の方が罹患されており、そのうち、神奈川県では1,212人となっております。なお、罹患されている方々の主な年齢等については、記載のとおりでございます。  説明は以上でございます。 ○山田益男 委員長 説明は以上のとおりです。 もっと読む