15090件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2019-10-11 令和 1年 第4回定例会−10月11日-05号

川崎市は、この事業を2020年東京オリンピックの来訪者を見込んで、開催までに間に合わせるため補正予算目的外流用まで行ってしゃにむに推進してきましたが、結局オリンピックには間に合わないことが明らかになりました。市民生活の必要性についても、この間ただしてきましたが、災害時の住民の避難路、緊急輸送路、緊急交通路、ルートの多重化等々、市の説明がころころ変わり、結局必要性については説明できなくなりました。

川崎市議会 2019-10-07 令和 1年 10月まちづくり委員会-10月07日-01号

初めに、資料左上の「1 事業の目的と概要」について御説明いたします。(1)目的につきましては、末吉橋は、国土交通省が管理する一級河川鶴見川にかかる橋梁で、川崎市側は幸区小倉5丁目、横浜市側は鶴見区上末吉5丁目に位置し、川崎市域を縦貫する尻手黒川道路横浜市域の鶴見駅や新横浜駅方面を結ぶ交通の要衝にある重要な橋梁で、横浜市が管理しております。  

茅ヶ崎市議会 2019-10-02 令和 1年 9月 第3回 定例会−10月02日-06号

実際に観光などの目的で本市にいらっしゃる方も含めまして、全ての移動に制約がある方に対しての情報発信は、議員から御提案いただきましたとおり大変重要であると認識をしております。現在ではスマートフォンのアプリを使った情報配信サービスなどもありますので、これについては国土交通省社会実験解析結果を踏まえつつ、その事業に必要な時間や費用等を考慮に入れて検討してまいります。

茅ヶ崎市議会 2019-09-30 令和 1年 9月 第3回 定例会−09月30日-05号

本市では、快適な環境づくりと美化運動の啓発を目的とした美化キャンペーンクリーン茅ヶ崎をまちぢから協議会連絡会との共催で年2回開催しております。第1回目の開催は、例年、県内各地の海岸で一斉清掃が行われるビーチクリーンアップかながわの期間中であるゴミゼロの日、5月30日の前後に開催しております。

茅ヶ崎市議会 2019-09-30 令和 元年 9月 総務常任委員会-09月30日-01号

職員課長 今回、期末手当の支給要件などを設けているが、経費抑制を目的として勤務日数や勤務時間等を引き下げた設定とすることは全く想定していない。公務運営上必要とする勤務日数、勤務時間を設定して、それに基づき期末手当等の支給要件について例年当てはめていきたいと考えている。

川崎市議会 2019-09-26 令和 1年 決算審査特別委員会(文教分科会 第2日)-09月26日-05号

◎古俣和明 教育環境整備推進室担当課長 特別教室の空調設備についての御質問でございますが、学校施設長期保全計画につきましては学校施設の老朽化対策とあわせて、教育環境の質的改善や環境対策を実施し、長寿命化と財政支出の縮減及び平準化を図ることを目的とするものでございます。特別教室の空調設備につきましても、学校施設整備全体の課題として捉え、取り組む必要があるものと考えております。以上でございます。

二宮町議会 2019-09-25 令和元年第3回(9月)定例会(第25日目) 本文

1.移動の目的については、日常生活となるが、買い物、催しへの参加などを想定   する。  2.移動困難の事由は多岐にわたるが、主として加齢や障がいによる身体的なもの   とする。  3.困難の程度については、歩行が困難なレベルから、自家用車の運転などができ   ないレベルまで幅広い。それぞれについての対策が必要となるため、研究と施策   化については、対象を整理していく。

大和市議会 2019-09-25 令和 元年  9月 定例会−09月25日-05号

この全国学力・学習状況調査目的は、学習習慣を身につけることや学習課題を抽出することであり、点数の公表で競争主義に陥る懸念があります。全国平均や県平均点との比較など、教育現場圧力をかけることを懸念します。競争ではなく、わかる喜びや楽しさを感じることができる学習支援を求めます。

三浦市議会 2019-09-25 令和元年三浦国際市民マラソン事業に関する調査特別委員会( 9月25日)

その目的、理由というのは先ほど聞いていますが、改めてこれを立ち上げた中での議論の中で、具体的な今後の見通しといいますか、再発防止の取り組みについて、何か具体的な方針が出たんでしょうか。 ○瀬戸山剛史人事課長  まだ第1回の検討会の中では、具体的なところまでは踏み込んでないところでございます。

座間市議会 2019-09-24 令和元年予算決算常任委員会( 9月24日)

次に、市マスコットキャラクター「ざまりん」PR推進事業費について、「ざまりんを通じたPR推進は、市民向けにざまりんを愛してもらうような事業だったと思うが、市外へPRをすることによってどのような効果目的を狙っているのか」との質疑に、「県外でのイベントに出演させていただき、ざまりんの認知度、ひいては座間市認知度を上げて座間市のPRにつなげております。