79件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤沢市議会 2019-06-21 令和 元年 6月 定例会−06月21日-04号

私が生まれてからこれまでの間、御所見地区では、湘南台寒川線用田バイパス開通などの整備が進んだ一方で、循環バスの運行と廃止、湘南台直行バスヘの転換、スーパーの閉店や入れかえ、幼稚園の閉園、古里住宅老朽化など、市民生活に身近なところでさまざまな変化が生じております。5月1日現在の高齢化率市内第2位、29.14%、市内平均に比べて約5ポイント高い状況であります。

藤沢市議会 2015-02-16 平成27年 2月 定例会-02月16日-01号

地域の縁側」事業においてNPO団体などの多様な主体による地域活動住民参加が広がりを見せるとともに、さがみ縦貫道路用田バイパス開通などにより道路ネットワークが充実し、さがみロボット産業特区でも先導的かつ中心的な都市となるなど、本市は、人と町のポテンシャルが高まり湘南元気都市としてさらに大きく「躍動」する可能性を秘めております。  

海老名市議会 2014-06-10 平成26年 6月 第2回定例会−06月10日-02号

慢性的な渋滞に悩まされ続けていた県道22号横浜伊勢原も、さがみ縦貫道路開通によって改善がされたものの、今年度末開通予定用田バイパスの影響がどのような形であらわれるのか、心配をしております。都市マスタープランでは、優良な農地の保全の施策、点在する住宅地に対しての住環境整備など多くの課題が残されているとうたわれていますが、時代の流れが早い昨今、プランが追いついていないようにも感じます。  

海老名市議会 2013-09-18 平成25年 9月 第3回定例会−09月18日-03号

海老名市内を横断する県道の東側では用田バイパスとして新設の都市計画道路が、西側については国道129号との立体化事業、それ以西では既に4車線化神奈川県の事業として推進される中、戸沢橋を含めた海老名市域が取り残されているような感がございます。この県道横浜伊勢原について、現在どのような状況に置かれているのか、お伺いいたします。  続きまして、2つ目の質問に移ります。

藤沢市議会 2013-03-12 平成25年 2月 予算等特別委員会-03月12日-06号

現場は、用田バイパス家中庭交差点というところの現場で、あそこは周りの地形よりも低くなっておりまして、大雨時に水がたまって浸水被害が起きるというような状況平成16年以降たびたび起こっております。そこの断面、用田バイパスの下にボックスカルバートといいまして水路が入っておるんですけれども、そこを今年度、実は現況調査、測量をやっております。

藤沢市議会 2011-03-01 平成23年 2月 定例会−03月01日-03号

なお、藤沢厚木線に埋設されております地区に最も近い下水道の端末は、地区の南方約600メートルの下流側となる県道横浜伊勢原線用田バイパスとの交差部にございます。したがいまして、今後その600メーター区間管路整備することで地区内からの下水を処理してまいります。なお、整備時期につきましては、進出企業操業開始の時期と整合を図りつつ整備を進めてまいります。  

海老名市議会 2010-12-14 平成22年12月 第4回定例会-12月14日-03号

そういった面では、この道路をどうやって改善していくかというのは大きな課題でございますけれども、つい最近、ことしに入りまして、藤沢から来る用田バイパスこの幹線というか、工事が始まるという説明会がありました。この道路進捗状況と車の流れを見定めながら、この部分改善を図っていく必要があるだろうと思っています。  もう1本は、県道から入りますと、当然目久尻川に沿って高座清掃施設組合に搬入されます。

海老名市議会 2010-12-13 平成22年12月 第4回定例会-12月13日-02号

戸沢橋を含めた県道横浜伊勢原線については、起点側藤沢方面では、用田バイパスとして4車線化整備が進められており、ここで工事説明会も開催されると伺っております。また、終点側厚木戸田交差点から伊勢原方面では、国道246号線まで4車線化整備が完了しており、整備計画が具体化していないのが、まさに戸沢橋を含めた海老名市の区間についてであります。

藤沢市議会 2010-09-28 平成22年 9月 決算特別委員会−09月28日-04号

額賀 土木経営課課長補佐 それでは、横浜伊勢原線用田バイパス工事に向けての市の対応というところでお答えをいたします。  神奈川県では平成25年を目標用田バイパスの2期工区を今工事を開始しているところでございます。工事に当たっては、地元の水利組合、また関係機関と連携をとりながら工事の設計を進めていると聞いております。

藤沢市議会 2010-09-27 平成22年 9月 決算特別委員会−09月27日-03号

新しくできた道路については歩道がついているわけですから、安全に散歩ができるという状況なんですけれども、北部のほうは遠藤宮原線用田バイパス以外は歩道がないわけですよ。したがいまして、多くの方は安全な遊歩道散歩道を何とか確保してほしいという要求が非常に強いわけなので、であるならば、農道を整備することによって安全な散歩道を確保するというのはどうなんだろうかということを私は考えているわけです。  

藤沢市議会 2010-03-10 平成22年 2月 予算等特別委員会−03月10日-05号

横浜伊勢原線、通称用田バイパス部分ですが、2期工事がなかなか進まないというのが現状でありまして、これは県道でありますから、当然県の仕事なのでありますけれども、今申し上げたような状況からして、この横浜伊勢原線用田バイパス、目久尻川を渡って海老名分で結ぶわけですけれども、このところを一刻も早く供用開始になるように働きかけをしていただきたいと思いますが、現状、どういうふうな状況になっているのか、お教えをいただきたいというふうに

藤沢市議会 2009-06-25 平成21年 6月 行政改革等特別委員会-06月25日-01号

まず、用田バイパスの4車線化だと思いますが、2車線から4車線に変えるのがことしの21年度の工事完成するものでございます。これについては、いすゞの北門のところから厚木線、20年に開通したところまでの区間でございます。また、25年の完成といったものにつきましては、2期工区、これについては用田辻交差点の北側に新用田辻交差点がございます。

藤沢市議会 2009-03-04 平成21年 2月 定例会−03月04日-04号

また、用田バイパス終点である新用田辻交差点用田交差点間が約100メートルと至近で、かつ右左折車も多く、慢性的な渋滞が一日じゅう発生していることからも、一刻も早い新用田辻交差点以西工事着手を含め、現在供用開始部分改善をお願いいたします。  そこで質問いたします。新用田辻用田交差点間の混雑に対するこれまでの対応と、今後の解消策についてお聞きいたします。

藤沢市議会 2007-10-02 平成19年 9月 決算特別委員会-10月02日-06号

2点目は、そういう中で、御所見地区においては用田バイパスの南側、宮原にかけまして、当初新たに認可区域として取得をしていただいたのが75ヘクタールかな、8年計画で実施をするということでスタートをしていると思っているんですが、それ以降さらに認可区域を拡大したということも聞いておりますので、そういう意味では現状ではどこまで拡大がされ、その事業については何年度までかかるのかと。