160件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中井町議会 2021-03-02 2021年03月02日 令和3年第1回定例会(第1日) 本文

さらに、「効果的・効率的な財政運営」では、令和年度策定いたしました「中井公共施設長寿命化計画」に基づき、施設機能等を良好に保ち、長期にわたり安全に利用できるよう、公共施設施設改修工事計画的に実施いたします。  以上、重点施策主要事業について申し述べました。  

二宮町議会 2020-12-09 令和2年第4回(12月)定例会(第9日目) 本文

開催場所確保として、地域老人憩いの家、児童館などの施設利用して、子ども食堂開催も想定されますが、公共施設利用については、二宮新型コロナウイルス感染症対策公共施設利用ガイドライン利用基準を設けており、調理を伴う利用については、当面、設備の利用は停止し、給湯室調理室及び備付けの食器等利用も停止しております。  

寒川町議会 2020-12-04 令和2年第1回定例会12月会議(第4日) 本文

町を取り巻く社会情勢の大きな変化、寒川公共施設等総合管理計画策定による公共施設在り方の見直し、小中学校において20年、30年、40年先も安全安心な学校給食を提供することなど、総合的な検討判断の上で決定いたしました。また、小中学校を合わせたセンター方式による学校給食は、以前からの懸案である中学校完全給食を実現するものとなります。  

真鶴町議会 2020-12-04 令和 2年第7回定例会(第2日12月 4日)

また、令和年度から開催している「学校あり方検討会」では、今後の教育在り方とともに、小・中学校の統合も含めた検討がされ、また学校施設長寿命化という観点では、令和年度から2か年にわたり実施している真鶴公共施設等マネジメント業務委託事業において、今年度末までに「公共施設ごと個別施設計画及び学校施設長寿命化計画」を取りまとめることとしており、その結果を踏まえ、継続使用に向けた長寿命化建て替え

大磯町議会 2020-10-21 令和 2年新庁舎建設等特別委員会(10月21日)

この調査の目的といたしましては、町は平成28年5月に大磯公共施設再編基本方針を、平成29年3月には大磯公共施設等総合管理計画策定し、その後、平成30年に大磯公共施設等第1期個別施設計画策定しております。  本庁舎につきましては、個別施設計画に基づき本庁舎建て替えに向けて協議を進めており、町の新庁舎建設に向けた取組状況について調査するものでございます。  

二宮町議会 2020-09-26 令和2年第3回(9月)定例会(第26日目) 本文

二宮公共施設等総合管理計画の進捗も順調に感じられず、机上の空論のように失われた1年は、非常に重い責任があると感じます。  また、急ぎたいという新庁舎整備計画にまつわる予算は、否決されたにもかかわらず、大きな変更も提示せず、災害ハザードエリア付近予定地として2度目のワークショップを進める二宮行政は、危機意識も少し薄く、議会議決を軽んじた目に余る行為と感じています。  

二宮町議会 2020-09-11 令和2年第3回(9月)定例会(第11日目) 本文

東京大学果樹園跡地については、平成29年度策定した二宮公共施設配置町有地有効活用実施計画においてシンボル事業に位置づけられ、平たんでまとまった面積を有するB、C地区は、町の魅力を発信し、定住促進につながるまちづくりを推進することが必要であるとされ、町民ワークショップを経て、「子どもと共に大人も楽しみ学べる場」をコンセプトに、多世代交流と多目的利用できる場として活用していくことを目指し、昨年度

愛川町議会 2020-09-11 09月11日-05号

年度からは公共施設総合管理計画に基づく個別施設計画、これがいよいよ本格化されるわけです。施設の大規模改修統廃合、連日の新聞にも書いてあります。小学校9校を3校にするとか、そういったことをこれから住民説明会しますよと。ほかの市では、新聞には書いてありましたけども、これから本当に大変な時代が来ると。

中井町議会 2020-09-01 2020年09月01日 令和2年第3回定例会(第1日) 本文

3点目についてですが、町の公共施設の今後のあり方についての基本方針につきましては、平成29年3月に策定しました中井公共施設等総合管理計画において全体計画を定め、さらに令和2年3月に策定しました中井公共施設長寿命化計画によって施設ごとの具体的な対応方針を定めたところであり、中村下会館につきましては建築後42年が経過しており、残存耐用年数が間近なものであることから長寿命化は行わず、令和6年に廃止・解体

中井町議会 2020-03-03 2020年03月03日 令和2年第1回定例会(第1日) 本文

2018年9月に補正予算計上され、同年11月に委託契約された中井公共施設長寿命化計画が、今年1月のパブリックコメントを経て3月に策定されます。  1、この計画策定にあたって、34の対象施設をあげ、「原則として長寿命化をはかる」としつつも「政策的な判断により長寿命化をしない」施設もあるとしています。それはどの施設で、そのような判断をされた理由はどのようなものでしょうか。  

愛川町議会 2020-03-02 03月02日-01号

目4公共施設整備基金費補正額1億円の増額は、説明欄公共施設整備基金積立金でありまして、公共施設等総合管理計画に基づく個別施設計画策定後に改修等施設整備計画どおり実施できるよう、財源確保を図るため積み立てるもので、これを加えますと令和年度末の基金残高見込額は6億2,643万4,000円となるものであります。 

二宮町議会 2020-01-01 令和2年第1回(1月)臨時会(第1日目) 本文

平成29年度に町で策定いたしました二宮公共施設配置町有地有効活用実施計画において、東京大学果樹園跡地のB・C地区、今回、事業予定としてお示しをしております小田原・厚木道路の南側の部分につきまして、本格的な活用というのは長期的なものになるだろうというふうに位置づけております。  

二宮町議会 2019-12-06 令和元年第4回(12月)定例会(第6日目) 本文

このような中、平成26年9月議会では、有料利用者が少ないまま推移しているので速やかに廃止されたいとの決算審査意見をいただいたほか、平成27年9月議会では、「公共施設に関する提言書」として、大幅な利用率の向上が図れないのであれば、廃止も含め検討することとのご意見をいただいたことを踏まえ、町として休止を決定した経緯があります。  

愛川町議会 2019-12-06 12月06日-03号

公共施設等総合管理計画公共施設等管理に関する基本的な方針の中で、高齢者福祉施設の4施設については、いずれも老朽化が進行している状況にあります。また、高齢化が進む中で利用需要は高まることが予想され、今後も設置・運営を継続する必要がありますが、更新に当たっては多機能化を図るなど、コストの削減に向けた取り組みが必要となりますと記載されています。 そこで、次の点についてお伺いをいたします。 

二宮町議会 2019-09-13 令和元年第3回(9月)定例会(第13日目) 本文

2030年の目標である2施設4校は二宮公共施設配置町有地有効活用実施計画との整合性を図り、長寿命化に向けた調査をスケジュールに加えたとのことですが、これは本当に整合がとれているのでしょうか。  2点目に、統廃合により通学経路が長くなる地域が出てくることから、通学手段検討するとなっていますが、具体的に示さなければ計画案の是非が判断できません。財政措置などを踏まえた考えを伺います。  

愛川町議会 2019-09-09 09月09日-05号

いずれにしましても、地方債の運用につきましては、今後とも世代間負担公平性を踏まえて、効果的な活用を図っていくとともに、公共施設等総合管理計画に基づきます各公共施設の大規模改修更新統廃合などの財源としての活用も視野に入れながら、健全な財政運営を維持してまいりたいと考えております。 答弁は以上です。 ○議長(小島総一郎君) 10番小林議員