61件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤沢市議会 2020-09-30 令和 2年 9月 決算特別委員会−09月30日-04号

細目04新産業創出事業は,湘南ビジネスコンテストをはじめとした「湘南産業創出コンソーシアム事業」や「起業家育成施設入居者」への支援事業に要した経費でございます。  細目05(公財湘南産業振興財団運営管理費補助金は,同財団運営管理費に対する助成に要した経費でございます。  

藤沢市議会 2019-10-08 令和 元年 9月 定例会−10月08日-09号

産業創出事業に関して、平成30年度に開設された湘南アイパーク、その取り組みの一つとして始まりました湘南会議は、未病、認知症などをテーマに、民間企業スピード感、柔軟な発想のもと、ヘルスイノベーション分野の新産業創出につながる可能性があると考えております。本市としても、引き続き連携強化を図り、本市に根づく新産業創出に向け、積極的に取り組んでいただきますよう、よろしくお願いを申し上げます。  

藤沢市議会 2019-03-12 平成31年 2月 予算等特別委員会−03月12日-06号

細目04新産業創出事業は、湘南ビジネスコンテストを初めとした湘南産業創出コンソーシアム事業起業家育成施設への入居支援に要する経費細目06企業立地等促進事業費は、企業誘致促進市内企業の再投資誘発を図るため、オフィスビル等に入居し、成長が見込まれる事業を行う企業への賃料等の一部に対する助成や、市内進出、あるいは市内投資に際し、神奈川県の企業誘致施策による融資を利用した企業に対する利子補助

藤沢市議会 2018-12-03 平成30年12月 定例会−12月03日-01号

次に、商工費、新産業創出事業について。インキュベーション施設を卒業された企業市内定着率が51.6%であるとの答弁がありました。事業が成功する、しないというのは、もちろんさまざまな要因があるため、その成否は仕方がない部分はございます。しかし、せっかく成長した事業があっても、例えば目指せ東京では、本市としては大変厳しいものがあります。

藤沢市議会 2018-03-20 平成30年 2月 定例会−03月20日-06号

産業創出事業について。地域課題地域の資源を活用して解決するコミュニティビジネスは、今後、藤沢が直面するさまざまな社会課題を乗り越えるために大変有用なものであると考えます。こうしたコミュニティビジネス経営者は、地域で活躍するNPO団体代表者を兼ねる、または緊密に連携をとっている場合も多いと聞いています。

藤沢市議会 2018-03-12 平成30年 2月 予算等特別委員会-03月12日-06号

細目04新産業創出事業は、湘南ビジネスコンテストを初めとした湘南産業創出コンソーシアム事業起業家育成施設への入居支援に要する経費細目06企業立地等促進事業費は、企業誘致促進市内企業の再投資誘発を図るため、オフィスビル等に入居し、成長が見込まれる事業を行う企業への賃料等の一部に対する助成や、市内進出、あるいは市内投資に際し、神奈川県の企業誘致施策による融資を利用した企業に対する利子補助

藤沢市議会 2017-10-06 平成29年 9月 定例会-10月06日-10号

続きまして、新産業創出事業についてでありますが、ポストインキュベーション支援事業補助金は、賃料補助だけの支援ではなく、もっと幅広い補助が必要と考えます。新たな産業市内定着を図ることは、就労の確保にもつながる取り組みですので、補助内容についての検討を要望いたします。  続きまして、市観光協会関係費についてであります。

藤沢市議会 2017-10-02 平成29年 9月 決算特別委員会-10月02日-05号

まず、主要な施策254ページの新産業創出事業についてですけれども、6番目のコミュニティビジネス支援事業補助金について、2者の事業内容はどういうものなのか説明してください。 ◎及川 産業労働課課長補佐 この2つ事業内容でございますが、この2つは、いずれも平成27年度に交付決定をしました事業で、28年度までの継続となった事業でございます。  

藤沢市議会 2017-03-13 平成29年 2月 予算等特別委員会-03月13日-06号

細目04新産業創出事業は、湘南ビジネスコンテストを初めとした湘南産業創出コンソーシアム事業起業家育成施設への入居支援に要する経費細目06企業立地等促進事業費は、企業誘致促進市内企業の再投資誘発を図るため、オフィスビルなどに入居し、成長が見込まれる事業を行う企業への賃料等の一部に対する助成や、市内進出、あるいは市内投資に際し、神奈川県の企業誘致施策による融資を利用した企業に対する利子補助

藤沢市議会 2016-06-15 平成28年 6月 補正予算常任委員会-06月15日-01号

西智 委員 次に56ページ、新産業創出事業についてお伺いいたします。ポストインキュベーション支援事業補助金、一番最後にあるんですが、こちらは補助内容対象経費の50%位内で、かつ金額の上限が75万円ということなんですが、この内容市内定着をしてくれるのか。つまり、この助成内容妥当性というか、根拠があれば教えていただけますでしょうか。

藤沢市議会 2016-06-06 平成28年 6月 定例会−06月06日-01号

款商工費は1,202万9,000円を増額するもので、1項1目商工総務費細目04新産業創出事業は、市内インキュベーション施設退去後の市内定着促進するため、退去者事業所等の開設に係る費用の一部を助成するための経費で、細目07ロボット産業推進事業費は、市内中小企業によるロボット関連技術研究開発等費用助成するとともに、少年少女ロボットセミナーin藤沢を開催するための経費でございます。

藤沢市議会 2016-03-18 平成28年 2月 予算等特別委員会-03月18日-06号

説明欄に移りまして、主な事業といたしまして、細目04新産業創出事業は、湘南ビジネスコンテストを初めとした湘南産業創出コンソーシアム事業起業家育成施設への入居支援に要する経費等細目06企業立地等促進事業費は、企業誘致促進市内企業の再投資誘発を図るため、神奈川県の企業誘致施策による融資を利用した企業に対する利子補助及びオフィスビル等に入居して成長が見込まれる事業を行う企業への賃料等の一部