1424件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎市議会 2020-05-13 令和 2年 第3回臨時会-05月13日-01号

臨時会におきましては、消費を喚起、下支えするための本市独自の取組であるプレミアム付商品券「川崎じもと応援券」の発行に要する経費のほか、患者受入れを行う病床の確保や特別定額給付金の給付、市内中小企業等の資金繰り対策の支援に要する経費について、関連する歳入歳出予算の補正をお願いするものでございます。

川崎市議会 2020-04-10 令和 2年  4月健康福祉委員会-04月10日-01号

その中で、神奈川モデルを踏まえた宿泊施設病床の確保というのが明記されているんですけれども、まず、軽症者に対する宿泊施設等の確保についてはどの程度進んでいるのか伺います。 ◎川島 保健医療政策室長 宿泊施設につきましては、神奈川モデルの中で軽症者あるいは無症状者の受入先として検討されているところでございます。

川崎市議会 2020-04-09 令和 2年  4月健康福祉委員会-04月09日-01号

また、市内唯一の感染症病床を有するとともに、災害拠点病院神奈川県がん診療連携指定病院などの役割を担っております。  次に、井田病院は、南部地域の中核病院地域がん診療連携拠点病院として、増大するがん等の成人疾患医療救急災害医療、緩和ケア医療を担うほか、市内唯一の結核病床を有しております。  

秦野市議会 2020-03-26 令和2年第1回定例会(第5号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2020-03-26

国民健康保険制度は、財政運営の都道府県単位化新制度のもと、都道府県には国保運営方針の策定が義務づけられ、医療最適化計画による給付費抑制、地域医療構想による病床削減、これらの権限を全て都道府県に集中し、強行、強権的に給付削減を推進させることが狙われております。  反対理由の第1は、国民健康保険税が値上げになる予算編成になっているからです。

藤沢市議会 2020-03-24 令和 2年 2月 予算等特別委員会-03月24日-09号

◎齋藤 市民病院事務局参事 市民病院は、感染症指定病院としまして、感染症病床6床を確保し、様々な感染症に対応しております。この6床だけの対応で難しい際には、院内のほかの病床を利用して対応もしていくことを視野に入れております。ただ、いずれにせよ、感染症が拡大をした際には、1病院での対応ということではなく、県や保健所とも調整を図り、地域全体での対応を検討していく必要があるものと考えております。

川崎市議会 2020-03-13 令和 2年  3月健康福祉委員会-03月13日-01号

これを前提として、今後の医療需要の伸びに加え、現在、井田病院地域で担っているさまざまな役割や、既にがん、救急等において地域内で一定のすみ分けや連携が図られていること、さらには、これらについて地域医療構想調整会議で合意が得られたことを踏まえ、井田病院の機能ごとの病床数など質的な見直し、ダウンサイジングなど量的な見直しはともに行わない方向で、神奈川県保健医療計画推進会議等へ示してまいります。  

川崎市議会 2020-03-11 令和 2年 予算審査特別委員会-03月11日-03号

それと同様に、一部の病床、特定の地域ならばよいという発想で外国人医療ツーリズムを認めてしまうことは極めて危険だと思うわけであります。そもそも、現在の我が国の病床運営に、一部とはいえ外国人医療ツーリズムを行うほどの余裕があるとは思えません。ディスプレーをお願いいたします。今さら言うまでもありませんけれども、国はずっと病床数を減らしてきているわけですよね。

藤沢市議会 2020-03-09 令和 2年 2月 定例会−03月09日-03号

市民病院には感染症病床、6つだったと思いますけれども、今回の感染症対策に際して病床数に変化はないのか、確認したいと思います。また、6床ということですので、たくさん感染症の方が出た場合、病床数を超える患者さんを収容するといったことも考えられると思うんですけれども、どのように対応していくのかといったことを伺いたいと思います。  次に、DMATです。

三浦市議会 2020-03-06 令和 2年都市厚生常任委員会( 3月 6日)

市内には入院ができる一般病床は、ほかにはありません。まさに三浦市民の命綱と言える病院です。  私たちは、この陳情書と同時に三浦市長宛ての署名を集め始めました。今日まで4,621筆の署名を提出しました。この署名は1カ月という短期間に集めたものです。様々な市民の方が動いていただき、「私のところにも署名を取りに来てほしい」というたくさんの電話がかかってきました。

三浦市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第4号 3月 4日)

5項目について出されているんですが、その3項目めに「今回の取り組みは一定の条件を設定して、急性期機能等に関する医療機能について分析し、各医療機関が担う急性期機能やそのために必要な病床数等について再検証をお願いするものです。したがって、必ずしも医療機関そのものの統廃合を決めるものではありません。

川崎市議会 2020-03-03 令和 2年 第1回定例会-03月03日-03号

次に、川崎感染症対策議会において、入院病床の確保について議論されていると仄聞します。現状では何名程度の受入れが可能なのか伺います。また、さらなる病床数の確保も必要と考えますが、対応について伺います。次に、今後、市中感染が拡大した場合には、健康安全研究所で行われている検査体制の拡充など考慮すべきと考えますが、予算措置を含め見解を伺います。  

川崎市議会 2020-03-02 令和 2年 第1回定例会-03月02日-02号

現在、市立川崎病院患者を受け入れていますが、指定感染症対象病床は本市においては12床とのことであります。危機管理の観点から十分と考えているのか伺います。他の市内医療機関においても受入れ協力を行っているようですが、状況を伺います。  関連して川崎災害保健医療福祉活動訓練について伺います。本訓練は2月2日に川崎役所において大規模地震発生を想定し実施されました。

秦野市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(第2号・代表質問) 本文 開催日: 2020-03-02

次に、昨年9月に厚生労働省は、全国424カ所の公立・公的病院について、病床機能等の再検証を要請するとして、その病院名を公表しました。県内では10カ所の病院が挙げられ、本市においては、地域の拠点である国立病院機構神奈川病院と秦野赤十字病院が含まれておりました。市民の中には、両病院が再編・統合されてしまうかのように感じている方もおられ、また、病院診療に影響するような風評被害もあると聞いております。  

三浦市議会 2020-02-28 令和 2年第1回定例会(第1号 2月28日)

「三浦ならでは」の地域医療の確立を図るため、市内の診療所及び市外の医療機関との連携を維持し、二次救急地域包括ケア病床による在宅などへの復帰支援、退院後の在宅への訪問など、三浦市立病院の特徴を生かした適切な医療の提供を行い、引き続き、地域になくてはならない病院として、スタッフ一丸となって取り組んでまいります。

大和市議会 2020-02-26 令和 2年  3月 定例会−02月26日-01号

初めに、第2条の業務の予定量でございますが、(1)病床数は403床で、(3)一日平均患者数につきましては、入院は占床率を78.0%と見込み、314人、外来は900人と見込んでおります。  (4)主な建設改良事業でございますが、医療機器等の資産購入事業として5000万円、施設整備事業としましては高圧受変電設備更新工事として1億5000万円を予定しております。  

川崎市議会 2020-02-14 令和 2年  2月健康福祉委員会-02月14日-01号

下段の本市の基本的な考え方でございますが、かわさき保健医療プランに4つの取り組みを位置づけているところでございまして、具体的には、1、病床機能の確保、2、病床機能の分化及び連携、3、地域における医療介護の連携体制の構築、4、医療機関の選択等に係る普及啓発となっております。

川崎市議会 2020-02-13 令和 2年  2月健康福祉委員会-02月13日-01号

第2条は業務の予定量で、初めに(1)の病床数及び患者数でございますが、アの病床数は3病院の合計で一般病床1,382床、精神病床38床、感染症病床12床、結核病床40床で、合計1,472床でございます。イの年間患者数は、同じく3病院の合計で入院42万4,459人、外来70万7,321人、ウの1日平均患者数は、同じく入院1,163人、外来2,822人と予定しているものでございます。  

秦野市議会 2019-12-23 令和元年第4回定例会(第6号・委員長報告・閉会) 本文 開催日: 2019-12-23

委員会としては、「陳情事項にある医師看護師などの労働時間や夜勤回数などに規制や制限を設けることは現実的ではないと考えられるが、市内の病院においては、費用削減を目的とした病床削減は行われていないとのことである。しかしながら、安全・安心の医療介護を実現する上で、医師看護師などを増員し、労働環境の改善を図ることは必要であるため、国に意見書の提出をすべきである。」