4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

愛川町議会 2020-03-24 03月24日-03号

道路橋梁一般管理費道路行政団体等負担金が前年度当初予算と比較して増額した理由について」という質疑に対しまして、「令和元年度神奈川県が実施した角田の海底谷戸沢砂防堰堤工事などに伴う神奈川治水砂防協会への事業費割会費が20万円の増額となったことや、台風などの災害において道路への倒木を速やかに撤去し、町道の安全と円滑な通行を確保するため、労働安全衛生規則に定められたチェーンソーの特別教育講習を受講

相模原市議会 2016-12-19 12月19日-05号

◆30番(小野沢耕一議員) ぜひ要望活動を強くお願いしたいと思いますが、土砂災害から市民の生命、身体と土地等の財産を守るためには、特別警戒区域から発生する急傾斜地崩壊や山が崩壊する地すべり、土石流が発生する箇所対策工事として砂防堰堤工事等の積極的な整備が最も重要であることから、ハード面対策に積極的に取り組むよう県に強く働きかけるとともに、実情をよく知っている地元行政対策工事等を直接できるよう

秦野市議会 2014-09-08 平成26年第3回定例会(第3号・一般質問) 本文 開催日: 2014-09-08

特に、急傾斜地崩壊防止工事砂防堰堤工事など平塚土木事務所が所管している事項につきましては、平塚土木事務所にも伺って、所長を初め関係部局長に直接要望を伝え、個々の要望箇所工事緊急性必要性等の詳細についても説明し、必要な予算を確保の上、速やかに工事を進めていただくよう強く要望しているところでございます。  

相模原市議会 2014-09-03 09月03日-02号

まず、土石流危険渓流安全対策につきましては、神奈川県が砂防法に基づきまして砂防指定地域として区域を指定し、工事に必要な用地を取得した後、砂防堰堤工事を実施いたしております。また、急傾斜地崩壊危険区域につきましては、本年度区域に指定されて工事が未実施となっておりました緑区根小屋地区におきまして県が崩落防止工事を実施するとともに、指定区域を拡大する手続を進めております。

  • 1